Outdoor Life Designs

お金を掛けずに心地よい子育てアウトドアライフを目指して。

15歳の息子の居る父親です。なるべくお金を掛けないで心地よいアウトドアライフをめざしています。今までに気になったキャンプアイテムの紹介や、自分で行ったアイテムの改造など。たまに息子編もあり。

タグ:ファミリー


Tranquility6_5

自立式大型テント考。

冬も使えそうなテントをずーっと探していますが、探す度にこちらの考える条件も色々変わったりで、なかなか手を出せずでした。なんだかいつもテントを探してる。ほしいほしい詐欺。
トンネルテントやワンポールテントが近年かなり流行していますが、僕は自立できる大きめのテントが欲しいなと考えています。

・自立テント(どこでも設営可能。非常時も使える。屋上で使いたい。)
・設営簡単
・5〜6名用で実質3人くらいでリビング兼寝室としてゆったり使える。
・ストーブもつかえそうなサイズ感。(天井高が欲しい)
・シェルターとして使えるとなお可。
・2ルームでなくても可。(2ルームだと結局どこかは自立しないものが多い)
・洒落たデザイン
・人と被らないブランド
・お安いお値段 
・重さは10kg以下。できれば極力軽く。
・収納サイズもある程度コンパクト。


こういう条件のテントって、意外と種類が少ないんですね。そもそも大きめの自立テントが少ない。

色々調べると使いやすさやコストを考えるとモンベルのムーンライトテント7が一番良さそうなのですが、細かく色々揃えると高額になってしまったり・・

c_1122289_iv

ブランドが消滅してしまったTICLAのテントも可愛い。ちょっと低いかな。

_SL1500_


NEMOのWAGONTOP6っていう手も。構造が面白くて天井高や窓があるのがいいです。ちょっと蛍光色が強すぎます。昔はベージュ系の綺麗な色もありましたのに。
2426_1


MSRのバックカントリーバーンなんて素敵だけどお高すぎますし。

41Kwk+2gRrL

この後継にあたるH.U.Bなんて構造的には自立性も高いのですが、5000ドルという価格はもはや簡易的な家を建てられそうです。
HUB_1



とおもったら、CAPTAINSTAGがEXGEARブランドで同じようなフレーム構成のテント兼シェルターを作っていたんですね。エクスギア シェルター。
バックカントリーバーンのデザインにインナーテントがついて前室もあるという、これはもうこの手のテントの最強版ではないですか。


_SL1500_


ただし、ロゴのセンスを除けば。。
折角の質の高いハイエンドプロダクトとしてエクスギアブランドの構築を考えたのでしょうけど、ロゴデザインとかWEBサイトとかを見ていると今のキャンパーの求める世界観を見逃しすぎではないかしら。。勿体ないです。ブランド構築させてくれないかな。。

しかし、物としては本当に良いテント兼シェルターだと思います。
お値段も6万円以下でお手頃(といってもそれなりですね。MSRを見ると勘違いしてくる)。
色もブラウン系でかなりいい感じです。






そしてそして、幾つかのブログで最近教えて頂いたThermarestのTranquilityが近日登場。
 
3月から日本のモチヅキが輸入するサーマレストのテント、「トランクイリティー」シリーズ、海外ではもう販売されているんですね。Tranquility=静粛?という意味にしてはちょっと可愛らしい、サーマレストがあたらしく作ったテントという事で興味津々。

Tranquility6_1

 
Tranquility6_5
Tranquility6_2
Tranquility6_4
Tranquility6_10

Tranquility6_6
Thermarest-Tranquility-6-Tent-1700061_b_6
非常にいいところをついてきたテントだと思いました。
形状は基本ドームテント状のA型フレームワークなので、MSRバックカントリーバーンやEXGEARのようなトンネル式に近いような形よりも安定、安心です。
動画サイトでも立ち上げ後に一人で持ち上げて移動させられるようなシーンがあって、かなりしっかりしているアピールがされていました。

