Outdoor Life Designs

お金を掛けずに心地よい子育てアウトドアライフを目指して。

15歳の息子の居る父親です。なるべくお金を掛けないで心地よいアウトドアライフをめざしています。今までに気になったキャンプアイテムの紹介や、自分で行ったアイテムの改造など。たまに息子編もあり。

タグ:洋幕

寒い季節の幕の方向性案
IMG_7492
こうして図面で並べていくとサイズ感がすごくわかってきますね。赤い点はストーブ。笑


仕事がいそがしいときこそ、深夜にこんなことしてます。笑
こういう悩んでいる時間が一番楽しいんですが。




・3人家族で使うけど、ちょっと余裕をみて4人用で検索。
・冬使用なので寝室とリビングのあるタイプが望ましいが。。
・簡単設営。ワンポールかトンネルタイプ。
・大きさはアルパカストーブだけであたたまるように、大きすぎないサイズ感。
・寒い時期だけなので、できれば隙間風がないようにスカート付きや床が一体型など。ストーブの換気がしやすいことも大事。
・カラーのトーンをサイト全体でできるだけ揃えたいのでベージュかブラウン系が望ましい。
・冬キャンプはリビングにこもる可能性があるので、窓があるといい。洋幕ぽい。
・トンネル型が設営が楽そう。(過去にコールマン2ルームで苦労)
・うまくいけば、我が家の屋上にも設営できるサイズなら良い。(幅3mがmax)
・お手頃価格であること。(必須)

年に数回ですから、ある程度の質が担保できれば、安いお手軽なもので十分。
あとはちょっとマイナーな路線がいいなぁ、と思ったりしています。

大きさはMSRのBoard roomとかTwinPilts,Primus Bifrost H4とかあのあたりのサイズ感がいいですかね。6人用のBifrost H6やPiru6のようなサイズだとストーブ1個では暖まらない可能性もありそう。

大きさに関しては実物がみられないので、色々な方の過去に使っている写真を参考にさせてもらったり、図面でサイズ感を比較して検討しています。

候補者たち。。

10T Weston 6  236euro (Bifrostとほぼ同じ幕。自立するところが良いが色が。。)
_SL1500_
Skandika  Gotland 4   280Euro(評価に雨漏りがするって。。ちょっと大きすぎか)
_SL1500_
UK Coleman Ridgeline 4 Plus  177Euro(可もなく不可もなく)
_SL1000_

10T Wilton 4 210Euro (窓もあってサイズも色もお気に入り)
_SL1500_
10T Salton 4 190Euro (色は単色でよいが、サイズが小さいのでWiltonの勝ち)
_SL1500_
10T Delano 4 192Euro (リビングが小さいか)
_SL1500_
10T Mojave 400  184Euro (屋上使用を考えなければ有力候補)
_SL1500_
Skandika Comanche  199Euro (窓がほしいところ)
_SL1200_
全てスペインのamazonから。みんな200euro前後(現レートで26000円程度)。なかなか個性があっていいですよねぇ。10TやSkandikaが安くて良いですね。10Tはドイツのブランドだったと思いますが、サイトも無いし投げ売りなので倒産してしまったのですかね。
あとはダークホースでQuechuaも検討していたり。。機能的には要望に合っていない点もありますし、アクセントカラーが派手すぎなのでやや気になるところですが、ベージュだしなんと14000円とは安すぎます。傾く。。
711_2
まだ悩みますね。。





 

amazonで洋幕を探すバーチャルウィンドウショッピング。
IMG_7495
真冬キャンプはしないですが、ストーブなどもそろいつつあるので、晩秋や初春でも時間ができたら外遊びができるようにリビングがそこそこスペースのあるテントを探しています。

息子も来年から中学生。どんどん大きくなって僕も息子も忙しくなって一緒に出かけられるタイミングも少なくなってしまいがち。そんな時間ができたら少しくらい寒くても出かけたい。道具がないからとそのタイミングを逃したくないです。

そんなことを考えて寒い時期のテント探しで海外のアマゾンを検索しまくっているところです。
送料の心配もありますが、それでも安い幕が多い。リスクもありますけどね。
僕の場合はたまに海外出張もあるので滞在期間中にホテルに送って貰うとか、一緒に仕事をしているパートナーのところに送って貰うということをしたらさらにコストダウンできるという皮算用中。

安くてわくわくする。
IMG_7496
欧州のアマゾンといえば、ドイツやUKがテントの数は充実していますね。メーカーが多いんだとおもいます。あとは、トンネルタイプのテントは同じような形だけどメーカー違いとかも多く、おそらく中国製で作っている所が同じなんでしょうかね。これはコストが安い理由でもあると思います。
IMG_7496
IMG_7494
英語しかわからない場合はUKになってしまいますが、ポンドが高いですよね。
できればユーロ圏のアマゾンでの購入が費用的には良いのですが、作戦としてはリスクもありますが、購入フローとしてはどこの国も同じですので、UKアマゾンのページを最終決済直前まで横に並べて進めながら見ていくと、何をしなければならないのかもわかったりします。

ちなみに、日本へ送ることができる場合は気になるのが送料ですよね。
この送料、amazonの場合は最後の購入決済をする直前まで画面を進めると知ることができます。
・住所を入力。
・カード番号を入力して進む。(ここ緊張するけど問題ありません)
・その後に最終決済があります。ここまでは購入にはならないです。
ここで送料を確認して、ここでキャンセルすれば問題ありません。
最後の画面がこんな感じです。
IMG_7493
67ポンドの幕に72ポンドの送料。汗
送料がテント代を超えているとかそんな矛盾もわかっちゃうわけですが、それでも3万円弱(カードの支払いを円にすると日本円でも表示されます)。安いですけどね。



購入しなくとも、amazonでウィンドウショッピング。楽しいですよ。
幕はもうすこし探索しております。。



↑このページのトップヘ