ツーリングなどのときの小さなあかり。キャンドルランタン。
IMG_0318
荷物をとにかく減らしたいのでどうしてもヘッドランプ(ヘッデン)がコンパクトさと使い勝手で選ばれますが、折角のキャンプですから、やっぱりちょっとは温かみがほしいなぁ、と思います。


ヘッドランプはGENTOSのHC-12SLを使用しています。800円程度の超リーズナブルでコンパクトなもの。最初はこれにモンベルのクラッシャブルランタンシェードを購入する予定でした。ナイロンの袋をヘッドランプにかぶせると反射で即席ランタンになっちゃうというすぐれもの。でもLEDの無機質な白い光は変わらないんですよね。


ということで、キャンドルランタンを初めて入手しました。
ハイマウント フォレストヒル キャンドルランタン。
キャンドルは100円ショップに売っていたり、IKEAで100個くらいまとめ買いできるあのタイプです。
とても小さい。光もこのキャンドルなので光量はほんとに小さく、あくまで雰囲気ものです。
でもやっぱり温かみがありますね。
IMG_0316
ペット素材のケースはパッケージとしてそのまま販売。無機質ですが緩衝材としては機能的。

写真はランタンの中にスペアのキャンドルを入れて自転車でがたごとされたためにホヤの内側にロウが付いてしまった状態です。意図せずスリガラス風に。でもこのあと少し経ったら熱で溶けてホヤは綺麗になりました。
 IMG_0310
キャンドルを3つスペアで持って行けます。
IMG_0311
IMG_0312
IMG_0314
IMG_0315
IMG_0333
普段でもテーブル上のアクセントとしていいかもしれない。ちなみに結構熱いのでご注意。
IMG_0334
IMG_0343
時間が経つと熱の当たる上部だけ金色が灼けてきますね。その方が光沢が落ちて自然な色味になる。下部も熱を加えて色を上部と合わせる人もいるらしい。今度やってみよう。
IMG_0346
夕方はやめに点灯してから寝るまでにキャンドル交換は全く不要でした。
写真のテント前室にあるあかりがキャンドルランタン。本当に微々たる光だけど、キャンプはこれでいいんですよね。

と、いいつつテントの中は安全上結局LEDヘッドランプに頼るしかなく、モンベルのクラッシャブルランタンシェードがあってもよかったかなぁ。。とも思ったりして。。