・自立式
・6人用で3人家族でゆったり使える。
・自己責任ですが天井が高いのでストーブも入れられそう。
・天井の通気があるのも安心
・一人で設営が可能
・バッグがリュックになっていてマンション住まいには助かる。
・重量が8kg程度。 
・トンガリ屋根がちょっと変わってる
・他の人とかぶらない(いまのところ)
・シェルターとしての使用はできないのが残念。
・フットプリントを別で購入すると、フライシートと組み合わせてサンシェードとしての使用も可能。



Thermarest-Tranquility-6-Tent-1700061_b_2

一部サイトでフライシートがタープになるという情報もありましたが、誤りで、別売り3本ポール式タープがあって、このテントと併用できるという事みたいです。Tranquility 6 wingという別売りの商品。
Tranquility6_Wing_1
Tranquility6_Wing_2




ということで、このTranquility6、
出張の忙しい勢いでAmazon Franceで購入してみました。
新古品が格安だったので、つい。


実物の報告は帰国がまだ先なので遅くなります。
ただし、次の滞在地のホテルがちゃんと荷物のキープをしてくれていればですが。。





 

 







 

SOLのエスケープヴィヴィを購入。

+5℃の幸せ。

冬キャンプに全然行けてないのに気持ちと物だけ準備しているという状況です。
IMG_2714
うちは春秋用のシュラフしかないので、いつかはダウンシュラフをと思っては居ますが、なかなか家族全員分を一気に買い換えとかむつかしいですよね。

であれば、あとは重ね着するか湯たんぽ、電源サイトで対応するしかないですが、
とりあえずワンランクアップした対応をしたいなと、シュラフカバーとして目をつけていたエスケープヴィヴィを入手。

これの良いところは、冬はシュラフカバーとして+5℃の対応もできるし、夏はシュラフ無しでこれ一つでも寝袋として対応ができる。夏のトレッキングや自転車ツーリングはこれだけで使用ならかなりのダウンサイズと軽量化ができる。夏はダウンシュラフの出番は無いですし。

また、同じSOLのエマージェンシーヴィヴィはシュラフの外に使うと内側が湿気で濡れるという話を聞いていましたので、通気性のあるこちらのエスケープヴィヴィにしました。
色はオレンジとオリーブ色がありますが、うちはナチュラルカラー推しなので、オリーブのみ。この色味も購入の大きな決め手となりました。


サイズは収納時で170mmx径100mm程度とかなり小さい。
IMG_2715

IMG_2716
タイベックとアルミを重ねたような感じでしょうか。でもタイベックよりも生地っぽさが強くて、耐久性も高そうです。布っぽい表情でへんなゴワゴワ感やカサカサ音も少ないところが魅力。

とりあえずそのままで寝てみる息子。暖かいと絶賛。かなり期待できそうですね。
一応素材にアルミ蒸着がされているので、多少は蒸れがあると思います。でもその効果でかなり暖かいですね。通常のシュラフよりも暖かさを保ってくれる印象です。
IMG_2717
ホントに寝てしまうし。。
IMG_2718
ファスナーは右端にあり、写真のタグの部分まで開きます。全開になりませんが足先の暖かさはしっかり維持できそうですね。ファスナーの質も壊れにくそうなしっかりしたタイプです。
IMG_2719
IMG_2720
IMG_2721
顔の周りはしっかりと紐で縛ることができて、暖かさ維持に貢献。
IMG_2722
IMG_2723
これはかなり使えそう。お手頃価格なのに良い買い物をしたと思います。
IMG_2726
IMG_2725
その名の通り、非常用としても使えるし(妻へのプレゼン用のマジックワード)、ファミリーキャンプのお供としてもこのサイズと価格なら持っていても損はないアイテムだなぁと思いました。




連休は不安定な天気でしたね。
最終日、友人を招いての屋上ランチ。

パエリアとジャーマンポテト。
お土産にいただいたチーズやパンなどと一緒に。
パエリアパンを最近買いました。この鍋で出てくるとテンションあがります。
IMG_2214
IMG_2223
ミックスナッツを燻製に。
IMG_2215
IMG_2216
いい感じです。少し冷やして味を落ち着かせてから食べました。
この日は結局赤ワインを4本OPEN。

