Outdoor Life Designs

お金を掛けずに心地よい子育てアウトドアライフを目指して。

15歳の息子の居る父親です。なるべくお金を掛けないで心地よいアウトドアライフをめざしています。今までに気になったキャンプアイテムの紹介や、自分で行ったアイテムの改造など。たまに息子編もあり。

タグ:塗装

アルパカストーブのお供に。

先日塗装したアルパカストーブ。
灯油の燃料缶もアルパカと同色に塗装しました。
IMG_7589
IMG_7587
IMG_7586
優しい色味になりました。


アルパカストーブの為に灯油を携行することが必要となりました。燃料ストックも兼ねると10Lは必要。色々調べましたが、購入したのはガソリン携行缶。こちらの、ガレージ・ゼロで販売している物が一番格安で可愛らしかったです。四角に近い所が安定性もあるし、荷物が上に物乗っかっても安定しそうな所が魅力でした。


ガレージ・ゼロ ガソリン携行缶 10L 緑 縦型 GZKK38 [UN規格・消防法適合品]/ガソリンタンク/亜鉛メッキ鋼板/携行缶10L/ガソリン缶10L
株式会社 ガレージ・ゼロ


注ぎ口が内蔵されているのでコンパクトだと思ったところも利点。レビューを見ると、注ぎ口は灯油まみれになるし、口の部分が灯油で汚れやすい短所もありますが、雑巾を使い捨てて使おうかなと思っています。

こちらが塗装前。
IMG_7564
この注ぎ口が内蔵なのです。通常灯油にヒタヒタになってるので使う時はちょっと扱いが面倒ですが、おかげでこのような付属品がコンパクトに仕舞えています。
IMG_7566
IMG_7568
こうして塗装後に写真を見ると、緑が結構強いのでやっぱり塗装して良かったです。
このままのカラーでもコールマンのテントを使っている人などにはマッチしそう。
IMG_7570
IMG_7571
ということで、2度塗りを経てベージュカラーに。
IMG_7573
IMG_7577
IMG_7576
ガソリンスタンドで給油の時はUN規格である必要があります。確認されるかもしれないので、元々付いていたUNステッカーは一応移植しておきました。
IMG_7578
これで準備が整いました。
やっと灯油を買いに行けます。
お餅を焼くぞっと。


追記
以前売られていた格安一酸化炭素チェッカー(警報器)の不良情報がありましたので載せておきます。
http://outdoor-design-amarone.blog.jp/archives/76629350.html 

先日の記事で到着したアルパカストーブ。
使う前なら簡単に塗装ができるというのでやってみました。

アイボリーからだとあまり変化がないように見えますが、モカカラーです。いわゆるベージュ。カフェオレカラーともいえるかな。ラッテマッキアートとか?
IMG_7546IMG_7540
アイボリーと比較すると若干落ち着いた印象に変わりました。


塗装前before。
IMG_7517

塗装するにあたって、写真の色を変えてシミュレーションしましたが、ダークブラウンやブラウン系はちょっと濃すぎて、この小さなストーブには似合いませんでした。ベージュカラーだと、かわいらしさと大人っぽさを共存させられるかも。。と思いベージュのスプレー塗料を購入。

分解に必要な工具はドライバー、ラチェットレンチ、ウォーターポンププライヤー。あとは塗装にマスキングテープ類。分解前に一番OFF状態にしておく事をお薦めします。あとでダイアルの軸が刺さらなくなる恐れがアリ。(その時は芯をすこし回転させると刺さります。)
IMG_7520
IMG_7521
ラッカースプレーを使用。それと塗装前の脱脂用にうすめ液。
IMG_7522
IMG_7523
底から塗り始めるも大きな色の変化がなく。笑
IMG_7524
IMG_7527
乾燥するとベージュの濃さが出てきました。
IMG_7531
ミルク色だったのにコーヒーを入れて、カフェオレになりました、という感じ。
IMG_7540

IMG_7544
絶妙な色合いがでております。
IMG_7543
IMG_7541
IMG_7539
IMG_7540
IMG_7545
ブラウン系が僕のサイトのキーカラーになっているので、我が家のサイトにぴったりになりました。


灯油携行缶がもうすぐ到着予定。
こっちも同色で塗装する計画しています。



にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ

にほんブログ村


ファミリーキャンプ ブログランキングへ







 


 追記
以前売られていた格安一酸化炭素チェッカー(警報器)の不良情報がありましたので載せておきます。
http://outdoor-design-amarone.blog.jp/archives/76629350.html 

↑このページのトップヘ