Outdoor Life Designs

お金を掛けずに心地よい子育てアウトドアライフを目指して。

15歳の息子の居る父親です。なるべくお金を掛けないで心地よいアウトドアライフをめざしています。今までに気になったキャンプアイテムの紹介や、自分で行ったアイテムの改造など。たまに息子編もあり。

カテゴリ: camping item


Tranquility6_5

自立式大型テント考。

冬も使えそうなテントをずーっと探していますが、探す度にこちらの考える条件も色々変わったりで、なかなか手を出せずでした。なんだかいつもテントを探してる。ほしいほしい詐欺。
トンネルテントやワンポールテントが近年かなり流行していますが、僕は自立できる大きめのテントが欲しいなと考えています。

・自立テント(どこでも設営可能。非常時も使える。屋上で使いたい。)
・設営簡単
・5〜6名用で実質3人くらいでリビング兼寝室としてゆったり使える。
・ストーブもつかえそうなサイズ感。(天井高が欲しい)
・シェルターとして使えるとなお可。
・2ルームでなくても可。(2ルームだと結局どこかは自立しないものが多い)
・洒落たデザイン
・人と被らないブランド
・お安いお値段 
・重さは10kg以下。できれば極力軽く。
・収納サイズもある程度コンパクト。


こういう条件のテントって、意外と種類が少ないんですね。そもそも大きめの自立テントが少ない。

色々調べると使いやすさやコストを考えるとモンベルのムーンライトテント7が一番良さそうなのですが、細かく色々揃えると高額になってしまったり・・

c_1122289_iv

ブランドが消滅してしまったTICLAのテントも可愛い。ちょっと低いかな。

_SL1500_


NEMOのWAGONTOP6っていう手も。構造が面白くて天井高や窓があるのがいいです。ちょっと蛍光色が強すぎます。昔はベージュ系の綺麗な色もありましたのに。
2426_1


MSRのバックカントリーバーンなんて素敵だけどお高すぎますし。

41Kwk+2gRrL

この後継にあたるH.U.Bなんて構造的には自立性も高いのですが、5000ドルという価格はもはや簡易的な家を建てられそうです。
HUB_1



とおもったら、CAPTAINSTAGがEXGEARブランドで同じようなフレーム構成のテント兼シェルターを作っていたんですね。エクスギア シェルター。
バックカントリーバーンのデザインにインナーテントがついて前室もあるという、これはもうこの手のテントの最強版ではないですか。


_SL1500_


ただし、ロゴのセンスを除けば。。
折角の質の高いハイエンドプロダクトとしてエクスギアブランドの構築を考えたのでしょうけど、ロゴデザインとかWEBサイトとかを見ていると今のキャンパーの求める世界観を見逃しすぎではないかしら。。勿体ないです。ブランド構築させてくれないかな。。

しかし、物としては本当に良いテント兼シェルターだと思います。
お値段も6万円以下でお手頃(といってもそれなりですね。MSRを見ると勘違いしてくる)。
色もブラウン系でかなりいい感じです。






そしてそして、幾つかのブログで最近教えて頂いたThermarestのTranquilityが近日登場。
 
3月から日本のモチヅキが輸入するサーマレストのテント、「トランクイリティー」シリーズ、海外ではもう販売されているんですね。Tranquility=静粛?という意味にしてはちょっと可愛らしい、サーマレストがあたらしく作ったテントという事で興味津々。

Tranquility6_1

 
Tranquility6_5
Tranquility6_2
Tranquility6_4
Tranquility6_10

Tranquility6_6
Thermarest-Tranquility-6-Tent-1700061_b_6
非常にいいところをついてきたテントだと思いました。
形状は基本ドームテント状のA型フレームワークなので、MSRバックカントリーバーンやEXGEARのようなトンネル式に近いような形よりも安定、安心です。
動画サイトでも立ち上げ後に一人で持ち上げて移動させられるようなシーンがあって、かなりしっかりしているアピールがされていました。

