Outdoor Life Designs

お金を掛けずに心地よい子育てアウトドアライフを目指して。

15歳の息子の居る父親です。なるべくお金を掛けないで心地よいアウトドアライフをめざしています。今までに気になったキャンプアイテムの紹介や、自分で行ったアイテムの改造など。たまに息子編もあり。

タグ:ペンドルトン

届きました。PENDLETON x NIKE iD。
とっても可愛らしいです。
IMG_2781
以前の記事
PENDLETON x NIKE
を書いて少ししてから、実際にナイキストア原宿でオーダーしてきました。
IMG_2657
実際のマテリアルと対峙。なかなか可愛いです。
IMG_2658
IMG_2659
自宅でネットで見ている時と同じ画面ですが、店員さんが違いなども丁寧に説明してくれます。ブランドがしっかりしているところのアンテナショップは店員さんの対応が徹底してフレンドリーで丁寧。
IMG_2660
ベースとなる靴はNike Roche One(ローシ ワン)。ペンドルトンシリーズはPremium Pendletonと名付けられてます。実際に試着もできたので、サイズの心配もなしです。

こちらはショップでのオーダーならではの特典、靴箱をかたどったBOX。中には自身のデザインした靴の写真の入ったカードが。これをニヤニヤしながら眺めて到着を待つのです。
IMG_2769

さて、待っている間、「制作が始まりました」「発送しました」という連絡がちょいちょいメールで届きました。気持ちを盛り上げますね。
・・ということで、オーダーから2週間くらいで届きますと言われていましたが、少し早く11日間で到着。
IMG_2770
ペンドルトンの生地でできたナイキ。なかなか良いと思いませんか。スニーカーをアウトドアシューズとして使う目論見に見事にマッチした佇まい。
IMG_2774
黒いソールが効いてると思います。かかとにはブルーのペンドルトンタグ。
IMG_2776
履いてみるとこんな感じ。
IMG_2779
靴紐の根本にあったメタルのプレートはちょっと華やかすぎるので取り外しました。左before 右after。
IMG_2778
先端のグレーになったところはシリコンコーティングです。オーダー時に有無を選べます。もちろん無い方がペンドルトンの生地が活かせてデザイン的にはいいのですが、この手の生地の靴はすぐに先端から穴が開いてしまうという事がわかっていたので、コーティング有りを選択しました。
IMG_2780
IMG_2782
IMG_2781
アウトドア用でと考えていますが、とりあえずアーバンユースで楽しみます。

初めてのNIKEiD。15000円くらいでできるセミオーダー。すごく楽しめました。
これはちょっと癖になりそうです。 

※追記 後日到着した記事も書きました。


あのペンドルトンとナイキのコラボレーション。
たまにはスニーカーでもほしいな、と。さきほどナイキのサイトを探したら、 なんと本日11月3日が発売日のシューズでした。

PENDLETON x NIKE 

NIKE iDでカスタマイズが可能なので、スニーカーらしくしたり、アウトドアシューズっぽくしたりと、好みに合わせられるのです。
49




ナイキ エア ズーム ペガサス 33 プレミアム ペンドルトン iD
51
ナイキ エア ハラチ ラン プレミアム ペンドルトン iD
02
ナイキ エア プレスト MID ユーティリティ プレミアム ペンドルトン
1
ナイキ ローシ ラン プレミアム ペンドルトン iD
7

49

一番上の写真以外はナイキのサイトのお薦め案。
ここから先の数枚は僕のカスタマイズです。ソールを黒にするとアウトドアシューズっぽくなってお薦めです。幾つかシューズのタイプもあるし、サイズをちゃんと試してからのオーダーを目論んでるところです。表参道のナイキにでも行こうかしら。
46
29


43
02

41
ブルーに見えるところはちゃんとペンドルトンのタグなんですね。




※追記 後日到着した記事も書きました。
 


 

冬は検討と視察。
実家に行く途中にしまむらがあるということで、ちまたで話題になっている「しまドルトン」 とやらを見に行ってきました。といっても、そもそも本家のペンドルトン をあまりよく知らないので、A&Fのサイトでお勉強。

1909年オレゴン州ペンドルトンの町に自社紡績工場を創業し、ネイティブアメリカン向けのトレーディングブランケットの生産を開始しました。ウールブランケットやシャツに代表されるPENDLETON(ペンドルトン)ブランドはアメリカの良心と呼ばれています。” 

ネイティブアメリカン(いわゆるインディアン)の民族衣装からくる柄をつかった衣料やブランケットなんですね。自分のサイト環境を考えると、あまりオールドファッションなアイテムは興味は無いのですが、折角なので一度見に行ってみることにしました。 

行ってみるとかなりの種類が売っていました。素材はポリエステル100%。さわり心地がとても良いですが、実物はやはりチープな印象がありますね。でも2000円以下で、物によっては型落ちなのか半額のアイテムもあったりで、値段から考えると優れた商品と言えそうです。
IMG_8102
この辺がオールドスタイルのペンドルトンに近しい感じの柄ですね。写真右上のタグに注目。900円ですって。
IMG_8104
IMG_8103
少し本来のネイティブインディアン柄とは傾向が違う柄も出しているようです。
IMG_8101
IMG_8108
IMG_8114
濃い色目の方が素材の安っぽさが減るように思います。
IMG_8107
サイズも色々あります。色々需要があって増えてきたんでしょうね。
IMG_8111
IMG_8109
こたつ布団やトイレ用アイテムなども。。需要があればすぐつかむ、は「しまむら」ぽいですね。
IMG_8113

個人的な趣味もあるとは思いますが、しまドルトンの安っぽい素材感を無くしてくれる柄の傾向があるように思いました。

・濃い色味
・色数が少ない(できれば単色か同色のトーン)
・モダナイズされた柄

ということで、良い物があれば・・程度で見に来ましたが、唯一気に入った柄があったので一枚購入してみました。写真の白黒のモノトーンのタイプ。これならクラシックすぎないし、素材感も良さそうに見える柄でした。140x200cmの毛布サイズで、テントの中での敷物やコットのお供に使ってみたいと思います。
IMG_8118
IMG_8119


↑このページのトップヘ