最近検索ワードにあがるアルパカストーブ。
過去のアルパカストーブ記事はこちら。
寒いかもと思って出していましたが、日中は使用せず。

去年の灯油が入ったままで、これってあまりよくないんですかね。
・・と思いつつも夕方に燃焼テストしてみました。
IMG_2225
全く問題無く着火。安定してます。ほんとうにこのストーブ、暖かいしかわいらしい。
この写真の後、うたたねしてしまいました。

涼しくなって、キャンプも冬支度を基本としないといけないですね。









 






以前ちらっと写真を載せたローテーブル。自作、ではなく、他作。
リサイクルショップで見つけたもので、誰かが自作したテーブルなのです。
IMG_1783
なんとワンコインで入手しました。
誰かが作った力作、うちでキャンプ用として大事に引き継がせて頂きます。

楕円状の天板に脚を付けただけのものですが、高さといいサイズといいとても可愛らしい。焚き火テーブルくらいの高さとサイズ。
製作者の信念を引き継いで、移動時に外した脚を天板に固定取り付けできるようにプチモディファイしました。
IMG_1983
100円ショップで買った手芸用のベルト。合皮なので分解してベルト部分を本革に交換。折り曲げたところは手縫い。
IMG_1984
こんな感じで縛ります。
IMG_1990
天板の裏側にビスとワッシャーでベルトを固定。
IMG_1986
こんな感じで脚を固定できるようになりました。テーブルとして使用時はこのベルト部分を利用してなにかぶら下げられるかな。天板を縦に置くと間の二本の脚が滑り落ちちゃいそうなので、裏側に滑り止めのゴムを貼る予定です。

一部分だけですが、自分でもちょっと弄ったことでさらに愛着がわいてきました。

IMG_1991
IMG_1784

 






テーブル 折りたたみテーブル
SweetPea「スイートピー」


 

リサイクルショップでふとみつけたアウトドア用ファン。

日本の夏キャンプは結構過酷ですね。
夕方前にテントを建てるなどすることで、日中の暑さがテントにこもることを防止したりできますが、夜でもテントの通気があると助かります。

以前からテントの出口の対面(反対側)にこんなものを置いたらテント内の通気に良いのではないかと思っていました。あまりに安かったので思わず試しに購入。
キャンプの荷物を減らしたいくせに、こういうものを買っているという矛盾。

LOGOSのアウトドア用ファン「どこでも扇風機」と言う名前らしい。
これは古いモデルで単一電池だけで駆動するタイプ。現在のモデルはACと電池の2電源対応なのだそう。
電源サイトを使わないのでこれで十分。
IMG_1506

IMG_1501
白くてスリム。(色塗りたい)
IMG_1500
購入時にも電池を入れて試してみましたが、送風の強さはあまり強くないです。一応弱と強の2モードの強さが選択できますが、強でもゆるい感じ。目の前にいたら涼しいけど、すこしでも離れると弱いです。それはこの手の電池式は皆同じでしょう。でもテントの通気が目的ならこれでも十分。(色塗りたい)
IMG_1503
GENTOSに使っているエネループの単一アダプターを取りだして使ってみる。
IMG_1504
IMG_1505
電池はアマゾンベーシックで購入したリチャージブル電池。一番リーズナブルでした。
本来、この扇風機は単一電池の重さでスリムでも安定する構造なんでしょうね。単三にアダプターだと荷重がちょっと少ないかと心配しましたが、それでもそれなりに安定はしてます。
IMG_1502
と、この夏は結局出番なく、部屋で自分専用ファンとして目の前に置いて過ごしたりしてました。
秋キャンプでも日中は使えそうですが、今年出番はあるでしょうか。(その前に色塗りたい)



時間ができたらはやく茶色く塗装したいです。
もしくはカッティングシートでラッピングかな。
そんなこといってるといつまで経ってもデビューが遅れそうです。汗



気に留めてなかったけど、アウトドア用扇風機、色々種類があるんですね。










 





↑このページのトップヘ