Outdoor Life Designs

お金を掛けずに心地よい子育てアウトドアライフを目指して。

15歳の息子の居る父親です。なるべくお金を掛けないで心地よいアウトドアライフをめざしています。今までに気になったキャンプアイテムの紹介や、自分で行ったアイテムの改造など。たまに息子編もあり。

タグ:タトンカ

現在の大きな椅子は持ち出すのがいつも大変、ヘリノックスのコンフォートチェアが欲しい。

ヘリノックスのあのコンパクトさは本当に魅力です。そのなかでも特にコンフォートチェアは座面の質感がすごく良いのです。・・とずうっと思っていたのですが、流石に1脚14900円はとても高価です。

通称パチノックスと言われる5000円程度のWhiteSeekのチェアを一時は購入を検討していましたが、座面の質感はあまりよくない雰囲気だったのでずっと傍観していました。

そこに、今年はスポーツオーソリティのオリジナルブランドであるアルパインデザインが価格もデザインも良いヘリノックス風のコンパクトチェアを発売しました。

既存の椅子がかなりやれてきていた事もあり、これにてヘリノックス欲しい問題について自己完結いたしましたのでご報告。アルパインデザイン(Alpine design)のコンパクトチェア、沢山写真を載せときます。
IMG_0429
IMG_0430
IMG_0432
IMG_0431
まんまヘリノックスです。このタイプの椅子の意匠権はどうなっているんでしょうね。コールマンまでリーフィーチェアという名称で同じタイプを出したりして、今回のアルパインデザイン製もしかり。ちょっと気になるところではあります。

しかし、消費者としてはこれで約5000円。コンフォートチェアの半額以下で無視できません。
価格の安さの秘密はフレーム部分にありました。アルミ製ではなくスチール製。そのため、重量は1kg程度のヘリノックスに比べて重く1.4kgです。コンパクトではありますが、2個だとそれなりの重さに。クルマの時にだけ使用する予定なので問題なしと判断しました。
とにかく、座面の質感がタトンカタープや塗装したコーナンラックにマッチするざっくりな素材感がとても気に入りました。
IMG_0406
IMG_0407
今回グレーを購入しましたが、もう一色はカモ柄。これもカムフラージュ柄とはいえコントラストが強すぎない良い色味でセンスを感じますね。
IMG_0408
いわゆるヘリノックスサイズ。
IMG_0410
耐荷重は80kg以下。ちなみに、椅子についているタグには耐荷重60kgと書かれた上にシールで80kgと修正されていました。テストしたら耐荷重80kgでいけそうという事なんでしょうかね。本家ヘリノックスはたしか耐荷重100kgでしたね。最低限のクオリティ保持で価格を安く、十分ではないでしょうか。
IMG_0426
ファスナーが袋の脇まで廻っていないので、仕舞うのはちょっとコツがいります。
IMG_0427
ベルクロ付き。収納時は座面で巻き付ければいいので特にいらない気もします。
IMG_0411
IMG_0413
IMG_0414
IMG_0420
色味がトーンオントーンになっている、控えめのロゴが素敵です。センスが良い。
IMG_0421
アルミ製ヘリノックスは強風に飛ばされるなんて話も聞きますから、スチールですこし安定感があるのは悪くないかもしれません。座面の縫製はかなりしっかりしています。ポールの差し込み部分は硬すぎるくらいしっかりでした。
IMG_0423
バッグは後ろについているフックでぶら下げる事が可能。ヘリノックスのようにフレームに通して下にぶら下げる事も可能です。あまり重たい物を入れると椅子から離れたときに倒れやすい、との注意書きがありました。
IMG_0433
IMG_0434
雰囲気にぴったりの良いコンパクトチェアが手に入ってご機嫌です。
ちなみに結構地面に穴ぼこぼこ開きますね。。




2019年 追記

新型モデルになってます。(ちとロゴが目立つ感じに。。)








