Outdoor Life Designs

お金を掛けずに心地よい子育てアウトドアライフを目指して。

15歳の息子の居る父親です。なるべくお金を掛けないで心地よいアウトドアライフをめざしています。今までに気になったキャンプアイテムの紹介や、自分で行ったアイテムの改造など。たまに息子編もあり。

タグ:街乗り

知人から旧いミニベロを頂きました。
9Urfi9MGTQC+pZVsnsh0HQ
うちのと同じ世代のビアンキ Lepre。というか、自分のミニベロより良いグレードのドロップハンドルタイプ。早速サドルを手持ちの茶色に変更して雰囲気良くなりました。
主に妻が使う予定で、カゴなんかも付けちゃう計画中。
g18nNrPkRdmin4xOEPTx6Q

今回の主題はミニベロではなく、妻用のヘルメットのお話。
fullsizeoutput_456f
スポーティーなタイプは違和感あるので、街乗り用のヘルメットを探してみました。
以前も自分のヘルメットを探したときの記事はこちら。
「ミニベロ街乗りヘルメット」


今回は妻用。もうすこしカジュアルなタイプを探してみまして。

カスクは可愛いけど安全面では十分ではないので却下。



カポルは可愛いけど高額。。


一番の候補はこちらでした。
ヘリンボーン柄がカワイイし値段も5000円台。普通のヘルメットの延長で考えたらこれでも良いけど、もうすこしだけカジュアルなものがないか。。




ということで、最後に見つけたのがこちら。
こちらはアサヒサイクルが一般の人もヘルメットを被ってくれるように、と開発したタイプだそうで、SG規格のタイプ。価格も7000円くらいなのでヤッカイやカポルよりお手頃価格。




ただしアサヒのお店で現物を見たくて電話するも在庫無し。
アマゾンなら最悪返品もできるので思い切って茶色のタイプを購入。
で、到着しました。
+M%fwDvPThS13d715HWT%A
質感がかなりよいです。
r+0ec4I1SxGMFbLZM4GKmg
被った写真は無いのですが、それほど頭でっかちのキノコにはなってなくて、乗馬のヘルメットのあの感じでした。
fullsizeoutput_4572
内部は白いヘルメットで原付用にあるあの感じ。そこにツイードの帽子をかぶせた状態になっています。(ベルクロで固定されている)
EypsxS2ySxGs6xh1SGJsLA
頭のフィット感も調整が簡単。
fullsizeoutput_456f
つばもそれほど長くないので、僕のヘルメットのビットバイザー程度でしょうか。
7jNvMOx5R9izXCxX1gnPSQ
「ヘルメットの着用で死亡率を1/4低下させます。」ほんとうに重要。
このヘルメット、あまりアマゾンのレビューも無く注目されて居なさそうですが、アサヒサイクルの試みも含めて良いプロダクトですね。
fullsizeoutput_4570
fullsizeoutput_4571
妻用ってことで、可愛らしいレディース向けな感じのデザインではありますが、メンズユースでもありっぽい。今度僕も使ってみようかと思います。

 

親子で自転車ツーリング準備、着々やってます。


今回は大人用サイクルヘルメット。
息子のヘルメットはつけさせていましたが、よく考えたらツーリングに同行する自分にも必要でした。ミニベロだしお気楽ツーリングなのでカスクなどカジュアルなものを当初は検討しましたが、何かあったらマズイと思って使うヘルメットなら、やっぱりちゃんとした物にしようかと再検討。カスク、可愛いですけどね。








とはいえ、あんまりばっきばきに速そうなヘルメットは抵抗があります。調べてみると、お洒落で格好いい街乗りや普段着に合いそうな物も色々。

街乗り向け、というデザインはマット系カラーと帽子のつばがポイントですね。しかし皆2万円以上と高額。街乗りモデルはなんとなくハイエンドモデル的な位置づけになってますね。

さらに色々調べていくと、OGKのKOOFUブランドから、既存のヘルメットにバイザーだけを追加するアイテム「ビットバイザー」という素晴らしい物が存在するらしい。




既存のお手頃ヘルメットにこれを組み合わせて、格安なのにセンスよいヘルメットにしてしまおうと方向性をしぼりまして。。

いきなり完成品。
IMG_9465

BELLのシケインという5000円以下で購入できる優秀なヘルメットに、1000円ちょっとのビットバイザーを取り付けてオリジナル街乗りヘルメットが完成。

BELLのシケイン、安くとも本当によくできたヘルメットです。マットブラックカラーも派手すぎずに大人っぽい丁度よい感じです。写真より実際は黒く見えます。元々はプラスティックのバイザーが付属していて、これがノーマル状態。もちろんこれでもデザインも良いですが、街乗りにはちょっとかっちりしすぎな印象ですね。
IMG_9469
IMG_9472
中もかなりしっかりしている。フリーサイズで12才の息子でもアタマの周囲が56.5センチの僕でもフィットできました。さらに大きい人でも対応できそう。そのうち息子に譲ってあげられる。
IMG_9473
IMG_9466
素のままでも格好良いのです。

さて、付属バイザーを外し、ビットバイザーを取り付けます。
IMG_9462
中央をすこしカットして、間にベルクロを貼り付けてつなげます。
IMG_9461
IMG_9460
ビットバイザーは元々OGKのプロダクトですが、他メーカーなどで内側にベルクロが無いヘルメットでも、こうしてちょっとの加工で取り付けられますね。短時間で工作は終了。完成しました。
IMG_9465
IMG_9467

なかなかいいかんじ。帽子のつばがヘルメットの樹脂素材と違って布地になっているところが普段着に近くなっていいんでしょうね。

ちょっとの工作でお手頃価格なのに良い街乗りヘルメットができあがりました。









 ビットバイザー、今回僕は黒系でまとめたのでブラックカラーにしましたが、本当はインディゴがおすすめ。異素材感が出ていて可愛らしくなると思います。

他にも色数増えてます。。




息子が被ってる写真を参考に載せときますね。

IMG_0879
IMG_0874
 

追記
ビットバイザーの新しいタイプが出たんですね。
透過性のあるタイプ。特にロードタイプだとバイザーで視野がふさがれる恐れがありますが、これなら安心ですね。雨の時もいいかも。

 

追記2
その後、妻用のもっとタウンユースによさそうなタイプを見つけました。
記事はこちら。
「ミニベロ帽子型ヘルメット」 




 

↑このページのトップヘ