Outdoor Life Designs

お金を掛けずに心地よい子育てアウトドアライフを目指して。

13歳の息子の居る父親です。なるべくお金を掛けないで心地よいアウトドアライフをめざしています。今までに気になったキャンプアイテムの紹介や、自分で行ったアイテムの改造など。。

タグ:キャンプ

アメリカに出張でしばらく来てます。
仕事も一段落したので、出張先のお楽しみ。ショッピングセンターに行ってきました。 

大手スーパーWalmart。
初めて行きましたが、凄い物量ですね。
IMG_8630
早速アウトドアコーナーへ。
猟銃の弾が売ってたり。
IMG_8643


IMG_8636
知らない名前のキャンピングブランドがありました。
”OZARK TRAIL”というブランド。PB商品っぽくこのブランドが数多くあります。オレンジのタグのものが皆そう。
 IMG_8645IMG_8646
これなんか面白い。正方形の自立タープの左右に追加するテント。
IMG_8647
この茶色のYETIタイプなクーラーボックスが欲しかった。持って帰ることを考えたらあり得ないので却下。でもこんなにいい感じなのに80ドルくらいですよ。
IMG_8644

IMG_8650
IMG_8648
IMG_8649

ということで、スタンレー初デビュー。8ドルくらいで棚に表示があったのですが、場所が違ったようで19ドルくらいでした。(Walmartあるある)
fullsizeoutput_3b8b


キャンプや自転車は暖かくなるまでちょっと置いといて、息子と釣り。
(これも寒いけど。。)

家から近い幕張界隈で釣り。
この時期はバチといってイソメが海底から浮いてきて産卵するのだとか。それをシーバス(スズキ)が狙って海から汽水域の川まで遡上するのだそう。先週と今週、これを狙いに行ってました。

寒いけど、夕方から夜にかけての釣り。テトラではライフベスト必須。
IMG_8204
IMG_8205
IMG_8208
餌釣りで20センチから30センチくらいのも釣れますが、ルアーだと大物が釣れることもあるんですね。
先日は75センチくらいの一匹でした。
IMG_8247
fullsizeoutput_3b65
IMG_8251
釣れても釣れなくても、あつあつの鍋焼きうどんとコーヒーが最終目標です。この前買ったテーブルも活躍。コンパクトなキャンプアイテムに助けられてます。
fullsizeoutput_3b49


 

ミニテーブル買いました。
 IMG_8055
最近釣りによく行くので、コーヒーとかカップ麺とかの湯沸かし用にミニテーブルを使っています。キャプテンスタッグのアルミロールテーブルを使って居る方も多いと思います。僕もいままでツーリングなどでも相当お世話になってきました。
IMG_0342
IMG_4549
IMG_E7878
ただし、ちょっとコンパクトさに欠けるんですよね。あとは実用的すぎてお洒落感がないというか。上の写真ではナプキンを敷いたりしてすこし雰囲気作りをしたりして。(隠してるだけともいう)

SOTOの折りたたみタイプとか、似たようなスノーピークのものもありますが、5000円以上と高価。
さすがに買い替える理由も無かったのですが、先日アマゾン探索していたら良さそうなアイテムを発見。

キャプテンスタッグよりすこし小さいけど、折りたたみだしコンパクトにたためる。自動で開くわけじゃ無いですが、組み立てもそれほど大変じゃなさそう。
そしてSOTOの半額の2000円程度。

ということで買ってみました。
比較写真達。
IMG_E8047
収納ケースもついてきます。ちょっと大げさだけど質感は良いデス。
IMG_E8057
大きさはあまり変わらないけど、厚さが薄いのがよいです。
IMG_E8049
SOTOだとA4サイズだけど、それよりも少し大きいです。キャプテンスタッグより小さいけど、コンパクトさのほうが重要かも。
IMG_E8048
元々天板は2ピースですが、裏側でテープ止めして組み立てやすいようにしました。シルバーの脚を組んで完成。
IMG_E8050
IMG_E8051
湯沸かしとコップを置くスペースがあればなんでも作れちゃう。
IMG_E8054
茶色系アイテムが多いので、このブロンズカラーはとてもいいです。
IMG_8055
無名のアイテムですが、とても気に入ってます。





アルファロメオに冬支度。

スタッドレスに交換とあわせて、ずっと付けていなかった純正スキーキャリアを装着。
IMG_7894
 スポーツワゴンにスキーキャリアは気持ちが上がりますね!

今年は息子がスノーボードをやってみたいらしい。
スケジュール作れるかな。。そこが問題だ。汗

 

先日のPICA西湖キャンプで一番活躍したちょっと変わったアイテム。
一体なんでしょう。
この写真にあるのですが。。
IMG_6011
黄色いウォータージャグが目立ってますが。。




答えはコレ。
fullsizeoutput_365d
コテージのエントランスに装飾したイルミネーションなんです。

普段の自然を楽しみたいキャンプでは人口的な光は邪魔ですが、今回のようなファミリーキャンプならちょっとした雰囲気づくりにいいのでは?と思って以前買っていた物。
IMG_5976
細い導線にLEDがついているもので、アマゾンで1000円ちょっとで買ったもの。
僕もギラギラした光はイヤですが、暖色系の小さなLED。これだと他の人達が嫌がるほど光量は強くなくて、繊細で控えめだけどちょっとだけ他とは違う。そんな感じがよかったです。
IMG_5987
今回のPICAのコテージは同じようなサイズの建物が並んでいて、夜にお風呂やトイレなどで移動した両親や子供たちの帰宅の目印になったことが一番「使えた」理由です。母親が迷子にならずによかったと喜んでいました。
IMG_5944
施工は柱に軽く巻き付けただけ。銅線が適度にコシがあるので、丁度良く巻き付けやすかったです。
fullsizeoutput_365a
電源は単三電池3本。でもLEDだけあって2日くらいは余裕で点灯可能です。うちは日中も点灯させてました。電池ケースはパッキンがしっかりされていて、スイッチ部も含めて防水対応。屋外OKです。銅線の長さは10mと結構長いので、大きめのテントサイトでも十分かと思います。収納は細いので巻き取ればコンパクトに。
fullsizeoutput_365c
光量は一定ですが、LEDの点灯パターンが9種類くらいあります。ホタルのような繊細な強弱や、パーティーっぽい賑やかなチカチカ点滅など色々。サイトの雰囲気に合わせられるところが良いです。
他にLED色の違うバージョンも見つけましたが、ランタンなどと同じ暖色光源だけがキャンプサイトには似合うと思います。(それ以外の色は人口的すぎてキャンプに合わない)

ちなみに僕は使っていませんがリモコンもついているので、離れたところに設置した時は便利かとおもいます。あと、リモコンで12時間毎のタイマーなどもセッティングできます。(元々はクリスマスデコレーション向けでしょうね)
fullsizeoutput_3657

ということで普段自然を楽しみたい人でも、ファミリーキャンプやグループキャンプをセンス良くいい雰囲気にしてくれると思います。(しかも価格1000円ちょっとですヨ)







↑このページのトップヘ