Outdoor Life Designs

お金を掛けずに心地よい子育てアウトドアライフを目指して。

15歳の息子の居る父親です。なるべくお金を掛けないで心地よいアウトドアライフをめざしています。今までに気になったキャンプアイテムの紹介や、自分で行ったアイテムの改造など。たまに息子編もあり。

カテゴリ: day camp

IMG_1781
久しぶりに燻製。いつものチーズです。
一度に沢山つくって作り置き。

Amazonの段ボールを使った燻製。このボックスはもう何年もつかっています。スモークウッドで冷燻です。燻製用段ボールの作り方は、以前書いたこちら「プールと燻製」の記事を参照くださいませ。 スケッチに詳細書いてます。

チーズは色々試した結果、雪印のファミリアチーズが一番美味しい。コストパフォーマンスもなかなか良いデス。
IMG_1766
冷燻とはいえ結構な温度になるので、下にアルミホイルは必須。大量につくります。
IMG_1767
IMG_1768
SOTOのピートスモークパウダーを振りかけると味に深みが増します。
IMG_1769
点火。定番のSOTOいぶし処、サクラスモークウッド。
IMG_1770
中で2段になるように段ボールを加工してます。
IMG_1771
補修に補修を繰り返した段ボール。。作り替えなきゃな、と思いつつも毎回これを使ってしまいます。
IMG_1779
4〜5時間くらいで完成。いい色味です。
IMG_1781
数時間冷蔵庫で寝かせてから試食。今回もはずれなし。
IMG_1784
最近ロースタイルキャンプに最適なテーブルを手に入れました。リサイクルショップで偶然見つけました。足が取り外せて、高さもサイズも丁度良い。ディティールを見ると、だれかが自作したテーブルのようで(ビス位置を間違えた痕があり)、楕円形状も良い意味でややいびつだったりして、手作り感が全体的にいい味なのです。
IMG_1783







 

暑い日が続きますね。
家でプールをしたいのですが、利根川水系が水不足と聞いているので控えております。

夕方になると夜風が涼しいので屋上で食事。
IMG_1443
IMG_1456
IMG_1457
IMG_1453
鰹のタタキを用意して一杯。
IMG_1454

IMG_1458
そうそう、コールマンのランタンを新たに導入。笑
IMG_1444
可愛いですね、これ。いい色が当たりました。2015シーズンズランタンカラー。
IMG_1442
先日、あるアウトドアガレージブランドを運営している友人と飲み会。
この秋に向けての新商品の話を聞いて、勢いで「1個キープして!」と予約してしまった。
ちょっと言えないけど、有名なあのアイテムの進化バージョン。

まだ開発中で秋にできるかちょっと曖昧らしいけど、気長に待ってみよう。
家族のオーソライズがまだだけど、これから貯金すればなんとかなるかな。。

息子も大きくなると一泊キャンプがなかなか難しくなってきてます。
いよいよ暑くなってきましたね。虫が出る前にとデイキャンプ。いつものゆうゆう公園へ。
IMG_1045
今回は流山の友人とファミリーキャンプ。キャンプに興味を持っている予備軍の友人。
彼も七輪とテーブル、ポップアップの日よけを持って来てくれました。色々グッズが増えているみたい。

