Outdoor Life Designs

お金を掛けずに心地よい子育てアウトドアライフを目指して。

15歳の息子の居る父親です。なるべくお金を掛けないで心地よいアウトドアライフをめざしています。今までに気になったキャンプアイテムの紹介や、自分で行ったアイテムの改造など。たまに息子編もあり。

カテゴリ: day camp

子供も大きくなってキャンプに行く回数も少なくなり、屋上でたまに晩ご飯を食べるくらい。
炭火もあんまり使ってないなぁ。
IMG_4246
とはいえ、友人を呼んでの外御飯は楽しいですね。
IMG_4248
この前は友人がダッヂオーブンを持って来てくれて、料理してくれました。
IMG_4582

IMG_4585
IMG_4588
IMG_4589
IMG_4593
IMG_4596
面白かったのは簡易燻製ツール。
IMG_5031

小さなアイテムに桜チップを少量入れて火を付ける。
ファンが回ってチューブの先に煙が送られる。
ジップロックにポテトチップやナッツを入れて、ある程度煙が入ったらジップロックを閉じて煙をなじませるというもの。煙が無くなってからも少し放置。ちゃんと煙が吸収されている感じ。
IMG_5032
燻製はすこし落ち着かせるといいのですが、これもすこし置いた方が煙りの酸味というか強さが落ち着いて良いかと思いました。
味は正直さほど変化ないですが、いぶした煙の香りがこの簡易さの想像以上についています。
食べるときにふんわり香りが鼻について雰囲気美味しくなります。

練り物とかよりもスナックなど煙が付きやすいものに適している感じ。
IMG_5033
これは面白かったですね。

検索したら見つかりました。これこれ。



 

友人が以前購入したポリコットンのタープ、タトンカ1TC。
もう二年くらい仕舞ったままだったらしい。

そろそろ使ってみる?ということで、お互い近場の我孫子市「ゆうゆう公園」 にてデイキャンプをすることに。お互いの子供達も大きくなって、部活とか受験でキャンプに行けませんでした。本当に久しぶりなデイキャンプ。 


自分でやらないと覚えないからということで、僕は手伝わずにタープ施工をみまもります。
BIJpaC8mQoaFzDSl%LQhxQ
無事綺麗にぱりっと張れました。素晴らしい。

ゆうゆう公園もメジャーになったのか、キャンプ人工が増えたのか、かなり人が多くなってきましたね。
駐車場から離れた奥の方でいつもサイトを作っているので写真ではあまり人が居ないように見えますが、結構な人出でした。GW後半で良い天気だったしね。
YyIvzodtQ5+Wy0KtSjvn8w
今回はタープはお任せだったので荷物は少量。
いつもの自分の道具たちを最低限持って来ました。
fullsizeoutput_457e
友人は作業テーブルなども用意して、すっかりキャンプ道具一式は揃えた模様。
今回はメスティンの炊飯にチャレンジすることに。品薄なんですよね。うちも欲しい。。
fullsizeoutput_457f
fullsizeoutput_4580
i5eHX4L7TMiDsG56jIVpSQ
あとは肉を焼くだけ。お気楽。
fullsizeoutput_4581
t%Z7pqmBThKJtMk18OKt%g
fullsizeoutput_4582
先日潮干狩りに行ってきたとか。アサリの酒蒸し。
fullsizeoutput_4583
間に色々あったけど写真忘れ。最後はデザートとして、餃子の皮で包むりんごパイなど子供達が作ってくれました。
pmQrdr1FSMKbZMmrExAxQg
まんま餃子の見た目だけど、美味しいのです。
fullsizeoutput_4584
うちのウィングタープのタトンカ3TCよりも1TCはサイズが大きくてしっかり日差しをカットしてくれるのは魅力ですね。。形は3TCの方が好きなんだけど、機能性は1TCの勝利ですな。
自分のタトンカ3TCの記事はこちら。
R0VJlBCJQq2LukLL826Fhw
ということで、すこし暑いくらいだったけど、風が心地よくて気持ち良かったです。



追記です。

ゆうゆう公園ですが、あいかわらず手洗い場に残りの炭を捨てたり、直火で炭を使った跡があったりしました。直火の消し炭は片付けましたが、(というかそのまま再利用)手洗い場の捨てた炭は膨大な量になっています。この捨て炭や洗い物をしてしまう人のせいか、手洗い場の排水口が詰まっていました。


