Outdoor Life Designs

お金を掛けずに心地よい子育てアウトドアライフを目指して。

15歳の息子の居る父親です。なるべくお金を掛けないで心地よいアウトドアライフをめざしています。今までに気になったキャンプアイテムの紹介や、自分で行ったアイテムの改造など。たまに息子編もあり。

タグ:ファミリー

最強のホーロー鍋を入手しました。

ファミリーキャンプが趣味のみなさんは鍋への拘りもあるかと思います。
キャンプ用ということを考えると上に炭を乗せて使えるダッヂオーブンやストウブなど使っている方も多いかと思います。とはいえ、普段家での調理の方が使う日数は多いハズ。

普段使いもキャンプでもル・クルーゼを使っていた我が家ですが、内側のホーローが削れてしまって補修ができないとのこと。そこで思い切って家庭調理鍋の最高峰の一つ、バーミキュラを導入してみました。
高価ですけど、普段あまり物欲のない妻が欲しいと言っていたので誕生日にプレゼント。

写真だと小さく見えるけど22センチのタイプ。 
IMG_E0833
特長は精度が高くてフタの勘合部が隙間無く、密閉度合いがきっちりしているので無水料理ができる。旨味が逃げないこと。メイドインジャパンだからできるクオリティなんだそう。料理は科学と友人のイタリア人シェフが言ってました。道具で味は簡単にそして劇的に代わるんですよね。 
一応直火はOKですが、フタの上に炭は置かない方がいいみたいです。 
IMG_E0834
鋳物を作った後にフタと鍋の結合部分をミクロン単位で削りだしているらしい。
レシピブックも付いてました。高価なだけあってすごいおもてなしです。
IMG_E0832
IMG_E0831
ホーローはもし削れても有償で吹き直してくれるらしい。同時に色も換えられるそうな。ほんとに一生もんです。
IMG_E0836
ということで野菜をぎっしり詰め込んで煮込み料理をやってみました。
野菜の旨味がすごい。
fullsizeoutput_40b1
最近は釣れた鯛で鯛飯もやってみました。
IMG_E0839
お米の立ち具合がすごいです。
IMG_E0847
IMG_0860
キャンプだけでなく、日々の質を上げるアイテム。大事につかっていきます。





バーミキュラ オーブンポットラウンド 22cm 無水 ホーロー鍋 専用レシピブック付 マットブラック SUMI(炭) スミ
バーミキュラ(Vermicular)




アルファロメオに冬支度。

スタッドレスに交換とあわせて、ずっと付けていなかった純正スキーキャリアを装着。
IMG_7894
 スポーツワゴンにスキーキャリアは気持ちが上がりますね!

今年は息子がスノーボードをやってみたいらしい。
スケジュール作れるかな。。そこが問題だ。汗

 

先日のPICA西湖キャンプで一番活躍したちょっと変わったアイテム。
一体なんでしょう。
この写真にあるのですが。。
IMG_6011
黄色いウォータージャグが目立ってますが。。




答えはコレ。
fullsizeoutput_365d
コテージのエントランスに装飾したイルミネーションなんです。

普段の自然を楽しみたいキャンプでは人口的な光は邪魔ですが、今回のようなファミリーキャンプならちょっとした雰囲気づくりにいいのでは?と思って以前買っていた物。
IMG_5976
細い導線にLEDがついているもので、アマゾンで1000円ちょっとで買ったもの。
僕もギラギラした光はイヤですが、暖色系の小さなLED。これだと他の人達が嫌がるほど光量は強くなくて、繊細で控えめだけどちょっとだけ他とは違う。そんな感じがよかったです。
IMG_5987
今回のPICAのコテージは同じようなサイズの建物が並んでいて、夜にお風呂やトイレなどで移動した両親や子供たちの帰宅の目印になったことが一番「使えた」理由です。母親が迷子にならずによかったと喜んでいました。
IMG_5944
施工は柱に軽く巻き付けただけ。銅線が適度にコシがあるので、丁度良く巻き付けやすかったです。
fullsizeoutput_365a
電源は単三電池3本。でもLEDだけあって2日くらいは余裕で点灯可能です。うちは日中も点灯させてました。電池ケースはパッキンがしっかりされていて、スイッチ部も含めて防水対応。屋外OKです。銅線の長さは10mと結構長いので、大きめのテントサイトでも十分かと思います。収納は細いので巻き取ればコンパクトに。
fullsizeoutput_365c
光量は一定ですが、LEDの点灯パターンが9種類くらいあります。ホタルのような繊細な強弱や、パーティーっぽい賑やかなチカチカ点滅など色々。サイトの雰囲気に合わせられるところが良いです。
他にLED色の違うバージョンも見つけましたが、ランタンなどと同じ暖色光源だけがキャンプサイトには似合うと思います。(それ以外の色は人口的すぎてキャンプに合わない)

ちなみに僕は使っていませんがリモコンもついているので、離れたところに設置した時は便利かとおもいます。あと、リモコンで12時間毎のタイマーなどもセッティングできます。(元々はクリスマスデコレーション向けでしょうね)
fullsizeoutput_3657

ということで普段自然を楽しみたい人でも、ファミリーキャンプやグループキャンプをセンス良くいい雰囲気にしてくれると思います。(しかも価格1000円ちょっとですヨ)







