Outdoor Life Designs

お金を掛けずに心地よい子育てアウトドアライフを目指して。

15歳の息子の居る父親です。なるべくお金を掛けないで心地よいアウトドアライフをめざしています。今までに気になったキャンプアイテムの紹介や、自分で行ったアイテムの改造など。たまに息子編もあり。

カテゴリ: camping item

今年は息子の受験が終わったら一緒にキャンプしようという話をしてます。
今、彼は勉強頑張り中。


ということで今後のキャンプをするイメージをしていたら、
ウッドタイプのローテーブルが欲しくなってきた。

今の現役テーブル達は。。

こんなのとか、
IMG_5738
こんなのとか
IMG_8055
こんなのとか、
IMG_4852
こんなのしかなく。。
IMG_2700

コンパクト化ばかり考えていたので皆小さいタイプなのです。


ちょっと大きめ、ウッドでたためるタイプがほしい。
ということで、海外のアマゾンから輸入してみました。


ウッドロールトップテーブル Table in a Bag
IMG_E2362
ロール状の収納時写真をとりわすれました。

パーツはこのような感じ。
IMG_2361
緑色の帯の部分、伸縮性のゴムで天板の板を繋げている。これを引っ張りながら横棒と脚部をねじ込み挿すと固定できる。これで安定します。
 IMG_E2366
足の先端に保護用のゴムがありますが、接着材が効かなくなって二つ取れてました。今度二液タイプの接着材で補修か、全て取ってしまうか考えよう。
IMG_E2367
ということで、ねじ込んで完成。非常にシンプル。
IMG_E2365
高さは41cm。68.5cm x 68.5cm。
ちなみに収納時は長さ68.5cm x 直径15cm。
重さは2.7キロ(日本のサイトには4キロ程度と書かれているけど誤り)
IMG_E2364
IMG_2363
木目がなかなかよい感じ。芝のサイトに映えそうです。

本体と送料で7500円くらいでした。
日本国内だと1万円を超えてしまうので、リスクはあるけどお買得です。
クリスマス直後のオーダーでも12日で到着。

使うのはまだまだ先だけど、楽しみです。





 










 

最強のホーロー鍋を入手しました。

ファミリーキャンプが趣味のみなさんは鍋への拘りもあるかと思います。
キャンプ用ということを考えると上に炭を乗せて使えるダッヂオーブンやストウブなど使っている方も多いかと思います。とはいえ、普段家での調理の方が使う日数は多いハズ。

普段使いもキャンプでもル・クルーゼを使っていた我が家ですが、内側のホーローが削れてしまって補修ができないとのこと。そこで思い切って家庭調理鍋の最高峰の一つ、バーミキュラを導入してみました。
高価ですけど、普段あまり物欲のない妻が欲しいと言っていたので誕生日にプレゼント。

写真だと小さく見えるけど22センチのタイプ。 
IMG_E0833
特長は精度が高くてフタの勘合部が隙間無く、密閉度合いがきっちりしているので無水料理ができる。旨味が逃げないこと。メイドインジャパンだからできるクオリティなんだそう。料理は科学と友人のイタリア人シェフが言ってました。道具で味は簡単にそして劇的に代わるんですよね。 
一応直火はOKですが、フタの上に炭は置かない方がいいみたいです。 
IMG_E0834
鋳物を作った後にフタと鍋の結合部分をミクロン単位で削りだしているらしい。
レシピブックも付いてました。高価なだけあってすごいおもてなしです。
IMG_E0832
IMG_E0831
ホーローはもし削れても有償で吹き直してくれるらしい。同時に色も換えられるそうな。ほんとに一生もんです。
IMG_E0836
ということで野菜をぎっしり詰め込んで煮込み料理をやってみました。
野菜の旨味がすごい。
fullsizeoutput_40b1
最近は釣れた鯛で鯛飯もやってみました。
IMG_E0839
お米の立ち具合がすごいです。
IMG_E0847
IMG_0860
キャンプだけでなく、日々の質を上げるアイテム。大事につかっていきます。





バーミキュラ オーブンポットラウンド 22cm 無水 ホーロー鍋 専用レシピブック付 マットブラック SUMI(炭) スミ
バーミキュラ(Vermicular)




アウトドア用のBluetoothスピーカーを新調しました。
前に使っていたBluetoothスピーカーはオフィス用に使いたいこともあって、新しいものを探してました。


