Outdoor Life Designs

お金を掛けずに心地よい子育てアウトドアライフを目指して。

15歳の息子の居る父親です。なるべくお金を掛けないで心地よいアウトドアライフをめざしています。今までに気になったキャンプアイテムの紹介や、自分で行ったアイテムの改造など。たまに息子編もあり。

タグ:アウトドア

アウトドア用のBluetoothスピーカーを新調しました。
前に使っていたBluetoothスピーカーはオフィス用に使いたいこともあって、新しいものを探してました。


今回購入したのはデンマークの高級オーディオブランド、Bang&OlufsenのディフュージョンブランドB&OPLAY(BEOPLAY)。ここのP2というスピーカーです。Bluetoothで防滴仕様。
IMG_0252
サイズが小さいけど、かなり音が良い。知人が使っているのを見てずっと欲しかったんですよね。BOSEと比べると低音が強すぎないので、クリアに心地よい音が出る。なのでアウトドアでも邪魔にならない音量で気持ち良く楽しめる。
IMG_0251
革紐がついているのでぶら下げるのも可。
IMG_0254
ボタンは裏面のロゴがスイッチになっているのみ。長押しするとスマートフォンとリンクします。あとは表面のスピーカー部分がタッチセンサーになっていて、ダブルクリックで曲のスタートストップ。それから再生中に本体を振ると次の曲に行くというギミックもあり。シンプルにする為の凝った作りです。
IMG_0255
問題は音量ボタンが本体に無いことなんですよね。スマホ側で調整する必要があり、キャンプ中に他の人が音量を下げたいときとかスマホどこどこ??状態になるんですよね。笑
IMG_0257
最初は100円均一で買ったケースを使ってましたが、
IMG_0259
義母が旧い布地で作ってくれたケースを使ってます。
IMG_E0271
ちょっと奮発してしまいました。いいものながく使いたいです。







どうも息子です。

今回は自転車ではなく時計の話です。

普段の腕時計は父から譲り受けたSWATCHと、叔父から譲り受けたGーSHOCK(ピンクなので学校ではなくアウトドア用)を使い分けていたのですが、今回はお下がりではなく、初めての自分で購入する時計です。

用途は日常の学校やアウトドアでも使える時計です。
カシオです!
fullsizeoutput_3b1e

fullsizeoutput_3b1d

fullsizeoutput_3b1a
fullsizeoutput_3b1f
fullsizeoutput_3b1c
(父親が試しにつけたとこ)
fullsizeoutput_3b19

fullsizeoutput_3b21
今回、カシオのF-108WH-1Aという俗に言うチープカシオを購入致しました。こんなにG-SHOCKっぽいデザインなのにG-SHOCKじゃないんです。しかも価格は3000円くらいと格安。


ちゃんと箱に入って展示台まで付いてきました。
Amazonのレビューで説明書が見にくいというコメントもありましたが特に問題ありませんでした。ですが文字盤は暗いところだと完全に見えなくなります。そしてライトはボタンを押しっぱなしにしとかないと消えてしまう。それから、画面がポリカーボネイトか樹脂のようで傷が付いてしまうといった多少の問題点はあります。

ですが、色々調べた結果、これが一番”ほぼG-SHOCK”なデザインのチープカシオ。

デザインがかっこよく、防水性能が十分。(これが決め手でした)


日本でも販売されているモデルですがベゼルが黒で文字盤も黒のモデルは逆輸入モデルしかありません。

[カシオ]CASIO 腕時計 スタンダード デジタル表示 ブラック×ホワイト F-108WHC-1AJF メンズ
CASIO(カシオ)
2015-04-24



しかし、本家G-SHOCKも並行輸入品だと5000円台で買えてしまうんですね。正直迷いましたが、中学生らしくお手頃価格の方を選びました。

[カシオ]casio G-SHOCK BASIC FIRST TYPE DW-5600E-1V メンズ 【並行輸入品】
Casio(カシオimport)






その他の候補だったのはSUUNTO。並行輸入だとこんなに安く買えるんです。高度計や方位がわかるのは山岳使用にもよいので迷いました。







SUUNTOは叔父がもう11〜12年近く使っていて長く使えるからいいかなと思い、買う直前まで悩みましたが学校生活でも使いたくて高価な時計は不安だったので今後の高校、大学の入学祝いの時ににします。後の北海道一周に向けて。


今回のチープカシオ、安く、頑丈で、長く使えそうなので、自転車旅の時やアウトドアにどんどん使っていこうと思います。

届きました。PENDLETON x NIKE iD。
とっても可愛らしいです。
IMG_2781
以前の記事
PENDLETON x NIKE
を書いて少ししてから、実際にナイキストア原宿でオーダーしてきました。
IMG_2657
実際のマテリアルと対峙。なかなか可愛いです。
IMG_2658
IMG_2659
自宅でネットで見ている時と同じ画面ですが、店員さんが違いなども丁寧に説明してくれます。ブランドがしっかりしているところのアンテナショップは店員さんの対応が徹底してフレンドリーで丁寧。
IMG_2660
ベースとなる靴はNike Roche One(ローシ ワン)。ペンドルトンシリーズはPremium Pendletonと名付けられてます。実際に試着もできたので、サイズの心配もなしです。

