Outdoor Life Designs

お金を掛けずに心地よい子育てアウトドアライフを目指して。

15歳の息子の居る父親です。なるべくお金を掛けないで心地よいアウトドアライフをめざしています。今までに気になったキャンプアイテムの紹介や、自分で行ったアイテムの改造など。たまに息子編もあり。

タグ:自転車

どうも、息子です。
学校でのストレス等がたまり(中学生もストレスたまるときがあるんですよ・・・) 
ぼくのアウトドア愛読書「野宿完全マニュアル」の言葉にあった
「野宿は最高のストレス解消法である」
それを思いだし、土日に野宿をしたくなりました。
でもせっかくなので来る夏休みにそなえ、ずっと検証したかったことをやってしまおうと思い
そのテーマは・・・
シュラフonlyで寝てみよう!!
R0037058

先日クロスバイクを持つ友人から
「夏休み子供だけで自転車にテントを積んで愛媛いかね?冒険しようぜ!!」
いやいやいやいや愛媛って四国だぞぃ!?大冒険だなぁ(゜Д゜)
で父上と相談し、まずは千葉県内でってことになり
いっつもサイドバックとかヘビー装備でのろのろとしか走ったことがないので、
バックパックだけでスゥーっとツーリングしたいなぁ。

でもテント重いなぁ、と思って父上の登山・トレイル雑誌をみたら
なんとシュラフだけで寝ている方がおるではないですか!!
これなら軽量でスゥーっと走れるぞぉ(・∀・)
でもしっかり寝られるの?大丈夫?

だったら試すしか手はないでしょう。


学校から帰って日が暮れる前に設営だぁ
バンッ
IMG_5045
結局日暮れた・・・
構造としては下にグラウンドシート、その上にマット、そしてシュラフ、頭の部分に傘を
(厳密にはシュラフではなく、さらに軽量な以前父上の記事で爆睡したシュラフカバーを使用)
傘は飛ばないようにオモリをつけて♪ ローソクに火つけて♪
R0037056
就寝♪ 意外と快適。
そして朝、寝れたには寝れましたが
ちょっと足下が夜露で濡れてて(中は濡れてませんでした)頭がぼーっとする・・・
でも頭は傘のおかげで濡れませんでした。
fullsizeoutput_34b5


ぼーっとしたのは、慣れてないからかしっかり眠れてなかったのかもしれません。
R0037064
結果。。シュラフだけで寝るテストは、
自転車ツーリングではちょっと頭がボーっとしてちょっと危険、
歩きでの旅ならまだOK?(登山はNG)。って感じでした。
結局夏のツーリングは一応テントがあったほうがいいかも・・・
fullsizeoutput_34b8



話し合いの末、友人の軽量テントを借りることに決定しました。
来たれ夏!!(台風来ないぐらいに)
来たれ灼熱の太陽!!(熱中症にならないぐらいに)
うなれ筋肉!!(筋肉痛にならないくらいに)

中間テスト明けあたりは道の駅しょうなんまで友人と夏の全装備を持って試走を予定してます。
夏のツーリングは初の二泊に挑戦しようと思っております。
有り難うございました。

IMG_5051























 

こんにちは、はじめましてamaroneの息子(13)です!
GW、自転車でゆうゆう公園に行ってきました。
僕だけ先に自転車で出発。父母はゆったりと車で来る予定です。 


朝は七時半に家を出て県道8号線を道なりに進んで、道の駅しょうなんで一休み、
このルートは以前のゆうゆう公園に行くときのルートと同じだったのでかなりスピーディーに進められました。


道の駅しょうなんは自転車乗りの間ではかなり有名な場所で朝にもかかわらず、自転車乗りや自転車チームが手賀沼を走っていました。僕も一回手賀沼を朝から回ってみたいなぁ。

R0037045


手賀沼を抜けてあとは県道を通っていけばゆうゆう公園にゴール! (^^)!


・・・あれ!?(゜_゜)


27

なんだか地図の県道と国道の合流地点が高速道路みたいになっている・・・

しまっったぁぁぁぁぁぁぁぁぁ(゜Д゜)

ルート作成の時に車ルートで地図を印刷したから自転車でいけない道ではないか!!
(行けなくは無いけど、となりを時速70キロ以上でトラックが走る環境では無事帰れる気がしない。。)

目の前に利根川があるというのに、仕方なくマップの道をずれてすすみました。
利根水郷ラインを横断して、あとは直線!!これがホントのゴールスプリント(一人)!!
ワァァァァァァァァァァァァ今度こそゴールだぁ!

