Outdoor Life Designs

お金を掛けずに心地よい子育てアウトドアライフを目指して。

15歳の息子の居る父親です。なるべくお金を掛けないで心地よいアウトドアライフをめざしています。今までに気になったキャンプアイテムの紹介や、自分で行ったアイテムの改造など。たまに息子編もあり。

タグ:テーブル

今年は息子の受験が終わったら一緒にキャンプしようという話をしてます。
今、彼は勉強頑張り中。


ということで今後のキャンプをするイメージをしていたら、
ウッドタイプのローテーブルが欲しくなってきた。

今の現役テーブル達は。。

こんなのとか、
IMG_5738
こんなのとか
IMG_8055
こんなのとか、
IMG_4852
こんなのしかなく。。
IMG_2700

コンパクト化ばかり考えていたので皆小さいタイプなのです。


ちょっと大きめ、ウッドでたためるタイプがほしい。
ということで、海外のアマゾンから輸入してみました。


ウッドロールトップテーブル Table in a Bag
IMG_E2362
ロール状の収納時写真をとりわすれました。

パーツはこのような感じ。
IMG_2361
緑色の帯の部分、伸縮性のゴムで天板の板を繋げている。これを引っ張りながら横棒と脚部をねじ込み挿すと固定できる。これで安定します。
 IMG_E2366
足の先端に保護用のゴムがありますが、接着材が効かなくなって二つ取れてました。今度二液タイプの接着材で補修か、全て取ってしまうか考えよう。
IMG_E2367
ということで、ねじ込んで完成。非常にシンプル。
IMG_E2365
高さは41cm。68.5cm x 68.5cm。
ちなみに収納時は長さ68.5cm x 直径15cm。
重さは2.7キロ(日本のサイトには4キロ程度と書かれているけど誤り)
IMG_E2364
IMG_2363
木目がなかなかよい感じ。芝のサイトに映えそうです。

本体と送料で7500円くらいでした。
日本国内だと1万円を超えてしまうので、リスクはあるけどお買得です。
クリスマス直後のオーダーでも12日で到着。

使うのはまだまだ先だけど、楽しみです。





 










 

ミニテーブル買いました。
 IMG_8055
最近釣りによく行くので、コーヒーとかカップ麺とかの湯沸かし用にミニテーブルを使っています。キャプテンスタッグのアルミロールテーブルを使って居る方も多いと思います。僕もいままでツーリングなどでも相当お世話になってきました。
IMG_0342
IMG_4549
IMG_E7878
ただし、ちょっとコンパクトさに欠けるんですよね。あとは実用的すぎてお洒落感がないというか。上の写真ではナプキンを敷いたりしてすこし雰囲気作りをしたりして。(隠してるだけともいう)

SOTOの折りたたみタイプとか、似たようなスノーピークのものもありますが、5000円以上と高価。
さすがに買い替える理由も無かったのですが、先日アマゾン探索していたら良さそうなアイテムを発見。

キャプテンスタッグよりすこし小さいけど、折りたたみだしコンパクトにたためる。自動で開くわけじゃ無いですが、組み立てもそれほど大変じゃなさそう。
そしてSOTOの半額の2000円程度。

ということで買ってみました。
比較写真達。
IMG_E8047
収納ケースもついてきます。ちょっと大げさだけど質感は良いデス。
IMG_E8057
大きさはあまり変わらないけど、厚さが薄いのがよいです。
IMG_E8049
SOTOだとA4サイズだけど、それよりも少し大きいです。キャプテンスタッグより小さいけど、コンパクトさのほうが重要かも。
IMG_E8048
元々天板は2ピースですが、裏側でテープ止めして組み立てやすいようにしました。シルバーの脚を組んで完成。
IMG_E8050
IMG_E8051
湯沸かしとコップを置くスペースがあればなんでも作れちゃう。
IMG_E8054
茶色系アイテムが多いので、このブロンズカラーはとてもいいです。
IMG_8055
無名のアイテムですが、とても気に入ってます。





以前ちらっと写真を載せたローテーブル。自作、ではなく、他作。
リサイクルショップで見つけたもので、誰かが自作したテーブルなのです。
IMG_1783
なんとワンコインで入手しました。
誰かが作った力作、うちでキャンプ用として大事に引き継がせて頂きます。

楕円状の天板に脚を付けただけのものですが、高さといいサイズといいとても可愛らしい。焚き火テーブルくらいの高さとサイズ。
製作者の信念を引き継いで、移動時に外した脚を天板に固定取り付けできるようにプチモディファイしました。
IMG_1983
100円ショップで買った手芸用のベルト。合皮なので分解してベルト部分を本革に交換。折り曲げたところは手縫い。
IMG_1984
こんな感じで縛ります。
IMG_1990
天板の裏側にビスとワッシャーでベルトを固定。
IMG_1986
こんな感じで脚を固定できるようになりました。テーブルとして使用時はこのベルト部分を利用してなにかぶら下げられるかな。天板を縦に置くと間の二本の脚が滑り落ちちゃいそうなので、裏側に滑り止めのゴムを貼る予定です。