今回、息子は自分だけ自転車で行きたいらしく、早朝に先に自転車で出撃。心配だったけど、一回行っているし、経験値も上がると思って許可。ちなみに帰りは自転車を車載で帰ってくる予定。先日クイックリリースを装着したのでタイヤがすぐに外せる効果を早速発揮。
IMG_1026
船橋駅界隈から26キロちょっと。行ってらっしゃい。
32
息子の自転車、そんなに早く着かないだろうと思っていたら、たった2時間でスムースに到着してました。車だからとゆっくり買い物などしていたら先を越されました。ウサギとカメですね。息子の自転車、着実に経験値をあげてます。
IMG_1030
息子に30分くらい遅れて到着。しかしこの日は暑かった。日中タープ下で35℃でした。そろそろ高原に行かないときついですね。虫はひなたには居ませんでした。代わりに日陰には小さな羽虫が多かったです。
IMG_1051
IMG_1047
さくっとタトンカ3TCタープと、友人のポップアップ日よけ。
IMG_1031
焼き鳥と色々練り物スモークなど。
IMG_1034
IMG_1035
チャーシューは妻が事前に作ってくれたものをあたため、いただく。
IMG_1036
IMG_1040
使い込んだ七輪がいい感じ。友人一家ははじめてという焼きマシュマロ。とても感動してた。マシュマロ嫌いの人でも好きになっちゃう、いいよね。
IMG_1037
カマンベールの燻製が絶品でした。弱火で気を使ってもやっぱり溶けますね。とろり具合と香りがついたことで起きる生とは全く違った食感は、焼きマシュマロに通じるものがあるかも。
IMG_1039
お手軽デイキャンプの楽ちんさに、最近は泊まりキャンプができなくなりそうです。
でも、燻製達でお酒がのみたいですねぇ。

荷室の少ない156ワゴンですが、無事に自転車も収納しての帰宅となりました。



追記
ゆうゆう公園ですが、看板に追加項目が書き足されていました。

・デイキャンプスペース以外の場所でのデイキャンプ設営禁止
・宿泊キャンプの禁止

おそらくそういう方がでてきているという事でしょう。
ちょっと気をつけておかないと、野田スポーツ公園ように今までのように自由に使えなくなってしまうかもしれませんね。








息子が中間テストの為、自宅で勉強中。
そんなわけで、最高のキャンプシーズンを謳歌できず。
自宅でワインと燻製など。
IMG_0975
タープはIKEAのくさび形サンシェード、DYNING。これに普段つかっているタープ用のポールを使用。ポールを使う事でテンションが張れるので風にも耐えられます。
IMG_0958
IMG_0960
ウッドのテーブル・チェアのセットもIKEAのもの。屋上に置きっぱなしなので風化していいかんじでエイジングが効いてます。(一般的に劣化というけど)
真ん中のテーブルはコーナンラックを分解して塗装したもの。
「コーナンラックテーブル」
チェアはアルパインデザインのコンパクトチェア。
「アルパインデザインヘリノックス」
IMG_0961
近所で買って来たシラーの500円ワイン。最近の格安ワインは美味しいですね。
これはガラス製だけど、最近キャンプ用に樹脂製のグラスを探してます。やっぱりワイングラスが絵になる。

おつまみとして、ちくわを燻製に。SOTOのキッチン香房ノーブランドのシングルバーナーで。
IMG_0962
定番のサクラチップです。
IMG_0963
ちょっと多かったな、とあとで後悔するチップの量。
IMG_0964
IMG_0966
フタは隙間を空けて使うみたいですが、うちはいつも閉めた状態でやってます。これがいけないのかな。
IMG_0967
ということで、ほんの5分程度で完成。良い色味です。
IMG_0972
ちょっと燻製の香りが強かったですね。すぐ食べたから、というのは理由の一つ。半分は30分くらい置いておいたらかなり美味しくなりました。燻製はやっぱりちょっと寝かせるのが美味さの秘訣かと思います。煙の味がおちついて美味しさになります。
IMG_0974
ワインがすすむ君。
IMG_0975
そんな日曜でした。











 



トライタン樹脂のワイングラスが欲しいです。。

GWなかごろのある一日。
船橋三番瀬で初めての潮干狩りでした。
IMG_0389
近かったけど、あまりに混雑する話を聞いていたのでなんとなく縁がありませんでしたが、友人に誘われたので参加する事に。

