Outdoor Life Designs

お金を掛けずに心地よい子育てアウトドアライフを目指して。

15歳の息子の居る父親です。なるべくお金を掛けないで心地よいアウトドアライフをめざしています。今までに気になったキャンプアイテムの紹介や、自分で行ったアイテムの改造など。たまに息子編もあり。

タグ:ALFAROMEO

中間テストも終わり、今週末はすこし外に出られそうです。

それまでの合間に車輪がある道具のメンテナンスなど諸々。。

Alfaromeoのスモールランプ交換。
IMG_0931
少しでも暗くなるとすぐに全灯させてしまうので、あまり交換の必要がなく、スモールが点かなくなってからも数ヶ月放置してました。
IMG_0933
IMG_0935
CARELLOのフタ。あけるのが大変でした。
IMG_0936
無事点灯。

今度は息子の自転車のハブシャフトを中空タイプに交換。
IMG_0937
ソリッドのボルト留めだった部分を、中空にすることで、クイックリリースに交換。
そうそう、サイクルコンピュータやグリップ、バーエンドも先週取り付けました。こちらは息子が交換。ツーリングのための最適化が進んでます。
IMG_0938
グリスを綺麗にしてあたらしいものに交換。玉押しの調整も行い、抵抗がすくなくなりました。これだけですこしだけ速くなったみたい。
IMG_0939
IMG_0940
IMG_0942
フロント、リア、共にクイックリリースになりました。
IMG_0941
これですぐにタイヤが外せるので、車内にも積みやすくなりました。息子の自転車ツーリングのサポートカーとしてもAlfaromeoが活躍できるかな。


ちなみに、上の写真のバッテリー上のラジオペンチ、自転車作業中に無くなっていることに気がつきました。よく考えたらエンジンルーム内に忘れていた。。すぐに救出。自転車を作業しててよかった。あぶないあぶない。。汗


息子の自転車、かなりお買得なアイテム達で支えられてます。笑







 

冬の外遊びの準備。。ということで、スキーキャリアのお話です。


アルファロメオを購入したときに、付属されていた純正スキーキャリア。
現在、156のキャリアは純正も社外品も絶版のために希少で、オークションなど出るとかなり高額で取引されるアイテムになっています。これが幸いな事にクルマ購入時におまけで付いていたのですが、劣化で錆びも酷くて美しくない。いつか補修しようと思って外して仕舞っていました。
冬前の暖かなタイミング。思い切って補修と再塗装を行いました。

前の状態。遠目には悪くないですが。。
IMG_5281
近寄るとこんな感じ。
IMG_7126
IMG_7130
IMG_7127
IMG_7125
酷すぎ。。クルマが錆びる原因にもなりますよこれ。
早速、ワイヤーブラシで塗装はがしと錆取りから行いました。
IMG_7134
スキーキャリア部分もアルファロメオ純正。
かなり古い感じのタイプ。あえてこのまま使用。再塗装中。
(実はアルファロメオ純正のキャリアベースのバーの断面サイズがTHULEやTERZOなどと互換性が無いので、仕方ないというのが実情。)

ヤスリ掛けしたあとは、マスキングと再塗装。
錆びてしまったネジなどのパーツは交換する為に新品を用意。
IMG_7144
IMG_7145
IMG_7146
ということで、一日がかりで真新しくなりました。
IMG_7147
ちなみに、クルマへの取付はスキーに行く直前に行います。
うちは立体駐車場なので高さ制限があり、キャンプであると便利なジェットバッグなども取付が不可なのです。キャリアもフレームだけなら高さも問題ないのですが、スキーキャリア部分の高さまで上がるとNGという、かなり残念な駐車環境。駐車場の一番上の階にすれば高さに問題が無いのですが、屋根が欲しいので仕方なくこのような状況です。
IMG_7149
IMG_7148
次は来月後半にはスタッドレスタイヤの準備かな。。
冬準備も楽しいもんですね。取り付けるのが楽しみです。


IMG_2184
昨年初夏の頃の写真が出てきたのでアップ。

我が家から1時間くらいで行ける「成田ゆめ牧場」での一泊キャンプ。
息子と二人だけでのキャンプを初めてしました。
できるだけ、息子にいろいろ手伝って貰うという主旨。

始めての成田ゆめ牧場でしたが、かなり広々としてますね。メインの場所は広すぎてポツーンすぎるのも気が引けたので、一番奥のすこし狭まった木々のあるDサイトに設置。ちょっと木があったほうが風景的に好きです。

このときがタトンカとユニフレームのコンビの初設営だったとき。それまではコールマンラウンドスクリーン2ルームでかなり設営が大変でした。我が家のキャンプはいつも一泊くらいしかできないので、軽くあるべき、すぐに設営できるべき、にキャンプの方向性を転換。
このシステムになってから2ポールだけでタープもテントも設営ができることになって、本当によかったと思っています。
IMG_2165
IMG_2162
IMG_2167

段ボール燻製も初めての試みでした。
このアマゾンの箱はこの日から1年以上ずっと使ってます。結構頑丈。
IMG_2190
IMG_2193
IMG_2194
このときは喜んでいたけど、今見ると燻製時間が足りない感じの見た目ですね。。
 
夜は息子が焼き鳥を作成。炭焼きも担当。
IMG_2173
IMG_2176
IMG_2174
そういえば、後日、上の写真が昨年のユニフレームフォトコンテストで入選。
fanツールセットを頂きました。(あんまりつかえない)
またフォトコンテストをやってくれないかしら。


キャンプは夜のゆっくりとした時間がいいですね。
息子と二人だけで過ごす夜も悪くないですね。というか、とてもイイ。
IMG_2177
翌朝は、朝からハンバーガーモーニング。これも息子謹製。
IMG_2181

IMG_2186
IMG_2187
IMG_2199
無事撤去。草が奇麗に生えた風景はいいですね。


帰りは写真が趣味の息子の要望で、成田空港の滑走路前で飛行機撮影。
かなりの近さ。
IMG_2204


↑このページのトップヘ