・自立式
・6人用で3人家族でゆったり使える。
・自己責任ですが天井が高いのでストーブも入れられそう。
・天井の通気があるのも安心
・一人で設営が可能
・バッグがリュックになっていてマンション住まいには助かる。
・重量が8kg程度。 
・トンガリ屋根がちょっと変わってる
・他の人とかぶらない(いまのところ)
・シェルターとしての使用はできないのが残念。
・フットプリントを別で購入すると、フライシートと組み合わせてサンシェードとしての使用も可能。



Thermarest-Tranquility-6-Tent-1700061_b_2

一部サイトでフライシートがタープになるという情報もありましたが、誤りで、別売り3本ポール式タープがあって、このテントと併用できるという事みたいです。Tranquility 6 wingという別売りの商品。
Tranquility6_Wing_1
Tranquility6_Wing_2




ということで、このTranquility6、
出張の忙しい勢いでAmazon Franceで購入してみました。
新古品が格安だったので、つい。


実物の報告は帰国がまだ先なので遅くなります。
ただし、次の滞在地のホテルがちゃんと荷物のキープをしてくれていればですが。。





 

 







 

今月後半からの長期海外出張準備で年始以降忙しい日々です。
こんなとき、ついつい休んだ時のツーリングやキャンプの妄想をしてしまうんですね。
そんな勢いで手に入れてしまいました。


B-6君。
IMG_3506
勢いといいつつも、昨年自転車ツーリングをしたときからずっとこの手のコンパクトな火遊び焚き火台を考えて居たんですよね。

ヘビーロストルとメッシュグリルも一緒に大人買い。
グリルプレートは外への油落ちが酷いという使用レポートを見たので、メッシュグリルだけ購入にしました。
IMG_3507
本当に小さいですね。
IMG_3508
メイドインジャパンらしい繊細さ。組み立てもやや面倒臭いが道具を弄っている感じでいいですね。

しまった。
指紋を付けると最初に焚いたときに跡が残るってレポートもあったんだ。
既にべたべたと触ってしまった。。テスト焚きの前に拭かないとです。
IMG_3509
しかし、可愛らしいです。

笑'sのサイドの切り抜きロゴはちょっと恥ずかしいですね。


1ヶ月という長期出張から帰ったら使用感をレポートの予定です。










久しぶりにBE-PALを購入してしまいました。

2月号はLODGEとコラボレーションによって生まれた付録がついてる。
「ダッチオーブン形シリコンスチーマー」
ちょっとこれは可愛らしいです。今回は思わず反射的に買ってしまいました。 
IMG_3253

直径は88mm。最大部で105mm。高さは56mm。

一人分のレンジ調理もできるシリコンスチーマーとのことで、レシピも記事に書かれているみたい。
IMG_3241
IMG_3242
いわゆるシリコンです。
IMG_3245
折りたたみができてコンパクトなところが○。
IMG_3246
脚の部分もいい感じで再現されてます。
IMG_3247
初LODGE。
IMG_3252
早速柿ピーさんに登場していただきました。
スチーマーより、テーブルのにぎやかしとして小皿(小鉢?)としてぴったりな気がしますね。
中はちょっとつるっとした素材感でした。
IMG_3253

書店にはかなり積まれてましたけど気になる方はお早めに。
2,3個あってもいいかもしれません。


とりあえず、現段階まで雑誌はまだ開いてません。笑


 

SOLのエスケープヴィヴィを購入。

+5℃の幸せ。

冬キャンプに全然行けてないのに気持ちと物だけ準備しているという状況です。
IMG_2714
うちは春秋用のシュラフしかないので、いつかはダウンシュラフをと思っては居ますが、なかなか家族全員分を一気に買い換えとかむつかしいですよね。

であれば、あとは重ね着するか湯たんぽ、電源サイトで対応するしかないですが、
とりあえずワンランクアップした対応をしたいなと、シュラフカバーとして目をつけていたエスケープヴィヴィを入手。

これの良いところは、冬はシュラフカバーとして+5℃の対応もできるし、夏はシュラフ無しでこれ一つでも寝袋として対応ができる。夏のトレッキングや自転車ツーリングはこれだけで使用ならかなりのダウンサイズと軽量化ができる。夏はダウンシュラフの出番は無いですし。