一部分だけですが、自分でもちょっと弄ったことでさらに愛着がわいてきました。

IMG_1991
IMG_1784

 






テーブル 折りたたみテーブル
SweetPea「スイートピー」


 

もうかなり前になりますが、自作でファイアグリルの周りに設置する囲炉裏テーブルを作成しました。
当時、ネット上で調べるとニトリのキッチンラックを利用して繋げると格安で囲炉裏テーブルになるとの情報で早速作ってみました。ただ、実物そのままだとステンレスの網状でクール過ぎるものでした。そこに自分で塗装したウッドの天板を追加。大判のラワンと測ってきたサイズにホームセンターでカットしてもらいましたので、塗装後に穴開けしてボルトナット留めだけのDIYで完成。

IMG_7044
分解して束ねられるのでコンパクト収納。普段はダイソーのベルクロのベルトで縛っています。
IMG_7039

IMG_7040
IMG_7041
IMG_7042
 ステンレスなので結構重いので、キャンプに持っていくかどうかは状況次第で出動してます。
脚が外れて、天板と脚に分けてそれぞれ纏めて仕舞えるところは良いところかなと思います。
全部で5千円しないくらいで完成したでしょうか。
IMG_7064
IMG_7056
やや重いため暫く使っていなかった時期もありましたが、久しぶりに持ち出して使ってみたら、改めて囲炉裏スタイルのすばらしさを感じました。2〜3家族で大勢で食事するようなときには、皆で火を囲んで、作りながら、飲みながら、話しながら、暖まりながら・・という行為全てが同じ場所で共有できる。
これこそがファミリーキャンプの本来の姿かもしれません。凄くいいなと思いましたね。(ワインは温まっちゃうけど笑)
IMG_7081
今はニトリのキッチンラックのこのサイズが廃盤になってしまいました。
もちろん、市販の囲炉裏テーブルも改良が進んでいるのでアリでしょうけど、
炎で焦げそうなので各社メタル製なのでしょうけど、暖かみがあるウッド天板を自作っていうのは魅力的だと思います。

























今だったら、この辺のアイテムを使って造れば、すこしのコストダウンと、ウッドの暖かみが追加できそうかな。



単なるデイキャンプのお話ですが。。

最近GLAMPING(グランピング)なんて言葉が話題ですね。GLAMOROUSとCAMPINGの造語だとか。ちょっと軽い感じで違和感のある言葉ですが。。。
高級リゾートホテルの行っている手ぶらで体験できるキャンプ的なスペースや料理を楽しむ事のできるサービスですが、最近は拘ったアイテムを使った普通のキャンプも含まれるような広義な内容になってきていますね。話題になれば何でもあり的傾向が日本はすごいです。

(なつかしいホットドッグプレスが発行した)グランピングのムックも早速出ていて、読んでみたところ星野リゾートの考え方などもしっかり取材されているようですが、一方で拘ったキャンパーさんもその中にカテゴライズされています。

この週末は出かけられなかったので、家で友人を呼んで自宅デイキャンプにしました。
屋上でキャンプ道具をレイアウトした単なる自宅デイキャンプだけど「もしかしてこれもグランピング??」って多少自虐的に設営開始。言ったもんがちってことで笑ってやってください。
IMG_7056IMG_7032
IMG_7053
IMG_7052
IMG_7036
大昔に買ったQuechua。子供達の秘密基地用。
IMG_7045
この日は友人にパエリアを作って貰いました。パエリア皿持参で。
IMG_7060
秘密基地で会議中。
IMG_7061
IMG_7071
安納芋で焼き芋。水に浸した新聞紙でくるんでからアルミホイルに。
(この方法、すっごく美味しくなりますね。しらなかった。)
IMG_7073
IMG_7082
お酒はイタリアの赤の発泡ワイン、ランブルスコ。赤の発泡は知らない人は驚いてくれますね。
ランブルスコはセッコ(辛口)とドルチェ(甘口デザートワイン)の2種類があるのでご注意。
IMG_7081
IMG_7072
IMG_7062
パエリア完成。美味!
IMG_7074
サンマと焼き鳥の共演。焼き鳥は皆で串に刺して。
IMG_7084
焼き焼き担当者達。よく働いてくれます。
IMG_7091
よい焼き具合、タレ具合。
IMG_7093
IMG_7075
締めに安納芋。甘くてふっくらです。この濡らした新聞紙のやり方、失敗が少なそうですね。次回からやってみよう。
IMG_7104

ちょっと涼しい感じが気持ちいい季節ですねぇ。
もう山の夜は結構な寒さなんじゃないでしょうか。





一応。。見てみたグランピング本。
グランピングって言葉の曖昧さを余計に感じる微妙な本。。

 






↑このページのトップヘ