IMG_4810

かなり休憩しながら進んだので今回は父母がついてから一時間後でした。
すでに父のタープとテントが設営されてました。


その後はデイキャンプをしながら、ゆうゆう公園にある自転車オフロードコースを走ったりしました。
タイヤを最近シュワルベのマラソンに換えたので、走破性がかなりアップ。


石だらけのコースを安心してハイスピードで走れるようになり周りの子供達とレースしてマウンテンバイクにも劣らない性能を発揮して改めてイイ自転車だなとおもいました。
IMG_4837

てなわけで30キロ走ったあとにオフロードを走ったりでかなり楽しかったですが、
足が・・・疲労でやばいです。

(帰りは車に自転車を載せてもらって帰りました)






 

春ツーリングに行ってきました。
久しぶりの平日休暇。息子も春休み最後の日ということで部活も休み。

今回は事前準備もルート決定も全て息子が行いました。
房総半島の金谷あたりから、房総の先端の灯台を目指すという旅。powerpointで事前に持ちものリストや、ルート設定など、旅のしおりを作成して頑張って計画を立ててくれました。旅って準備からが楽しいんだからね。

友人から自転車のキャリアを「使わないので」と貸してもらいました。TERZOのリアサイクルキャリア。SARIS。
IMG_4457
2台積みのタイプ。アルファロメオにもスムースにフィット。
IMG_4460
揺れ動かないように2台の自転車のいくつかの箇所にベルトで固定しました。あとペダルも外しました。

ということで、房総。
IMG_4567
金谷近辺に到着。フェリーは使っていませんが、久里浜までここからフェリー移動も楽しそうですね。
ここでクルマから自転車に乗り換えです。
IMG_4472
IMG_4475
海が気持ちよいけれど、風もすこしありますね。長距離自転車には地味に疲労に繋がります。
ということで、ちょいちょい休憩しながらの旅。
菜の花が綺麗。
IMG_4482
多々良北浜海岸で旅の日記を早速記述中。
ここはGWと7月8月はキャンプ場として使えるんですってね。混みそうだけど素敵なロケーション。
IMG_4509
館山を超えた頃に、夕方になってしまったので早めに野営地を探すことに。
ここまで40キロくらい。
本当は房総最南端の野島崎灯台くらいまで行きたかったのですが、朝がゆっくり目だったので到達できず。最終目的地は房総最西端にあたる洲崎灯台(すのさき灯台)に変更。
IMG_4514
灯台への到着は翌朝に変更して、すこし手前で野営することに。
漁師さんが居たので野営してよいか相談したら、心地よく承諾をいただき、小さな港のはしっこにテントを設営。
IMG_4523
IMG_4530
野営地から徒歩圏内に立ち寄りのできる温泉旅館を見つけていました。
これはかなりゆっくりできました。
IMG_4535
夜はB6君にて焼肉。夜でも暖かくて、ずっと外で過ごせますね。
IMG_4536
息子が調理。頼もしくなってきました。
IMG_4541
気持ち良い朝。ただし、前日よりも風が強い。
IMG_4546
IMG_4553
綺麗に掃除して撤収。灯台を目指します。
IMG_4558
早朝、洲崎灯台までさくっと到着。
まもなく、ここからまた40キロくらいの帰宅の途に。
IMG_4560
結構風が強かったですが、幸い追い風に近い道が多かったので助かりました。
IMG_4533
休憩しながらも、無事にクルマのあるところまで到着。
無料の足湯でくつろいでからランチをいただき、帰宅したのでした。
IMG_4569
IMG_4576
ミニベロで荷物満載でゆっくりの行程だと、一日の距離は40キロから50キロくらいが限界ですかね。
そろそろフルサイズの息子のツーリング自転車にスピードもスタミナも追いつけなくなってきそう。困ったな、置くところがもう無いけど自転車欲しいぞ。

とはいえ、今回はリアキャリアの導入で今までと全く違う場所からスタートでした。いきなり自然の多い場所からの旅はとても充実した物でした。今後の自転車旅も楽しみです。










 