すごい発見。タトンカのタープ、3TCをお使いの方、必見です。

・・と自分だけが感動しているパターンかもしれませんが、タトンカ3TCをお使いの方には是非マネして欲しいアイテムです。

タープ下にハンガー用のストップロープを吊り下げて、LEDランタンをはじめとして色々なアイテムを下げたいと思って居ました。デイジーチェーンとも言われますね。
物干しハンガーロープというものが100円ショップでも入手できるという話だったので、ダイソーに行って早速チェックしてみましたが、色が蛍光ピンクとか蛍光ブルーで、さすがにタトンカのナチュラルな色に合わない。

そこで、アマゾンをチェックしたところ、白のハンガーロープを発見。
5倍の価格ですがサイトの雰囲気を考えたら選択肢はこれしかあり得ません。



オーエ KHハンガーストップロープ ホワイト
 

 


 
IMG_6868
ハンガーロープの両端にはS字フックが購入時からついています。
先日のデイキャンプで早速テスト。実際は若干の生成り色で、余計にタトンカの質感に合います。
IMG_6870
IMG_6869
タトンカのタープエンドのループ部分にギリギリで引っ掛けてみると、驚くことに3TCのセンターの対角線の長さと全く同じということが判明。完璧にフィットします。
IMG_6874
調整無しでこの張り具合。物をすこし吊してみましたが、嫌なたるみではありません。
IMG_6872
IMG_6871
IMG_6893
長さの調整が必要だとてっきり思って居たので感激していますが、単にサイズぴったりでよかったというだけのお話しでございます。とはいえ、タトンカユーザーの方には是非真似して欲しいですねえ。

IMG_2184
昨年初夏の頃の写真が出てきたのでアップ。

我が家から1時間くらいで行ける「成田ゆめ牧場」での一泊キャンプ。
息子と二人だけでのキャンプを初めてしました。
できるだけ、息子にいろいろ手伝って貰うという主旨。

始めての成田ゆめ牧場でしたが、かなり広々としてますね。メインの場所は広すぎてポツーンすぎるのも気が引けたので、一番奥のすこし狭まった木々のあるDサイトに設置。ちょっと木があったほうが風景的に好きです。

このときがタトンカとユニフレームのコンビの初設営だったとき。それまではコールマンラウンドスクリーン2ルームでかなり設営が大変でした。我が家のキャンプはいつも一泊くらいしかできないので、軽くあるべき、すぐに設営できるべき、にキャンプの方向性を転換。
このシステムになってから2ポールだけでタープもテントも設営ができることになって、本当によかったと思っています。
IMG_2165
IMG_2162
IMG_2167

段ボール燻製も初めての試みでした。
このアマゾンの箱はこの日から1年以上ずっと使ってます。結構頑丈。
IMG_2190
IMG_2193
IMG_2194
このときは喜んでいたけど、今見ると燻製時間が足りない感じの見た目ですね。。
 
夜は息子が焼き鳥を作成。炭焼きも担当。
IMG_2173
IMG_2176
IMG_2174
そういえば、後日、上の写真が昨年のユニフレームフォトコンテストで入選。
fanツールセットを頂きました。(あんまりつかえない)
またフォトコンテストをやってくれないかしら。


キャンプは夜のゆっくりとした時間がいいですね。
息子と二人だけで過ごす夜も悪くないですね。というか、とてもイイ。
IMG_2177
翌朝は、朝からハンバーガーモーニング。これも息子謹製。
IMG_2181

IMG_2186
IMG_2187
IMG_2199
無事撤去。草が奇麗に生えた風景はいいですね。


帰りは写真が趣味の息子の要望で、成田空港の滑走路前で飛行機撮影。
かなりの近さ。
IMG_2204


またもデイキャンプ。

以前の訪問から気に入っている、ゆうゆう公園です。

タトンカタープを検索して下さる方が多いので、すこし写真を載せたいと思います。

僕が使っているのはウィングタープである3TC。
ウィングタープはほぼオープンなスタイルなので、折角の外を楽しむには本当によい形です。
IMG_5412
IMG_5415
IMG_5411
IMG_5418
実戦投入のGREAT TOOL ショックレスハンマー。安全で衝撃緩和の機能もよい感じです。
今回は全て息子にペグを打ってもらいました。
IMG_5414
こちらも実戦投入のポールエンドストッパー。思ったより目立ちすぎずよいです。
ロープはタトンカに付属は蛍光グリーンでしたが、華奢なので変更。
ナチュラルカラーのホームセンターで購入した普通の強化ロープです。

