Outdoor Life Designs

お金を掛けずに心地よい子育てアウトドアライフを目指して。

15歳の息子の居る父親です。なるべくお金を掛けないで心地よいアウトドアライフをめざしています。今までに気になったキャンプアイテムの紹介や、自分で行ったアイテムの改造など。たまに息子編もあり。

タグ:アルパカストーブ

アーバンキャンピング。

かっこいい響きですが、単に家でテントを張って寝ただけです。

中学ともなると土日に部活もあって、宿泊キャンプもままならなくなります。
僕も週末仕事があったので、夜だけでも「ちょっとテントで寝る?」ということになりました。
息子は自分一人だけでテントの設営もしたいのだとか。

説明書無しで考えてみるぞと。
IMG_2602
ここまで結構な時間が掛かってました。悩むのも経験。
IMG_2605
なんとかできてきました。
IMG_2606
無事設営完了。この日は無風でしたがレンガで風対策も。
IMG_2611
IMG_2619
アルパカストーブとLEDランタン、ロウソクのランタンも出動。
IMG_2627
IMG_2638
アルパカのおかげで開けっ放しでも暖かい。

このままサテライトオフィスとしてお仕事。
IMG_2637
晩ご飯はふつうに居間で。
露天ではないですが、快適なお風呂付き。笑
IMG_2639
就寝は10時くらい。ストーブは消して、アルミボトルの湯たんぽで暖かく過ごせました。
単にテントでシュラフ寝だけでも楽しいものですね。


連休は不安定な天気でしたね。
最終日、友人を招いての屋上ランチ。

パエリアとジャーマンポテト。
お土産にいただいたチーズやパンなどと一緒に。
パエリアパンを最近買いました。この鍋で出てくるとテンションあがります。
IMG_2214
IMG_2223
ミックスナッツを燻製に。
IMG_2215
IMG_2216
いい感じです。少し冷やして味を落ち着かせてから食べました。
この日は結局赤ワインを4本OPEN。

最近検索ワードにあがるアルパカストーブ。
過去のアルパカストーブ記事はこちら。
寒いかもと思って出していましたが、日中は使用せず。

去年の灯油が入ったままで、これってあまりよくないんですかね。
・・と思いつつも夕方に燃焼テストしてみました。
IMG_2225
全く問題無く着火。安定してます。ほんとうにこのストーブ、暖かいしかわいらしい。
この写真の後、うたたねしてしまいました。

涼しくなって、キャンプも冬支度を基本としないといけないですね。









 






お年賀用にスモークチーズを作るべく、午後から屋上で段ボールスモークを行いました。
日が出ている間は結構暖かいですね。 
 IMG_8230
いつものAmazon段ボールで燻製。段ボールスモークの方法は以前のこちらの記事を参照ください。
「プールと燻製」

IMG_8223
アルパカストーブが活躍。あたたかい。今回はじめてバーナー用に使われる風よけプレート(ウィンドシールド)を装着してみました。装着といっても、周囲に巻き付けるようにおいて、ハンドルを掛けるとざっくりと固定されるという簡易的なものです。
IMG_8229
結果、正面だけあたたかくなりました。シェルターでの使用時などは使えそうですね。このアルミプレートに触れても熱くないのが不思議。どうやら囲われた部分への熱は全て上部に全て逃げていると思われます。
IMG_8217
豆餅をストーブで焼き焼き。アップルティーと。
IMG_8233
IMG_8238
美味。
IMG_8241
IMG_8246
日が落ちてからも、ケシュアのテントに半分籠もってスモークを見守ります。
IMG_8259
IMG_8252
暗いけど、しまドルトンも活躍。あたたかい。
IMG_8261
漸くスモークチーズが完成です。
IMG_8266
1個がかなり大きいのです。すぐさま試食ではなく、あら熱を取ったらラップして冷蔵庫へ。この冷やす行程がスモークにとって重要なのです。味が締まるというか、濃くなるというか。
IMG_8268
お年賀用チーズが完成。
IMG_8269

来年も細々とやっていきますので、どうか宜しくお願いします。








 

