Outdoor Life Designs

お金を掛けずに心地よい子育てアウトドアライフを目指して。

15歳の息子の居る父親です。なるべくお金を掛けないで心地よいアウトドアライフをめざしています。今までに気になったキャンプアイテムの紹介や、自分で行ったアイテムの改造など。たまに息子編もあり。

カテゴリ: camping item

カメラのストラップ事情について。
首から提げるとかハンドストラップとか色々試しましたが、旅の途中でさっと取りだして使う、というスタイルで良い物が見つかりませんでした。
以前はGRがメインだったので、ポケットからさっと取り出せたけど、今はミラーレスに超広角レンズ(前記事参照)なので結構大きいんですよね。

あるときピークデザインというブランドのキャプチャーという腰やリュックのショルダーに取り付けられるカメラクリップを発見。プロダクトの総称ではクイックリリースとも呼ばれてます。

実際の使い方はこんな感じ。
IMG_9979
リュックに付けたり。
IMG_9965
 腰に付けたり。

ちらっと見えている青いボタンを押しながらカメラをスライドさせるとさっとカメラが外せます。
これが非常に具合がよくて、今のメインの使い方になってます。 

購入したのはピークデザインのキャプチャー・・・ではなく、それのパクリ商品。ごめんなさい。


 本家はこちら。

 パーツとしては、カメラ側に付けるクイックシュー(ホットシュー?)みたいなパーツと、固定する側の本体の2ピース。
IMG_E9980
 ホットシューをカメラ本体取付。クイックリリース本体へシューをスライドさせるとカチッと固定されます。外すときは青いボタンを押しながらカメラをスライドさせる。
IMG_9963
クイックリリースをリュックのベルトに事前に取付。
IMG_9974
で、スライドさせて固定。
IMG_9976
 腰に付ける場合は本家ピークデザインのプロパッドというパーツを購入。


IMG_E9984
IMG_E9986
ベルトにプロパッドを通してからクイックリリース本体を取り付け。
IMG_9957
IMG_9961
スライドさせて固定。
IMG_9965
腰に付けるスタイルはリュックが無いときでも使えるのがいいです。

カメラ本体には細いハンドストラップを一つだけ付けて、落下防止としてます。


ということで、いつでもぱっと撮影できる、最近のお気に入りカメラスタイルでした。

 

以前から仕事や旅行で使っているカメラ。LUMIX GX7 Mk2(DMC-GX7MK2-K)。
IMG_9872
超広角のミラーレスカメラが必要で、ボディ本体よりも質の良い広角レンズ重視。知人のカメラマンに相談して進められたのがこれ。既に1年半くらい使用していて、最近後継のMk3(DC-GX7MK3-K)がでて型落ちになってしまいました。(逆にMk2が半額近くて今が買い時といえる)

そのレンズ重視で選んだレンズがLUMIX G VARIO 7-14mm / F4.0 ASPH。
本当に優秀です。 35mm版換算で14-28mmの超広角。
P1100757
標準付属の12-32mm / F3.5-5.6(35mm換算24-64mm)も持っていますが、ほぼ使ってません。旅行では7-14mmのこのレンズ1本しか使っていない。
P1080581
ノーファインダーでパシャパシャ撮りまくるという使い方をしても、いい感じで風景を切り取れちゃいます。
P1090021
P1080605
P1080052
P1080562
P1010156
P1080494
これらの写真、トリミング無し、みんな撮って出しそのままです。


そんな1年半も使ったカメラの記事を今になっての投稿になったのは、最近導入したハンドグリップ(DMW-HGR2-K)が凄くて凄くて。
IMG_98702

GX7 Mk2で唯一と言っていい不満点がコンパクトさを重視した結果のグリップ力の無さ。下の写真が元々の本体。見た目でも貧弱なグリップ。パンケーキレンズの使用であれば良いのでしょうけど、超広角の出っ張ったレンズでしっかりとホールドするには既存グリップでは厳しかった。
IMG_9870のコピー
GX7 Mk3発売と同時にこの問題を解決するグリップが発表されて飛びつきました。Mk2でも使用可能。早速導入したところ、本当に使い勝手が良くなりました。
IMG_9871
がっちり。
IMG_E9873
GX7 Mk2とMk3を使っている方には是非お薦めしたいとこです。



