先日のデイキャンプ。
強風でタープが外れるという状況がありました。
始めての経験でした。


タープはタトンカの3TCというコットンとポリエステルの混ざった燃えにくい素材のタープを使ってます。推奨はされていませんが、下で焚き火をしても燃えにくいのです。
その名の通り焚き火を推奨しているテンマクデザインの焚き火タープも選択肢にありましたが、テンマクデザインのパイピングの赤など無しがよい、という考えと、素材感とサイズ感でこちらを選択。
表面の素材感もマットな感じで、コットンぽい感じがよいです。



(今はエバニューの扱いになってるんですかね)



このウィングタープですが、ポール同士の間隔を少しゆるめすぎたのか、強風でポール自身が中央に向かって極度に動いてしまったのか。。という感じで外れてしまいました。
ということで、対策を考えるとポールの先端にゴムの球体を取り付けてガイロープ外れを無くすという方法があるんですね。

あまり物は増やしたくないですが、いざというときに効果があるならということで、早速購入。
LOGOSとコールマンの二社からでています。
色の感じと全色が同一色ということでコールマンを選択。
小さい物なので目立つ必要があるのかもしれませんが、茶とかベージュとかナチュラルな色味はないのでしょうか。。あまり目立たせたくないですね。


IMG_5225

中央の穴を通常時に使用。
その横にある穴は貫通していません。
さらに側面にも穴があって、こちらはタープの中央を下から突き上げる場合の先端保護用に使えるとか。
伸縮ポールがあると、テンションをかけたいところに使えるんですね。これは屋上でのタープに使えるかも。


少し調べたらスーパーボールを自分で穴を開けて作るという強者もいるみたいですね。
試したかったのですが、こういう所は強度が大事かとおもって、今回は市販の物をセレクトしました。
(100均一ハンマーが壊れたことがトラウマになっている)

また強風に出会ったら使用感を書きたいと思います。