友人家族と毎年恒例の紅葉の亀山湖に行ってきました。
IMG_7696
房総半島の中心にある亀山湖は、毎年紅葉のピークが11月後半から12月の頭くらいになっています。
今年は暖冬?なのかまだ完全な紅葉ピークではなかったですね。次の週末にピークがあるかもしれません。それでも結構よい感じの紅葉も見られました。

朝7時。到着。
IMG_7768
IMG_7632
笹公園の駐車場は紅葉の時期は駐車場が一杯になります。この時間はまだ少なかったので良い場所に停められました。ちなみにここは車上荒らしも来る可能性が高く注意です。
IMG_7708

寒すぎるのでとりあえずアルパカストーブ。初めて火を入れました。屋外での使用もかなり暖かくなりますね。6人がストーブの周囲に集合。お湯もそれほど時間が掛からずに沸いてしまう。鍋系なら調理も余裕でできちゃいますね。
IMG_7634
IMG_7640
暖まったので、ようやくカヌー設営。友人家族は初挑戦。
IMG_7639
IMG_7795
IMG_7696
IMG_7694
それほど距離を漕がなくても秘境のようなロケーションに出会えるのが亀山湖の良いところです。
IMG_7651
IMG_7642
お昼はお湯を沸かしてカップ麺と、タイカレー缶詰にクラッカー。
IMG_7707
IMG_7705
UNO大会。ローカルルールが多いので、他の家族とやるときは事前のルール確認が必須です。笑
うちはあくまでオリジナルルールで。
IMG_7665
IMG_7711
写真忘れましたが、帰りはここから20分くらいの距離にある七里川温泉に立ち寄り。ドライバーはお昼寝。この温泉は休憩スペースを解放しているので安全の為にもお昼寝してから帰るのが恒例なのです。

その後は久留里の味噌ラーメンのお店に立ち寄ったら夜7時過ぎ。この時間だと渋滞も無くほんの1時間で無事帰宅できました。

12月でも房総で日中ならまだ全然暖かいので、デイキャンプならまだまだ大丈夫そうですね。アルパカストーブさまさまでございます。








アルパカストーブのお供に。

先日塗装したアルパカストーブ。
灯油の燃料缶もアルパカと同色に塗装しました。
IMG_7589
IMG_7587
IMG_7586
優しい色味になりました。


アルパカストーブの為に灯油を携行することが必要となりました。燃料ストックも兼ねると10Lは必要。色々調べましたが、購入したのはガソリン携行缶。こちらの、ガレージ・ゼロで販売している物が一番格安で可愛らしかったです。四角に近い所が安定性もあるし、荷物が上に物乗っかっても安定しそうな所が魅力でした。


ガレージ・ゼロ ガソリン携行缶 10L 緑 縦型 GZKK38 [UN規格・消防法適合品]/ガソリンタンク/亜鉛メッキ鋼板/携行缶10L/ガソリン缶10L
株式会社 ガレージ・ゼロ


注ぎ口が内蔵されているのでコンパクトだと思ったところも利点。レビューを見ると、注ぎ口は灯油まみれになるし、口の部分が灯油で汚れやすい短所もありますが、雑巾を使い捨てて使おうかなと思っています。

こちらが塗装前。
IMG_7564
この注ぎ口が内蔵なのです。通常灯油にヒタヒタになってるので使う時はちょっと扱いが面倒ですが、おかげでこのような付属品がコンパクトに仕舞えています。
IMG_7566
IMG_7568
こうして塗装後に写真を見ると、緑が結構強いのでやっぱり塗装して良かったです。
このままのカラーでもコールマンのテントを使っている人などにはマッチしそう。
IMG_7570
IMG_7571
ということで、2度塗りを経てベージュカラーに。
IMG_7573
IMG_7577
IMG_7576
ガソリンスタンドで給油の時はUN規格である必要があります。確認されるかもしれないので、元々付いていたUNステッカーは一応移植しておきました。
IMG_7578
これで準備が整いました。
やっと灯油を買いに行けます。
お餅を焼くぞっと。


追記
以前売られていた格安一酸化炭素チェッカー(警報器)の不良情報がありましたので載せておきます。
http://outdoor-design-amarone.blog.jp/archives/76629350.html 

↑このページのトップヘ