また、同じSOLのエマージェンシーヴィヴィはシュラフの外に使うと内側が湿気で濡れるという話を聞いていましたので、通気性のあるこちらのエスケープヴィヴィにしました。
色はオレンジとオリーブ色がありますが、うちはナチュラルカラー推しなので、オリーブのみ。この色味も購入の大きな決め手となりました。


サイズは収納時で170mmx径100mm程度とかなり小さい。
IMG_2715

IMG_2716
タイベックとアルミを重ねたような感じでしょうか。でもタイベックよりも生地っぽさが強くて、耐久性も高そうです。布っぽい表情でへんなゴワゴワ感やカサカサ音も少ないところが魅力。

とりあえずそのままで寝てみる息子。暖かいと絶賛。かなり期待できそうですね。
一応素材にアルミ蒸着がされているので、多少は蒸れがあると思います。でもその効果でかなり暖かいですね。通常のシュラフよりも暖かさを保ってくれる印象です。
IMG_2717
ホントに寝てしまうし。。
IMG_2718
ファスナーは右端にあり、写真のタグの部分まで開きます。全開になりませんが足先の暖かさはしっかり維持できそうですね。ファスナーの質も壊れにくそうなしっかりしたタイプです。
IMG_2719
IMG_2720
IMG_2721
顔の周りはしっかりと紐で縛ることができて、暖かさ維持に貢献。
IMG_2722
IMG_2723
これはかなり使えそう。お手頃価格なのに良い買い物をしたと思います。
IMG_2726
IMG_2725
その名の通り、非常用としても使えるし(妻へのプレゼン用のマジックワード)、ファミリーキャンプのお供としてもこのサイズと価格なら持っていても損はないアイテムだなぁと思いました。




届きました。PENDLETON x NIKE iD。
とっても可愛らしいです。
IMG_2781
以前の記事
PENDLETON x NIKE
を書いて少ししてから、実際にナイキストア原宿でオーダーしてきました。
IMG_2657
実際のマテリアルと対峙。なかなか可愛いです。
IMG_2658
IMG_2659
自宅でネットで見ている時と同じ画面ですが、店員さんが違いなども丁寧に説明してくれます。ブランドがしっかりしているところのアンテナショップは店員さんの対応が徹底してフレンドリーで丁寧。
IMG_2660
ベースとなる靴はNike Roche One(ローシ ワン)。ペンドルトンシリーズはPremium Pendletonと名付けられてます。実際に試着もできたので、サイズの心配もなしです。

こちらはショップでのオーダーならではの特典、靴箱をかたどったBOX。中には自身のデザインした靴の写真の入ったカードが。これをニヤニヤしながら眺めて到着を待つのです。
IMG_2769

さて、待っている間、「制作が始まりました」「発送しました」という連絡がちょいちょいメールで届きました。気持ちを盛り上げますね。
・・ということで、オーダーから2週間くらいで届きますと言われていましたが、少し早く11日間で到着。
IMG_2770
ペンドルトンの生地でできたナイキ。なかなか良いと思いませんか。スニーカーをアウトドアシューズとして使う目論見に見事にマッチした佇まい。
IMG_2774
黒いソールが効いてると思います。かかとにはブルーのペンドルトンタグ。
IMG_2776
履いてみるとこんな感じ。
IMG_2779
靴紐の根本にあったメタルのプレートはちょっと華やかすぎるので取り外しました。左before 右after。
IMG_2778
先端のグレーになったところはシリコンコーティングです。オーダー時に有無を選べます。もちろん無い方がペンドルトンの生地が活かせてデザイン的にはいいのですが、この手の生地の靴はすぐに先端から穴が開いてしまうという事がわかっていたので、コーティング有りを選択しました。
IMG_2780
IMG_2782
IMG_2781
アウトドア用でと考えていますが、とりあえずアーバンユースで楽しみます。

初めてのNIKEiD。15000円くらいでできるセミオーダー。すごく楽しめました。
これはちょっと癖になりそうです。 

↑このページのトップヘ