Outdoor Life Designs

お金を掛けずに心地よい子育てアウトドアライフを目指して。

13歳の息子の居る父親です。なるべくお金を掛けないで心地よいアウトドアライフをめざしています。今までに気になったキャンプアイテムの紹介や、自分で行ったアイテムの改造など。。

カテゴリ: eat

IMG_5629


今年はベランダや屋上で鉢植え菜園をまじめにやってます。
元々数種はやっていたのですが、今年は結構な種類になりました。

バジル。
IMG_5632

プチトマト。
IMG_5656

ナス。
IMG_5662

ピーマン。
IMG_5663

大葉。
IMG_5661

ミント。
IMG_5667

ブルーベリーは少量。
IMG_5664


食べられるものを育てるのは面白いですね。 
植物は手を掛けただけちゃんと見返りがあるから楽しい。

今年は結構手厚くケアをしていて、朝の水やりはもちろん、週に一回くらいのペースで化学肥料をあげています。当然ながら、肥料はあげることでかなり成長のスピードが早くなっていて、収穫に影響しますね。あとは脇芽などの剪定もしっかりやってあげることも大事ですね。

鉢植えの植物栽培は、土の量が限られているので、限られているエネルギーを如何に収穫する実に注ぎ込めるのか?というのが大事なんだなぁと当たり前の事に気がついてきました。
その為に「余計なエネルギーを消費しないための脇芽剪定」や、ドーピング的に「エネルギーを追加する肥料」などが特に重要になってくるんですね。



先日は大量に収穫できたバジルでジェノベーゼ(イタリアではペストと呼ばれてます)を作って、ついでに燻製もしたり。

ジェノベーゼソーズは思ったほどバジルの葉っぱの量はつかいません。なので、ひとなつで何回も作れちゃいます。

バジルは先っちょの芽を摘むと、両脇から更に芽が出るので、摘めば摘むほど増えてくれる倍々ゲーム。面白いです。
以前はベランダで栽培していたら、光量不足で弱ってしまい、さらにはバジルの香りに呼ばれた虫にやられてしまいました。今年は屋上の日当たりが最高な場所に置いてみたところ、ものすごく大量に増えてくれています。場所は本当に大事ですね。
IMG_5632

ジェノベーゼソース(ペストソース)つくりかた。

・バジル葉っぱたくさん
・オリーブオイル(すこし多めに入れるとバジルがミキサーでかきまざりやすいです)
・松の実(なければクルミでも代用可)
・パルメザンチーズ(もしくはグラナチーズ)すこし
・ニンニクほんのすこし
・塩
・胡椒

ミキサーにこれらを入れて混ぜるだけ。量はなんとなく。

生の葉っぱから作るジェノベーゼソース、かなり香りが強いです。
うちはスパゲッティよりも若干細いスパゲッティーニをソースが良く絡むので使っています。
もっと細いカッペリーニ(イタリア語で髪の毛の意)でもいいとおもいます。行きつけの新橋のビアバーでは夏になるといつもバジルの冷製カッペリーニが出るんです。今度は冷製やってみようかな。
夏にぴったりですよね。
fullsizeoutput_357c
IMG_5627
IMG_5629

ついでにいつもの燻製も。
fullsizeoutput_357d
IMG_5634
IMG_5639
fullsizeoutput_3579
燻製の作り方はこちら「プールと燻製」ポストで詳しく書いてます。


少量でも自分たちで育てて食べる。このプリミティブな行為がすごく嬉しいです。

いつものサラダに自家製の採れたてトマトが乗っかるという嬉しさ。

自宅の菜園のサイズと同じくらいの「プチ」な幸せが日々訪れます。




息子が夏のキャンプ準備をしている間に(今度ポストします)、友人と釣りに行ったり。
近いので検見川浜の堤防が多いです。
IMG_5386
IMG_5381
IMG_5379
一服のコーヒーは必須。
IMG_5384

このところの釣果です。

サッパ(ままかりのお魚)数十匹。
fullsizeoutput_3529
fullsizeoutput_352a
IMG_5396
竜田揚げに。
IMG_5398
大物だけど困ったのはアカエイ。しっぽの棘に注意。身や肝は食べると非常に美味しいらしいですが、リリースいたしました。
fullsizeoutput_352d
先日は夜釣り。イシモチが二尾釣れました。
fullsizeoutput_355c
ゲーム性のある釣りに寄っている日々であります。

梅雨入りで天気が曖昧ですね。
雨が降りそうな曖昧な天気の週末に、無理矢理タープを張って友人家族とランチ。
IMG_5442
息子と息子の友人が焼き鳥を仕込んでくれてます。
IMG_5444
IMG_5446
さらに友人がローストビーフを仕込んで来てくれました。塩にぎりとのコンビが最高です。
IMG_3009
焼き鳥。タレは自作。
醤油5
砂糖3
みりん1
酒1
で大量に作りました。大量に作ってどばどば濃いめに掛けるのがポイント。
IMG_5455
・素で焼き鳥を焼いたら
・タレを付けて
・タレのまま一回少し焼いて
・最後に改めてタレをつけて完成。

今回なぜか間違えて胸肉を買って来てしまった。十分美味しかったですが、若干ぱさぱさ。
焼き鳥はジューシーな「もも肉」でやりましょう。
IMG_5456
IMG_3012
最後に焚き火をして終了。
IMG_5457
雨が強まったので、タープ下に皆でぎゅうぎゅうになって過ごしました。







 

いつものAmazon段ボールでスモークチーズやってます。

作り方はこちら。「プールと燻製。」 


IMG_3299

IMG_3295
IMG_3297
ちょっと風が強かったので、風を避けていつもと違う場所でやっていたところ、風呂場の換気口の真下だったので、換気していたお風呂の中がいい感じでスモークされました。汗
IMG_3300
結構な数やりました。お裾分けで半分無くなるでしょう。


今回サクラスモークウッドの上にピートをかけるのを忘れてしまった。
味の濃さが違いますね。ピート、かなり大事です。 


 

 

連休は不安定な天気でしたね。
最終日、友人を招いての屋上ランチ。

パエリアとジャーマンポテト。
お土産にいただいたチーズやパンなどと一緒に。
パエリアパンを最近買いました。この鍋で出てくるとテンションあがります。
IMG_2214
IMG_2223
ミックスナッツを燻製に。
IMG_2215
IMG_2216
いい感じです。少し冷やして味を落ち着かせてから食べました。
この日は結局赤ワインを4本OPEN。

最近検索ワードにあがるアルパカストーブ。
過去のアルパカストーブ記事はこちら。
寒いかもと思って出していましたが、日中は使用せず。

去年の灯油が入ったままで、これってあまりよくないんですかね。
・・と思いつつも夕方に燃焼テストしてみました。
IMG_2225
全く問題無く着火。安定してます。ほんとうにこのストーブ、暖かいしかわいらしい。
この写真の後、うたたねしてしまいました。

涼しくなって、キャンプも冬支度を基本としないといけないですね。









 






↑このページのトップヘ