Outdoor Life Designs

お金を掛けずに心地よい子育てアウトドアライフを目指して。

15歳の息子の居る父親です。なるべくお金を掛けないで心地よいアウトドアライフをめざしています。今までに気になったキャンプアイテムの紹介や、自分で行ったアイテムの改造など。たまに息子編もあり。

タグ:イタリア

猛暑が続きますね。

先月、うちのアルファロメオにちょっとしたエアコンドーピングを行いました。
エアコンは壊れてはいないけど、酷暑の日中では車内の冷え方に物足りなさを感じていました。

ガスが足りないのかも。ということで、そのチェックと、エアコンオイルという物が存在して、たまに足した方が良いとか。

用意したのはこちら。

メーター付きのホースとR134aのガス。



 それから今回はエアコンオイル。


缶を取付けたホース、反対側をエアコンガスの低圧(L)のキャップにホースを繋ぎます。(まだねじ切らない)ゲージで容量を確認。ゲージが青いところ=ガスの量は適量でした。
この時点でR134aのガスは必要なくなってしまった。。
IMG_0158
なのでエアコンガスだけ注入することにしました。ネジを廻して缶を切ってガスを送り込みます。
缶を逆さにしたりして5分くらい放置。なんとなく缶が軽くなって終了。
IMG_0156
これだけの作業でしたが、その後のエアコン温度に大きな変化。
元々設定していた温度のままなのに、通風口から出る冷気が明らかにこれまでより冷たい!
都合3000円程度でここまでの効果が出るとは驚きました。。


是非カーエアコンの効きが優れないという人はガスチェックとオイルの追加を試して欲しいです。



※エアコンオイルドーピング界?ではこのワコーズパワーエアコンプラスが有名ですが、上記のエアコンオイルだけでも十分効果が出ましたー。(エアコンオイルとの価格差が結構あるのでご一考を)



amazonで洋幕を探すバーチャルウィンドウショッピング。
IMG_7495
真冬キャンプはしないですが、ストーブなどもそろいつつあるので、晩秋や初春でも時間ができたら外遊びができるようにリビングがそこそこスペースのあるテントを探しています。

息子も来年から中学生。どんどん大きくなって僕も息子も忙しくなって一緒に出かけられるタイミングも少なくなってしまいがち。そんな時間ができたら少しくらい寒くても出かけたい。道具がないからとそのタイミングを逃したくないです。

そんなことを考えて寒い時期のテント探しで海外のアマゾンを検索しまくっているところです。
送料の心配もありますが、それでも安い幕が多い。リスクもありますけどね。
僕の場合はたまに海外出張もあるので滞在期間中にホテルに送って貰うとか、一緒に仕事をしているパートナーのところに送って貰うということをしたらさらにコストダウンできるという皮算用中。

安くてわくわくする。
IMG_7496
欧州のアマゾンといえば、ドイツやUKがテントの数は充実していますね。メーカーが多いんだとおもいます。あとは、トンネルタイプのテントは同じような形だけどメーカー違いとかも多く、おそらく中国製で作っている所が同じなんでしょうかね。これはコストが安い理由でもあると思います。
IMG_7496
IMG_7494
英語しかわからない場合はUKになってしまいますが、ポンドが高いですよね。
できればユーロ圏のアマゾンでの購入が費用的には良いのですが、作戦としてはリスクもありますが、購入フローとしてはどこの国も同じですので、UKアマゾンのページを最終決済直前まで横に並べて進めながら見ていくと、何をしなければならないのかもわかったりします。

ちなみに、日本へ送ることができる場合は気になるのが送料ですよね。
この送料、amazonの場合は最後の購入決済をする直前まで画面を進めると知ることができます。
・住所を入力。
・カード番号を入力して進む。(ここ緊張するけど問題ありません)
・その後に最終決済があります。ここまでは購入にはならないです。
ここで送料を確認して、ここでキャンセルすれば問題ありません。
最後の画面がこんな感じです。
IMG_7493
67ポンドの幕に72ポンドの送料。汗
送料がテント代を超えているとかそんな矛盾もわかっちゃうわけですが、それでも3万円弱(カードの支払いを円にすると日本円でも表示されます)。安いですけどね。



購入しなくとも、amazonでウィンドウショッピング。楽しいですよ。
幕はもうすこし探索しております。。



↑このページのトップヘ