Outdoor Life Designs

お金を掛けずに心地よい子育てアウトドアライフを目指して。

15歳の息子の居る父親です。なるべくお金を掛けないで心地よいアウトドアライフをめざしています。今までに気になったキャンプアイテムの紹介や、自分で行ったアイテムの改造など。たまに息子編もあり。

タグ:UNIFLAME

UNIFLAMEの火器は良いものが多いですね。

UNIFLAMEのハンディガスヒーター、ワーム2です。
肌寒くなったときに釣りやキャンプなどで足下にピンポイントで使用しています。
寒いのが嫌いな妻には喜ばれてます。
IMG_7457
IMG_7455
IMG_7460

熱量はそれほど高くありませんが、このコンパクトさとガスカートリッジによるお手軽さは本当に重宝しています。熱源を感じさせる四角い赤のキャラクターも可愛らしいです。
なにより正面のガードもしっかりしているし、正面以外の本体自体がほぼ熱くならないので、安全というメリットは子供が小さい頃にセレクトした大きな理由でした。

秋キャンプでだったり気密性次第ですが、小さめの2ルームテントのリビングなら正面の人はそれなりにあたたかくできます。

あとは自己責任ですが、うちの場合は高さのあるテーブルの下に置いて、綿のテーブルクロスをかけて、こたつ風に利用していました。これだとテント外でもあしもとが十分温かくてかなり使えました。
テーブルクロスは寸足らずな感じで下に大きく隙間をあけることと、テーブルを大きい物にしてテーブルクロスとワームとの距離を保つことが重要です。

 
IMG_7453
IMG_7456
このハンドルが特に使い勝手がいいのです。
推奨はされていないですが、使用中にハンドルを掴んで向きを変えたりすることも位置を移動することもできるのは結構な魅力ですね。
IMG_7451
購入したときには、ユニフレーム純正のケースが無かったため、口コミで調べたコールマンのフューエルキャリーケースがジャストフィットするということで購入。
純正のケースだとCB缶2個がスペアで収納できるのですが、こちらのフューエルキャリーケースの場合はワームII自体がきっちり収まるシンデレラフィット過ぎる収納なのでCB缶の収納場所がありません。ただし、ワームII本体にカセットはセットしたまま一緒に収納できますのでリスクはありますが、このままでも今まで全く問題有りませんでした。

逆に収納した全体のサイズが小さくなっているのでメリットの方が大きいかもしれませんね。お値段もお得だし、緑色のケースとワームIIのレッドカラーの組み合わせとか可愛らしいと思いませんか。

コールマン フューエルキャリーケース W250mm D 190mm H280mm 2300円程度
純正ワームケース W260mm D190mm H330mm 2900円程度
IMG_7448






Coleman(コールマン) フューエルキャリーケース 170-6460




 

追記
以前売られていた格安一酸化炭素チェッカー(警報器)の不良情報がありましたので載せておきます。
http://outdoor-design-amarone.blog.jp/archives/76629350.html 

祝!復活REVOルーム4シリーズ。


REVOルーム4プラス
が2015年9月から発売決定です。(画像はユニフレームサイトから拝借)
150713_02_00191-330x220
150713_02_0159-400x400
どなたかのブログによると昨年12月の内覧会でこの商品が紹介されていて、いつでるかいつでるかと楽しみにしておりました。しかし、そのまま今年2015年のカタログには掲載されず、既に夏も終わり近くになってしまい、プロジェクトがなくなってしまったのかと心配していました。
それが漸くこの9月に発売だそうです。
150713_02_00671-330x220
150713_02_0071-330x220

150713_02_0131-330x220
150713_02_0123-330x220
美しい三角ピラミッド型テントREVOルーム4の改良版として、前室がついて、背面にはアルミポールがついて室内の拡大も図っています。
ワンポールテントが近年流行中ですが、未だにこの形のテントはアイコニックであります。特にタープとのコンビネーションさせた姿は特徴的。

REVOルーム4のオーナーとしては、この「プラス」は色々気になっていた問題点を色々解決しているように思います。タープとの連結をしても、どうしても雨に濡れやすい入口。脱いだ靴をギリギリでしか収納できない薄い前室。三角錐形状なので、内部空間の圧迫感が若干ある。。等。
これらの問題を解決する改良がいくつもされています。
あとは、夏の使用時に風通しがあまり無いという問題があって、そこはあまり改良されていない様に見えます。ここだけ気になるところでしょうか。

それ以外の点は素晴らしい改良で、現オーナーとしてはやや悔しい思いでもあります。
(こっちの方がポールがない分設営が楽だぜ、と強がっておきます)
150713_02_0027-330x220
REVOルーム4が廃盤になってしまい、UNIFLAMEならではのマニアックテント路線が途絶えたかと思って居ましたが、廃盤から1年くらいの沈黙をもってここで新たな製品として復活してくれたことが本当に嬉しいです。なんてったって社名がUNIQUE(ユニーク)なFRAME(炎)ですから。


こんなマイナーなアイテムではありますが、是非とも沢山の人に使って貰いたいです。
なにはともあれ、まもなく実物を見られるのが楽しみです。


追伸
まだ実物見ていませんが、いよいよ実販売がはじまっていますね。
グラウンドシート、インナーシートが付いてこの価格でしたら納得なお値段かと思います。
年内はたった200セットだけの販売らしいですね。迷っている方は早めのご判断を。。





↑このページのトップヘ