その日は干潮の関係で朝7時半から10時までの開催時間。朝4時半に駐車場が会場。7時前には到着の予定でしたが、国道357号線から三番瀬に向けて入った道から既に渋滞でした。県外ナンバーが多い。
その時既にメイン駐車場も近隣の臨時駐車場も満杯だったようで、集まったクルマ達は周囲に路駐となりました。当然ながら推奨されるべきではありませんので自己責任ではありますが、全体の状況だけをお話しすると、交差点そばの駐車、工場や企業のエントランスそばは警察がやってきて取り締まっていた模様です。(ただしチョークはひくが、そのまま帰りも残っているくるまもありました)
また、潮干狩り会場では佐川急便のオフィスそばの路駐車両のナンバーを連呼していました。警察に連絡が入ったりするんでしょうね。
IMG_0385
駐車してから少し長い列に並んでチケット購入。
大人430円。小学生までは210円。
IMG_0386
道具は前日に熊手を100円ショップで購入。網は現地で配っていました。あとは収穫用のバケツと掘りながらちょっと座れる椅子があるといいですね。熊手は熊手の隙間に格子のはいったタイプを使っている人が居て、本気ならたぶんあれが使いやすそう。
しかし、しゃがんだ体勢をずっと強いられるのはなかなかしんどいですね。掘ってる間は真剣なのでそれを忘れてしまうのですが、あとになってけっこう大変ですねえ。(ここで濡れても良い低い椅子があるといいのです)

でも、その頑張りで結構取れました。
IMG_0394
2家族6人の2時間の成果。このあと出口で軽量に並びます。100gにつき80円で持ち帰り。

・・ということで、昼前に終わったので、海水での砂抜き中に一旦解散してからお昼に再集合。屋上ランチとなりました。ちなみに海水で放置しておくと2時間くらいで十分砂抜きができます。

ボンゴレロッソ。
IMG_0395
アスパラに半熟目玉焼きのビスマルク風。
IMG_0398
鯛も買ってきて、アクアパッツァ。
IMG_0397
このアクアパッツァの出汁が最高で、ボンゴレロッソに掛けたらさらに美味になりました。
IMG_0399
いい感じのランチ会になりました。
新鮮なアサリはこんなにもしっかりした味なのかと感動。ちなみに翌日には残った出汁でリゾットでした。これもまた美味。あと、残ったアサリはすこし水で洗ってからジップロックで冷凍です。冷凍しちゃうと食べきれない量も長持ちします。


参考にもちもの
・熊手(格子の入った高級な奴がすごそう)
・バケツ
・掘りながら座れる椅子があると楽(海で濡れても良いもの)
・帽子
・日焼け止め
・アクアシューズ(ビーチサンダル可)
・網は現地でもらえます
・砂抜き用に海水を持って帰るペットボトル(現地の海水が砂抜きに最も適してる)


初めての潮干狩り。かなり真剣になりました。
混雑は大変ですが、季節のイベントとして年に一回くらい行くのはいいと思いました。GWを過ぎればすこしだけ混雑は落ち着くかもしれません。しかし、ここで火気禁止条例は残念ですね。昔だったらこのままバーベキューでしょうねぇ。


調べるとここでホンビノス貝(最近白ハマグリとかわけわからない名前でこの貝を呼んでいる居酒屋とかあるらしいですが。。)とかマテ貝(パン粉とバターでオーブンに掛けると美味なイタリアンになる)もこの区画された場所以外のところで取れたりするらしいですね。(漁業権のチェックは必須)そちらはシーズン外の人の少ないときに一度来てみたいと思っています。


検索でこちらに来られた方は、翌年に潮干狩りに行ったときに色々あたらしい手法が身につきました。
よかったらご覧下さい。
http://outdoor-design-amarone.blog.jp/archives/70552919.html


もし行かれる際はこちらのサイトで開催日程と干潮時間のチェックを忘れずに。
 
ふなばし三番瀬海浜公園 
2018年のサイトはこちら。




この熊手があるとすごそう。。僕らはあみあみ無しの100円均一でした。
ステンレス フルイ 30cm
ミネックスメタル







こんな土古いも場合に寄っては便利アイテム。






あと、こんなソリに荷物一式を入れて移動している強者も居ました。たしかに便利。

↑このページのトップヘ