 







 

YETIのタイトルなんですけど、買ってもいないし、特にインプレもありません。

出張先だったテキサス。
IMG_8600
じつはここ、あのクーラーボックスのYETI発祥の地でした。
というのも町歩きをしている間にYETIのパーティーに遭遇。プライベートパーティーだったので入れませんでしたが、すこし写真なども。
IMG_8613
受付カウンターがYETI積み上げでできてて可愛い。
IMG_8614
IMG_8607
結構大きなショップ。
IMG_8609
IMG_8611
IMG_8612
IMG_8615
入りたかったなー。。

空港にもYETIタンブラーが普通に売ってましたね。
IMG_8655
IMG_8654
IMG_8653
最近ソフトクーラーが発売されたり色々アイテムが増えているみたいですね。現地では300-350ドル程度。
IMG_8656
写真にはないけど水色のハードクーラーボックスもあったりして、本場なので安くて買っていこうか結構迷いました。

てことで、あまり縁の無かったYETIが出張先にあったぜ報告でした。


 

アメリカに出張でしばらく来てます。
仕事も一段落したので、出張先のお楽しみ。ショッピングセンターに行ってきました。 

大手スーパーWalmart。
初めて行きましたが、凄い物量ですね。
IMG_8630
早速アウトドアコーナーへ。
猟銃の弾が売ってたり。
IMG_8643


IMG_8636
知らない名前のキャンピングブランドがありました。
”OZARK TRAIL”というブランド。PB商品っぽくこのブランドが数多くあります。オレンジのタグのものが皆そう。
 IMG_8645IMG_8646
これなんか面白い。正方形の自立タープの左右に追加するテント。
IMG_8647
この茶色のYETIタイプなクーラーボックスが欲しかった。持って帰ることを考えたらあり得ないので却下。でもこんなにいい感じなのに80ドルくらいですよ。
IMG_8644

IMG_8650
IMG_8648
IMG_8649

ということで、スタンレー初デビュー。8ドルくらいで棚に表示があったのですが、場所が違ったようで19ドルくらいでした。(Walmartあるある)
fullsizeoutput_3b8b


ミニテーブル買いました。
 IMG_8055
最近釣りによく行くので、コーヒーとかカップ麺とかの湯沸かし用にミニテーブルを使っています。キャプテンスタッグのアルミロールテーブルを使って居る方も多いと思います。僕もいままでツーリングなどでも相当お世話になってきました。
IMG_0342
IMG_4549
IMG_E7878
ただし、ちょっとコンパクトさに欠けるんですよね。あとは実用的すぎてお洒落感がないというか。上の写真ではナプキンを敷いたりしてすこし雰囲気作りをしたりして。(隠してるだけともいう)

SOTOの折りたたみタイプとか、似たようなスノーピークのものもありますが、5000円以上と高価。
さすがに買い替える理由も無かったのですが、先日アマゾン探索していたら良さそうなアイテムを発見。

キャプテンスタッグよりすこし小さいけど、折りたたみだしコンパクトにたためる。自動で開くわけじゃ無いですが、組み立てもそれほど大変じゃなさそう。
そしてSOTOの半額の2000円程度。

ということで買ってみました。
比較写真達。
IMG_E8047
収納ケースもついてきます。ちょっと大げさだけど質感は良いデス。
IMG_E8057
大きさはあまり変わらないけど、厚さが薄いのがよいです。
IMG_E8049
SOTOだとA4サイズだけど、それよりも少し大きいです。キャプテンスタッグより小さいけど、コンパクトさのほうが重要かも。
IMG_E8048
元々天板は2ピースですが、裏側でテープ止めして組み立てやすいようにしました。シルバーの脚を組んで完成。
IMG_E8050
IMG_E8051
湯沸かしとコップを置くスペースがあればなんでも作れちゃう。
IMG_E8054
茶色系アイテムが多いので、このブロンズカラーはとてもいいです。
IMG_8055
無名のアイテムですが、とても気に入ってます。





↑このページのトップヘ