今回購入したのはデンマークの高級オーディオブランド、Bang&OlufsenのディフュージョンブランドB&OPLAY(BEOPLAY)。ここのP2というスピーカーです。Bluetoothで防滴仕様。
IMG_0252
サイズが小さいけど、かなり音が良い。知人が使っているのを見てずっと欲しかったんですよね。BOSEと比べると低音が強すぎないので、クリアに心地よい音が出る。なのでアウトドアでも邪魔にならない音量で気持ち良く楽しめる。
IMG_0251
革紐がついているのでぶら下げるのも可。
IMG_0254
ボタンは裏面のロゴがスイッチになっているのみ。長押しするとスマートフォンとリンクします。あとは表面のスピーカー部分がタッチセンサーになっていて、ダブルクリックで曲のスタートストップ。それから再生中に本体を振ると次の曲に行くというギミックもあり。シンプルにする為の凝った作りです。
IMG_0255
問題は音量ボタンが本体に無いことなんですよね。スマホ側で調整する必要があり、キャンプ中に他の人が音量を下げたいときとかスマホどこどこ??状態になるんですよね。笑
IMG_0257
最初は100円均一で買ったケースを使ってましたが、
IMG_0259
義母が旧い布地で作ってくれたケースを使ってます。
IMG_E0271
ちょっと奮発してしまいました。いいものながく使いたいです。







アルパカストーブの記事など書いていて結構なアクセス数を頂いていることから、ちょっと気になる記事を載せたいと思います。


スクリーンショット 2018-06-22 16.21.48



元記事はこちら

Dozens of carbon monoxide alarms removed from sale on Amazon and eBay after failing safety tests


アマゾンなどで以前から格安で販売されていた一酸化炭素チェッカー。
キャンプ用ストーブとの使用をしている方も多いのではないでしょうか。

この度、イギリス消費者団体の訴えによって、このアイテムが検査がしっかり受けられていないと言う事で似たようなタイプの一酸化炭素チェッカー50種類を世界中のアマゾン・ebayが販売を無くした模様。

実際にアラームが基準値になっても鳴らなかったりしたようですね。
うちも一応持っていたけど一度も使うことがなかったままでした。もし使っていて何かあったら。。捨てておこう。。


下記の写真は違うタイプですが、この手の形の格安アラーム達は皆危険なようです。
お持ちの方は使用は控えた方がよさそうです。ご注意を。


スクリーンショット 2018-06-22 16.21.57

カメラのストラップ事情について。
首から提げるとかハンドストラップとか色々試しましたが、旅の途中でさっと取りだして使う、というスタイルで良い物が見つかりませんでした。
以前はGRがメインだったので、ポケットからさっと取り出せたけど、今はミラーレスに超広角レンズ(前記事参照)なので結構大きいんですよね。

あるときピークデザインというブランドのキャプチャーという腰やリュックのショルダーに取り付けられるカメラクリップを発見。プロダクトの総称ではクイックリリースとも呼ばれてます。

実際の使い方はこんな感じ。
IMG_9979
リュックに付けたり。
IMG_9965
 腰に付けたり。

ちらっと見えている青いボタンを押しながらカメラをスライドさせるとさっとカメラが外せます。
これが非常に具合がよくて、今のメインの使い方になってます。 

購入したのはピークデザインのキャプチャー・・・ではなく、それのパクリ商品。ごめんなさい。


 本家はこちら。

 パーツとしては、カメラ側に付けるクイックシュー(ホットシュー?)みたいなパーツと、固定する側の本体の2ピース。
IMG_E9980
 ホットシューをカメラ本体取付。クイックリリース本体へシューをスライドさせるとカチッと固定されます。外すときは青いボタンを押しながらカメラをスライドさせる。
IMG_9963
クイックリリースをリュックのベルトに事前に取付。
IMG_9974
で、スライドさせて固定。
IMG_9976
 腰に付ける場合は本家ピークデザインのプロパッドというパーツを購入。


IMG_E9984
IMG_E9986
ベルトにプロパッドを通してからクイックリリース本体を取り付け。
IMG_9957
IMG_9961
スライドさせて固定。
IMG_9965
腰に付けるスタイルはリュックが無いときでも使えるのがいいです。

カメラ本体には細いハンドストラップを一つだけ付けて、落下防止としてます。


ということで、いつでもぱっと撮影できる、最近のお気に入りカメラスタイルでした。

 

↑このページのトップヘ