Outdoor Life Designs

お金を掛けずに心地よい子育てアウトドアライフを目指して。

15歳の息子の居る父親です。なるべくお金を掛けないで心地よいアウトドアライフをめざしています。今までに気になったキャンプアイテムの紹介や、自分で行ったアイテムの改造など。たまに息子編もあり。

タグ:ヘッデン

ヘッドランプ、買いました。
以前アップしたボタン電池式のGENTOS超格安ヘッドランプ
このときはとりあえず家族全員分の個数が必要だったので、コスト最優先で手に入れた物でした。(当時は3個でも2000円で収まっちゃった)たまの宿泊キャンプでの使用なら非常に安くてコンパクト、明るさも十分で使いやすかったのですが、最近夜釣りなどするようになってボタン電池の消費が激しくなってきました。ボタン電池も100円ショップで買える物ですが、長期的に見たらコストアップであります。

ということで、自分の分だけですが、どこでも電池が手に入る単三電池式のコンパクトヘッドランプをモンベルで手に入れました。価格も2200円なので長い間使うならボタン電池式よりも結果的にはリーズナブルになりそうです。
IMG_4790
fullsizeoutput_345e
ダブルクリックでONになる機構や、雰囲気重視のオレンジの照明や光量重視の白照明(強と弱がある)と点滅など、色々モードを変えられます。

それに合わせてずっと気になっていたクラッシャブルランタンシェードも買っちゃいました。IMG_4791
白い巾着みたいなものですが、ヘッドランプにかぶせると反射でランタンになっちゃうという、かなりのアイデア商品。
IMG_4793
IMG_4795
テント内にぶら下げるとかなり効果を発揮できそうです。
IMG_4797
モンベルってこんなかんじの面白い商品がちょいちょいあってなんとなく気になりますね。



 






初めてヘッドランプを手に入れました。超小型のLEDタイプ。
IMG_7431
IMG_7427
GENTOSのヘッドランプ。HC-12SLです。名称は「LEDヘルプライト」をいいます。コンパクトが故に光源が強くないのであくまで「ヘルプ」レベルということなんですね。既に型落ちの機種です。
電源はボタン電池CR2016が2枚だけで16時間も持つとのこと。LEDさまさま。既に電池はスペアを大量買いしてストックしましたので心配なし。

トイレの遠いサイトなどでは手持ちでGENTOSランタンを持って歩いていました。ですのでヘッドランプは特に必要とは思って居なかったのですが、アマゾンを見ていたりすると、格安の誘惑が。汗
なによりこのアイテムの凄いところは1台がたった600円程度という価格。 家族分揃えても安い。。と考えて、息子の分と合わせてお取り寄せしてしまいました。
IMG_7428
アマゾンの評価もかなり良いことと、600円台で購入できるので勢いで試してみましたが、実際に試してみたところ、暗闇であれば十分な光量が得られました。
写真は暗闇で壁に向かってiPhoneで撮影した感じですが、結構明るいです。この丸いレンズの部分に光が集約されていますが、その周囲も若干明るくなっています。暗闇でもうすこし距離の引きがあれば目の前の周囲はある程度の光量が確保できそうです。深夜のベッドサイドの手元ランプとしてはもちろん、ちょっとトイレにと言うときも、これで十分。(テストといって楽しくて真っ暗闇の家の中を徘徊しました。笑)
IMG_7423
IMG_7424
クリップになるのも使い勝手がよさそう。
IMG_7429
ランプ根本の角度調整は樹脂でカチカチと角度調整できるタイプですが、この根本はすぐにダメになってしまいそうですね。(アマゾンの評価にもありましたが)この角度調整部分に負担が無いように、使用する際に逆さま(少し上を照射したいときは)にすると劣化が少ないとおもわれます。
ちなみに、バンド部分の内側は軽くグリップする素材になっていますので、おでこにフィットします。
バンドが細いのもコンパクトだし、おでこで主張しすぎなくて良いデスね。
IMG_7426
タトンカのハンガーロープから吊り下げての使用も使えそうですね。
これは良い買い物ができました。たった600円でこのクオリティー、本当に素晴らしいです。





ちなみにこっちは候補案だった180ルーメンの新しいタイプ。ボタン電池ではなく通常の電池式で最後まで悩みました。(値段で負けました)



 


↑このページのトップヘ