こちらはショップでのオーダーならではの特典、靴箱をかたどったBOX。中には自身のデザインした靴の写真の入ったカードが。これをニヤニヤしながら眺めて到着を待つのです。
IMG_2769

さて、待っている間、「制作が始まりました」「発送しました」という連絡がちょいちょいメールで届きました。気持ちを盛り上げますね。
・・ということで、オーダーから2週間くらいで届きますと言われていましたが、少し早く11日間で到着。
IMG_2770
ペンドルトンの生地でできたナイキ。なかなか良いと思いませんか。スニーカーをアウトドアシューズとして使う目論見に見事にマッチした佇まい。
IMG_2774
黒いソールが効いてると思います。かかとにはブルーのペンドルトンタグ。
IMG_2776
履いてみるとこんな感じ。
IMG_2779
靴紐の根本にあったメタルのプレートはちょっと華やかすぎるので取り外しました。左before 右after。
IMG_2778
先端のグレーになったところはシリコンコーティングです。オーダー時に有無を選べます。もちろん無い方がペンドルトンの生地が活かせてデザイン的にはいいのですが、この手の生地の靴はすぐに先端から穴が開いてしまうという事がわかっていたので、コーティング有りを選択しました。
IMG_2780
IMG_2782
IMG_2781
アウトドア用でと考えていますが、とりあえずアーバンユースで楽しみます。

初めてのNIKEiD。15000円くらいでできるセミオーダー。すごく楽しめました。
これはちょっと癖になりそうです。 

※追記 後日到着した記事も書きました。


あのペンドルトンとナイキのコラボレーション。
たまにはスニーカーでもほしいな、と。さきほどナイキのサイトを探したら、 なんと本日11月3日が発売日のシューズでした。

PENDLETON x NIKE 

NIKE iDでカスタマイズが可能なので、スニーカーらしくしたり、アウトドアシューズっぽくしたりと、好みに合わせられるのです。
49




ナイキ エア ズーム ペガサス 33 プレミアム ペンドルトン iD
51
ナイキ エア ハラチ ラン プレミアム ペンドルトン iD
02
ナイキ エア プレスト MID ユーティリティ プレミアム ペンドルトン
1
ナイキ ローシ ラン プレミアム ペンドルトン iD
7

49

一番上の写真以外はナイキのサイトのお薦め案。
ここから先の数枚は僕のカスタマイズです。ソールを黒にするとアウトドアシューズっぽくなってお薦めです。幾つかシューズのタイプもあるし、サイズをちゃんと試してからのオーダーを目論んでるところです。表参道のナイキにでも行こうかしら。
46
29


43
02

41
ブルーに見えるところはちゃんとペンドルトンのタグなんですね。




※追記 後日到着した記事も書きました。
 


 

リサイクルショップでふとみつけたアウトドア用ファン。

日本の夏キャンプは結構過酷ですね。
夕方前にテントを建てるなどすることで、日中の暑さがテントにこもることを防止したりできますが、夜でもテントの通気があると助かります。

以前からテントの出口の対面(反対側)にこんなものを置いたらテント内の通気に良いのではないかと思っていました。あまりに安かったので思わず試しに購入。
キャンプの荷物を減らしたいくせに、こういうものを買っているという矛盾。

LOGOSのアウトドア用ファン「どこでも扇風機」と言う名前らしい。
これは古いモデルで単一電池だけで駆動するタイプ。現在のモデルはACと電池の2電源対応なのだそう。
電源サイトを使わないのでこれで十分。
IMG_1506

IMG_1501
白くてスリム。(色塗りたい)
IMG_1500
購入時にも電池を入れて試してみましたが、送風の強さはあまり強くないです。一応弱と強の2モードの強さが選択できますが、強でもゆるい感じ。目の前にいたら涼しいけど、すこしでも離れると弱いです。それはこの手の電池式は皆同じでしょう。でもテントの通気が目的ならこれでも十分。(色塗りたい)
IMG_1503
GENTOSに使っているエネループの単一アダプターを取りだして使ってみる。
IMG_1504
IMG_1505
電池はアマゾンベーシックで購入したリチャージブル電池。一番リーズナブルでした。
本来、この扇風機は単一電池の重さでスリムでも安定する構造なんでしょうね。単三にアダプターだと荷重がちょっと少ないかと心配しましたが、それでもそれなりに安定はしてます。
IMG_1502
と、この夏は結局出番なく、部屋で自分専用ファンとして目の前に置いて過ごしたりしてました。
秋キャンプでも日中は使えそうですが、今年出番はあるでしょうか。(その前に色塗りたい)



時間ができたらはやく茶色く塗装したいです。
もしくはカッティングシートでラッピングかな。
そんなこといってるといつまで経ってもデビューが遅れそうです。汗



気に留めてなかったけど、アウトドア用扇風機、色々種類があるんですね。










 





↑このページのトップヘ