ゴミを持ち帰るのは勿論ですが、デイキャンプ場なので洗い物も家でやるようにしてできるだけ綺麗なデイキャンプ場を維持できるようにしていきたいものです。

我孫子市が清掃のための募金箱でも設けてくれたらお支払いしたいなぁと真剣に思います。



※近場にある「野田スポーツ公園」は公園利用マナー悪化のため2016年にキャンプやBBQが禁止となりました。それまでは宿泊も火気も使えた公園でした。

02

現在のゆうゆう公園の水場の状況をみるとキャンプ禁止になってもおかしくない感じなので、このブログを見ていらっしゃる方はご協力くださいませ。



消し炭はポットに入れてね。次回すぐ火起こしできます。




 

極度の花粉症ですが、最近やっと落ち着いてきたので屋上でランチ。

無印良品のカレーが美味しいというので、バターチキンカレーをストック用に買ってみたのだけど、いきなり食べてしまいます。笑

久しぶりの炊飯。
コッヘルはスノーピークの25年物で。

・1合分のお米(180cc)を同じ量のお水(180cc)で30分以上浸しておく。ここ重要。
IMG_3604
・できるだけフタが密閉できるようにフタの上に重石を乗せておく。

・火力はできる限り弱火。(風よけがあるとよい)
IMG_3606
・数分で写真にあるように吹きこぼれがぽたぽたと落ちてくる。これは想定通り。
バーナーシートがあるとテーブルが汚れなくて良い)

・この吹きこぼれが無くなってくるとチリチリという音がして良い匂いになってくる。
(ここまでで10分くらい)

・チリチリと音がしたら火を止めてクッカーをタオルで巻いてひっくり返す。蒸らし行程。
(手袋とタオル用意)
IMG_3607
・このまま20分くらい蒸らし。ある程度時間が長い方が芯が無くなってふっくらします。

・この間に湯を沸かしてバターチキンカレーを暖める。
IMG_3608
・湯沸かして温めます。
IMG_3609
ということでそうしているうちに20分の蒸らしが完了。
タオルを取ってひっくり返して御飯が完成!
IMG_3610
で、バターチキンカレー。
とっても美味でした。非常用にも買いだめしておきたい。
IMG_3612
あと、レトルトカレーを温めたお湯を使ってコーヒーをいれちゃう暴挙あるある。
(コーヒーはフィルター通すから多少は大丈夫って誰かが言ってた。笑)


ついでに久しぶりにすこし焚き火をしてみます。
薪は先代の屋上の椅子。笑 最後までしっかり使い切ります。
IMG_3613
その晩、勢いで友人を呼んで焼肉パーティーしちゃいました。。










息子とのキャンプ用にメスティンが欲しい今日この頃。
品薄で高額になっているらしい。。

trangia(トランギア) メスティン TR-210 【日本正規品】
trangia(トランギア)
2012-04-17




バーナーは中国製のやっすいの使ってます。 



初デビューのTable in a Bag。広いテーブルは素晴らしかった。





連日暑い日が続いてますね。

近くで花火大会があったので、友人家族を招いての屋上ごはんかい。
日が落ちて風があれば結構心地よかったです。

三角形のタープはIKEAのもの。もう7年くらい使ってます。
ポールを使って張りのゆるみそうな箇所にラインテンションをしっかりかけてあげると屋上でも綺麗に安定します。(写真右の先端部分はタープ自体を束ねて布地の”あまり”をなくし、張りを維持してます)
IMG_0263
暑いので調理はキッチンで。持ち寄りメニューも。
IMG_0261
お気に入りのルミエールランタン

遠いけど花火。
写真のは違いますが、LEDのような青白い色の花火が新しくて綺麗でした。
IMG_0265







梅雨入りで天気が曖昧ですね。
雨が降りそうな曖昧な天気の週末に、無理矢理タープを張って友人家族とランチ。
IMG_5442
息子と息子の友人が焼き鳥を仕込んでくれてます。
IMG_5444
IMG_5446
さらに友人がローストビーフを仕込んで来てくれました。塩にぎりとのコンビが最高です。
IMG_3009
焼き鳥。タレは自作。
醤油5
砂糖3
みりん1
酒1
で大量に作りました。大量に作ってどばどば濃いめに掛けるのがポイント。
IMG_5455
・素で焼き鳥を焼いたら
・タレを付けて
・タレのまま一回少し焼いて
・最後に改めてタレをつけて完成。

今回なぜか間違えて胸肉を買って来てしまった。十分美味しかったですが、若干ぱさぱさ。
焼き鳥はジューシーな「もも肉」でやりましょう。
IMG_5456
IMG_3012
最後に焚き火をして終了。
IMG_5457
雨が強まったので、タープ下に皆でぎゅうぎゅうになって過ごしました。







 

↑このページのトップヘ