今月後半からの長期海外出張準備で年始以降忙しい日々です。
こんなとき、ついつい休んだ時のツーリングやキャンプの妄想をしてしまうんですね。
そんな勢いで手に入れてしまいました。


B-6君。
IMG_3506
勢いといいつつも、昨年自転車ツーリングをしたときからずっとこの手のコンパクトな火遊び焚き火台を考えて居たんですよね。

ヘビーロストルとメッシュグリルも一緒に大人買い。
グリルプレートは外への油落ちが酷いという使用レポートを見たので、メッシュグリルだけ購入にしました。
IMG_3507
本当に小さいですね。
IMG_3508
メイドインジャパンらしい繊細さ。組み立てもやや面倒臭いが道具を弄っている感じでいいですね。

しまった。
指紋を付けると最初に焚いたときに跡が残るってレポートもあったんだ。
既にべたべたと触ってしまった。。テスト焚きの前に拭かないとです。
IMG_3509
しかし、可愛らしいです。

笑'sのサイドの切り抜きロゴはちょっと恥ずかしいですね。


1ヶ月という長期出張から帰ったら使用感をレポートの予定です。










IMG_1627
夏の親子自転車ツーリング、行ってきました。

長野県上田市から軽井沢までの一泊キャンプでした。
総距離は往復で70キロ。自転車ツーリングと考えると皆さんもっと距離を進むようですが、僕達の自転車スペックから考えると適度な距離。
行きはずうっと登り。帰りはずうっと下りの緩やかダウンヒルでした。

車に二台の自転車を無理矢理積んで長野まで。
IMG_1603
IMG_1606
妻の実家からスタート。
と思いきや、スタート前に空気圧の調整をしたところ、いきなりパンク。タイヤ交換の時に不手際があったのかもね。
IMG_1607
予想外に非常時のスキルアップもしつつ出発。
IMG_1625
昔の街並みが残る海野宿。
IMG_1627
のどかな風景を見ながら塩むすびランチ。
IMG_1628
IMG_1630
小諸駅で休憩。
IMG_1631
ずうっと登り。これはしんどかった。
さらに途中で大雨に見舞われましたが雨具を着てひたすら登る。登る。登る。
IMG_1632
長野新幹線が通る前はバス旅行の拠点だったんでしょうね。今は廃墟の軽井沢ドライブイン。
IMG_1633
漸く標高1000m。上田から500mほど登ってきました。
IMG_1690
5時間くらいかけて中軽井沢に到着。

目指す今日の宿泊地は湯川キャンプ場。星野温泉の湧き出るお水が流れる川。だから「湯川」なのか。この川の脇にある小さなキャンプ場です。
IMG_1678
IMG_1634
こぢんまりとした長閑なキャンプ場です。
IMG_1672
IMG_1669
IMG_1671
IMG_1673
テントをたてたら念願の温泉に行くからね。
IMG_1637
NatureHikeのテントは軽いし設営が何より楽。息子もこのほうが簡単でいい、と。
IMG_1639
IMG_1641
温泉は少し登ったところにある星野温泉トンボの湯に行きました。20年ぶりに行ったので高級リゾートになっていてびっくり。すっかり写真を忘れてしまった。
IMG_1651
夜食はレトルトカレーを頂きました。
IMG_1660
川のせせらぎが常に聞こえて心地いい。
IMG_1657
なかなかの涼しさ。キャンプ場のおばさまに毛布を貸して頂き、ぬくぬく過ごしました。
IMG_1664
翌朝は雨。テント内で味噌ラーメンを調理。
IMG_1666
雨は上がったけど、乾燥撤収できませんでした。
IMG_1687
帰りは二度ほどタイヤの修理。
IMG_1694
IMG_1697
IMG_1700
二回目は結構なパンクでした。
息子がやった最初の組み方が良くなかったかもしれませんね。これも経験。
チューブ交換で無事に帰宅できました。

帰りはずうっと下り。3時間くらいで気持ちよく帰ることができました。
最高時速55キロ。

親子で夏の山道を走って、温泉、自分たちでつくったごはん、テント泊。
十分すぎますね。いい夏の休暇でした。

IMG_1640



















 

↑このページのトップヘ