IMG_6015
PICA富士西湖。前回「その1」からの続き。

翌朝は霧雨。雨に濡れた緑が美しいです。
IMG_6007
IMG_6011
西湖も幻想的。
IMG_5963
IMG_5932
IMG_59372
IMG_59262
IMG_5927
今日のコーヒーは弟が持って来た変わったGrowersCupの有機コーヒー。(でもPICAのフロントにも売ってた。さすがイマドキキャンプ場。)
IMG_6026
袋にコーヒーの粉が入っていて、パックに上からお湯を注いで3分待つ。すると反対の口からコーヒーがカップに直接注げるというもの。
IMG_6028
エチオピア・ケレンブティ3とブラジル・アスカリーベの対決。
エチオピアの勝利でした。(ブルーマウンテンみたいな酸味がほんのりあって美味でした)
IMG_6029
IMG_6030
コテージ泊は素晴らしいですね。テントの雨撤収が無いというのは優雅です。
11時のチェックアウトを終えた頃に雨が上がってきたので、カヤックをする事に。
IMG_6038
精進湖の時もそうでしたけど、富士五湖でのカヤックは、見通しが良すぎてちょっとだけ飽きますね。
亀山湖のリアルジャングルクルーズに慣れすぎているのかもしれませんが。
IMG_6039
既にカヤック歴も長い息子、今回は一人で乗ってみました。眺めていたら反対の岸の西湖自由キャンプ場まで行って帰ってきました。
IMG_6042
カヤックの撤収後。
こちらも皆さんのブログから参考にさせてもらった河口湖そばのうどん店「くらよし」へ。
IMG_6050
写真は肉うどんと6時間火を入れたというお薦めミニカレー。
非常にコシのある手打ちうどんでした。太さがあるので、つゆに絡みにくい。
つゆのあるうどんよりも肉釜玉うどんにちょい醤油が個人的なお薦め。
IMG_6054
最後は河口湖を散策。
IMG_6059
キャンプに慣れない両親もいつもと違った旅行を楽しんでくれたようです。
家族キャンプにPICA西湖、非常によかったです。










IMG_5958
毎年夏は両親と弟一家との3家族で出かけるのですが、これまではホテル泊などでした。
今年は(弟もここ数年はまってる)今とても流行しているキャンプ(笑)となりました。ただし、両親はキャンプに慣れていないので、皆で高規格キャンプ場のコテージ泊です。

幸い休日を避けたタイミングに行く事ができたために、超人気キャンプ場PICA西湖が予約できました。いつもお手頃キャンプをしている我が家にとっては初の高規格キャンプ場、どうしよう緊張する。。

ということで、西湖や河口湖に行かれているキャンプ諸先輩がたのブログを参考に、最初はさくっと「お茶や肉店」に。
IMG_5905
IMG_5904
IMG_5906
先に結論を言ってしまうと、ここの馬刺し、本当に素晴らしいですね。
他のBBQ用お肉も色々購入しましたが、どれも最高でした。是非次もリピートします。

次にスーパーオギノで食材一式を購入。河口湖界隈に在住の母の知人に遭遇するという偶然も。

その後も皆様のブログを参考に、格安な薪が売っている「渡辺製材所」へ。
IMG_5909
IMG_5911
焚きつけ用の針葉樹が200円、広葉樹が300円という超低価格。
ただし、今回購入した広葉樹の薪は乾燥がそれほどされていなかったようで、全然燃えませんでした。この点は残念。(連日雨っぽい天気だったので日によって違うかもしれませんが)

14時がチェックインなので、昼食を取ってからPICA西湖に到着。
IMG_5924
あー、見たことある看板。笑

今回はコテージSとLの二つを予約。
コテージSは両親が使用。
IMG_5926
コテージLは我が家と弟家族で使用。こちらをBBQのメイン会場とします。
IMG_5975
ということで、ある程度荷物を下ろして準備したら、乾杯。
IMG_5984
息子はチェックしていたMTBコースへ。キャノンデールの本格的なMTB。2時間くらいはまってました。
IMG_5936
大人のおじさん達はニジマスの釣り堀に。1600円で一竿、4尾まで釣れます。(それ以上は1尾250円の追加料金)3人で2本竿を借りて交代でやります。
IMG_5972
IMG_5938
この釣り堀、浅い池と深い池の二つがありまして、看板に「深い方が釣りが難しい」と書いてあるために皆さん浅い方で釣りをしていますが、全然釣れていないようです。
IMG_5939
ですが、わりと早々に8尾のニジマスが釣れました。
今回僕が見つけた釣れるパターンは
・みんなが釣っていない方の深い池で釣りをする。(ウキの位置は竿を借りたまま変えてません)
・餌で貰うチーカマは針の先に小さく付ける。2〜3ミリ程度のサイズ。
・餌はマメに交換が吉。水に浸けたばかりの硬いチーカマの方が魚の食いが良い。
・新しい餌で何度かやって釣れない場所はあきらめて少し違う場所でやる。
このパターンで一人だけばしばし釣れてました。
天候や時間で色々パターンがあると思いますけど、一度試してみて欲しいです。

ということで、味噌を塗って調理。
IMG_5942
美味しく頂きました。
IMG_5965
IMG_5976
晩ご飯はオーソドックスなBBQ。
梨とルヴァンのアソートでパーティー開始です。笑
IMG_5956
「お茶や肉店」の馬刺し、本当に最高でした。
IMG_5971
弟謹製のあじなめろう。
IMG_5986
などなど。。
IMG_5982
夜も更けていきます。
IMG_6005
薪は全然燃えません。。
IMG_5989
最後のデザートはマシュマロ焼き。
IMG_5996
いとこ同士。
IMG_6006
その2へ続きます。。
「PICA富士西湖キャンプ場。その2」







 

↑このページのトップヘ