IMG_5413
UNIFRAMEのウィンドスクリーン「REVOフラップ」 を使いたくて2.4mのポールを使用。
IMG_5416
IMG_5423
IMG_5419
IMG_5422
IMG_5421
美しい上に、短時間での設営ができるのは本当に魅力です。
ほぼ4m角のサイズは、ロースタイルでの使用なら6人くらいで快適に過ごせます。
ただし、雨はあまりしのげないと思っていたほうがよいかとおもいます。雨の時はもう少しポール高を低く設営ですね。

布はポリコットン。焚き火などに対する耐火性もありますが、布表面のマチエールも魅力があります。
ネット上でもあまり生地の表面質感がわかる写真がないので少し撮ってみました。
IMG_5463 のコピー
IMG_5461
IMG_5453
REVOフラップと比べると自然な風合いが独特です。

素材の質感は若干違いますが、
色の傾向が同じなので、REVOフラップが同じメーカーのようにマッチしてます。
IMG_5427
IMG_5429
IMG_5426
IMG_5430

REVOルーム4も持っているのですが、最近はデイキャンプばかりでなかなか使えないという状況。
本格的に熱くなる前に宿泊のキャンプがしたいところです。 




追伸
タトンカにぴったりのハンガーロープをみつけましたヨ。




 












 







先日、両親家族と一緒に親子三世代でバーベキューに行くことになり、GW中ということで、予約が要らないデイキャンプ場を探す事に。

昨年、手賀の丘公園にデイキャンプに行きました。
BBQは可能で森林も美しくてよいのですが、タープの設営などできず、ピクニック感覚になってしまうので、今回は別の場所に。

調べると、我孫子市にある施設「利根川ゆうゆう公園」を発見。
水場とトイレがあるだけで、あとは広い場所があるのみのデイキャンプ場。此処に決定。


早朝8時くらいから行きましたが、既に5,6組が来ていました。
スペースは十分すぎる為、特に混雑感はありません。混雑時でも駐車場側に近いスペースから埋まっていくので、駐車場からほんの少し離れた利根川に近い場所へ荷物を運べば、広いスペースを確保することも可能です。

地面も緑が敷き詰められていて心地よい風景になっています。
IMG_5148
大きめのタープでも余裕を持ったロープワークが可能です。
IMG_5147
IMG_5151
タープはTATONKA 3TC。
サイドスクリーンにREVOスクリーンを使用。強風でしたが、オープンタープに対してこのスクリーンの防風効果は素晴らしいです。床のブルーシートは父親がどうしても敷けと。笑
この辺が三世代ファミリーキャンプ感。

IMG_5154
IMG_5156
IMG_5150


このデイキャンプ場、連休で管理されていないのか、水場に炭が捨てられていたり、簡易式のトイレが汚いことになっていて、その点だけは残念でした。通常の時はもう少し奇麗になっているかもしれません。


ゆうゆう公園、此処は前日や当日の思いつきデイキャンプに持ってこいですね。
何も無い広々としたところが本当に気持ち良くて、今後も通いそうです。

このようなフリーなサイトが今後も維持されるように、来る人のマナーが保たれることを願って。




追記です。

ゆうゆう公園からほど近い、野田市の野田スポーツ公園(通称NSP)、こちらは宿泊もできる公園としてとても人気がありましたが、2016年9月施行を目標に火気の使用を禁じる条例が作られるとの事。
私は野田スポーツ公園へは行ったことが無かったのですが、元々キャンプやバーベキューが目的の公園では無いとのこと。

それを黙認してもらっていた恰好だったようですが、今回、条例ができた理由は使用者のマナー違反が目立つという話からだそうです。ゴミ問題、違法駐車など、使用者間のもめ事もあったとか、近隣からの苦情もあった模様。

ゆうゆう公園も我孫子市のはからいで、今はかなり自由に使える場所として存在していますが、ひとたびマナー悪化が目立てば、使用できなくなる可能性もありえます。
このサイトを見て下さった方々に念のため知って戴きたく追記させて頂きました。
02

↑このページのトップヘ