Outdoor Life Designs

お金を掛けずに心地よい子育てアウトドアライフを目指して。

15歳の息子の居る父親です。なるべくお金を掛けないで心地よいアウトドアライフをめざしています。今までに気になったキャンプアイテムの紹介や、自分で行ったアイテムの改造など。たまに息子編もあり。

タグ:コーヒー

先日友人からコーヒーミルを頂きました。
アルファロメオステルビオの新車試乗会で貰えたノベルティらしいですが、ステンレスで携帯仕様のなかなかよくできた物。

これまでコーヒーは簡易的な使い捨てドリップを使っていましたが、キャンプとかでよくあるお洒落なあのコーヒーミルでごりごりやって優雅にドリップするアレ。
ALzMW+CDTou3STYI1FWWJQ
そんなアレをやってみることにしました。
ドリッパーは色々悩みまして。

これとか、


これもお洒落、



これとかも洒落ている、



最終的にはベーシックでシンプルなこちらにしてみました。(なんか勢いで買った 笑)


というのも、先端がとがったフィルターの方が美味しいとう話もあって、とがった状態のフィルターを入れられる円形の物、ということでこれにしました。

fullsizeoutput_482afullsizeoutput_482b
fullsizeoutput_482c
fullsizeoutput_482d
Mj80Se00QY6jCpmvN6kbZA
ドリップペーパーは専用サイズで先端がとがっている物が付属していますが、この先端がとがったタイプは100円ショップとかでは売ってない高いタイプだという事があとで判明。常用するには高価なんですね。

そこでコーヒーやさんで聞いたところ、100円ショップで売っている台形のタイプを折り曲げればいいよ。と教えて頂きました。台形でも一応入れられるけど、
am1tJmfsSwK1xiTi0zHjQg
こういう風に折り曲げると先端がとんがります。このほうが水分が長い距離で豆を通ってくるので、しっかりした風味が得られるとか。上記の他の候補はこういうセッティングができなかったんです。
3XgzF7puQNGz9DrZlyr2SQ
5ClsqyAVR1qLc4DiasQSTg
で、豆用のスプーンも購入。ひとすくいで一杯分の10gが得られる。僕の場合はエスプレッソ慣れしているので濃いめにするために山盛りにしています。13gくらいかな。
o8NkKMZBRIaHm2%LfpqP7Q


ALzMW+CDTou3STYI1FWWJQ
豆は挽き具合で全く味が違いますね。濃いめが好きなので極力細かく挽きます。(細かいとごりごり巻くのに時間がかかる)
fullsizeoutput_4837
すこしだけお湯を垂らして30秒待って蒸らしたあと、ちょいちょいと注いでいきます。
fullsizeoutput_4838
zaDwfS79R769FqM9+5+mRw
美味!挽き立ての味と香りがすごいです。

外でこれをやるのは贅沢な感じがしますね。
釣りのあとの一杯がランクアップしそう。ワクワク。





ノベルティコーヒーミルはこれにロゴ入りかな。安価なのに使い勝手はすごくいいです。



キャンプでコーヒーをがりがりされている方もたくさんいらっしゃいます。
うちは直火式エスプレッソメーカーでエスプレッソをつくったり、お茶が多いです。

エスプレッソの時にこれを使うと本場の味になる、というすごいお砂糖。
フランス発祥のLa Perrucheというお砂糖です。
IMG_8088
フランスやイタリアのカフェでも実際に使用されている、無精製のブラウンシュガーです。

欧州ではエスプレッソはお砂糖をかなり沢山入れて(角砂糖2個くらい入れたりする)甘めにしてエスプレッソ全体の香りとコクを味わうのが普通です。そのためコーヒーやエスプレッソの味にお砂糖がとても味に重要になってきます。
コーヒーだけにこだわりを持っていた方、特にエスプレッソにこれを使用すると、コーヒーに独特のコクと風味が加わって、今までの味が極端にグレードアップします。
IMG_8089
うちは瓶に入れて保管。。ラベルは自分で貼り付け。笑

お砂糖は気がつかなかった、という方に是非試して欲しいです。目から鱗ですよ。
IMG_8090
















↑このページのトップヘ