Outdoor Life Designs

お金を掛けずに心地よい子育てアウトドアライフを目指して。

13歳の息子の居る父親です。なるべくお金を掛けないで心地よいアウトドアライフをめざしています。今までに気になったキャンプアイテムの紹介や、自分で行ったアイテムの改造など。。

カテゴリ: camping item

先日のPICA西湖キャンプで一番活躍したちょっと変わったアイテム。
一体なんでしょう。
この写真にあるのですが。。
IMG_6011
黄色いウォータージャグが目立ってますが。。




答えはコレ。
fullsizeoutput_365d
コテージのエントランスに装飾したイルミネーションなんです。

普段の自然を楽しみたいキャンプでは人口的な光は邪魔ですが、今回のようなファミリーキャンプならちょっとした雰囲気づくりにいいのでは?と思って以前買っていた物。
IMG_5976
細い導線にLEDがついているもので、アマゾンで1000円ちょっとで買ったもの。
僕もギラギラした光はイヤですが、暖色系の小さなLED。これだと他の人達が嫌がるほど光量は強くなくて、繊細で控えめだけどちょっとだけ他とは違う。そんな感じがよかったです。
IMG_5987
今回のPICAのコテージは同じようなサイズの建物が並んでいて、夜にお風呂やトイレなどで移動した両親や子供たちの帰宅の目印になったことが一番「使えた」理由です。母親が迷子にならずによかったと喜んでいました。
IMG_5944
施工は柱に軽く巻き付けただけ。銅線が適度にコシがあるので、丁度良く巻き付けやすかったです。
fullsizeoutput_365a
電源は単三電池3本。でもLEDだけあって2日くらいは余裕で点灯可能です。うちは日中も点灯させてました。電池ケースはパッキンがしっかりされていて、スイッチ部も含めて防水対応。屋外OKです。銅線の長さは10mと結構長いので、大きめのテントサイトでも十分かと思います。収納は細いので巻き取ればコンパクトに。
fullsizeoutput_365c
光量は一定ですが、LEDの点灯パターンが9種類くらいあります。ホタルのような繊細な強弱や、パーティーっぽい賑やかなチカチカ点滅など色々。サイトの雰囲気に合わせられるところが良いです。
他にLED色の違うバージョンも見つけましたが、ランタンなどと同じ暖色光源だけがキャンプサイトには似合うと思います。(それ以外の色は人口的すぎてキャンプに合わない)

ちなみに僕は使っていませんがリモコンもついているので、離れたところに設置した時は便利かとおもいます。あと、リモコンで12時間毎のタイマーなどもセッティングできます。(元々はクリスマスデコレーション向けでしょうね)
fullsizeoutput_3657

ということで普段自然を楽しみたい人でも、ファミリーキャンプやグループキャンプをセンス良くいい雰囲気にしてくれると思います。(しかも価格1000円ちょっとですヨ)







IMG_5340
古いクーラーボックス、思いつきでモディファイするも、失敗のお話。

コールマンのクーラーボックス。型番が6277/6278。
今でも売ってるみたいですね。28QT 6278-718G?
IMG_5314
20代くらいの頃に買ったのだろうか。いつ買ったかもよく覚えていない。
何故か家にあるのだが、蓋のヒンジ樹脂が経年劣化で外れて、蓋が丸ごと取れる仕様になってしまった。普段ソフトクーラーばかり使っているので倉庫に置きっぱなしだった。
IMG_5315
以前どこかのサイトでヒンジ樹脂だけ注文、交換ができると目にして、思いついてアウトドアショップにオーダー。500円くらいで2個セットの新品パーツを入手。
IMG_5319
fullsizeoutput_34e1
無事に交換。これで何十年ぶりかに機能がもどりました。
IMG_5321
さすがコールマン、定番商品は何十年経ってもパーツが買えるという。素晴らしいです。


・・と。
ここで記事が終わる予定だったのですが、パーツを買いに行ったついでに立ち寄ったセリアで木目調シート「リメイクシート」を手に取ってしまった。
以前Dapsさんの記事でコールマンスチールベルトにこのシートを貼った記事を見て、いいなぁ、と思いつつもスチベルと違ってうちのクーラーボックスは樹脂だし、表面が凸凹。これは貼り付けは明かに無理。
ただ、100円のシート2枚ですし、気が向いたのでダメ元の勢いで貼り付けをやってしまう事にしました。
fullsizeoutput_34e3
凸凹だからダメよね。
fullsizeoutput_34e2
まーでも時間あったから勢いで。

ドライヤー攻撃もあまり役に立たない。というかリメイクシートは良くも悪くも結構しっかりしていて、伸びにくいです。
R0037079
一見よさそうだけど、遠くからみたら・・です。
近くでみるとこんなにシワシワ。
IMG_5331
でも気分が変わったので、しばらくこのままで使ってみます。
IMG_5330
遠目ならアリ?
IMG_5338
IMG_5340
近くで見ないこと。








まだ売ってるってすごい。


最近我が家はデイキャンプばかりなのでソフトクーラーばかり使ってます。うちのはこのブラウンカラー。保冷はほぼないですが一応保冷剤と一緒に入れればデイキャンプくらいならアリです。氷とか期待しちゃだめ。ビールも最近は常温ばかり、味わいがあって美味しい。(強がりじゃないデス!)


お手頃なのはこのへん?





このあたり、良いお値段ですが保冷が結構できると最近話題。気になりますね。










屋上でちょっとした焚き火時間を息子とすごしました。
まだ息子がテスト期間中のために、なかなか出かけられず。夜だけでもちょっと楽しもうかということに。
IMG_5255
ルミエールとUCOの焚き火台。活躍中。
で、息子はこれから塾に行ってくるというので、一旦父親ひとりぼっち。あとで、なにか焼き焼きしようということで、帰りにソーセージを買ってきてくれるらしい。
IMG_5259
ビールをお先に頂いてソーセージ待ち。
IMG_5264
IMG_5265
IMG_5266
ソーセージ到着。
IMG_5267
IMG_5268
美味。こういう時間、最高ですね。
IMG_5275
最近お気に入りのスウェーデンのカトラリーLIGTH MY FIRE。
IMG_5276
IMG_5274
そして、息子くんは今夜はタープのみで、またしても屋外で寝てみるそうな。
R0037076
R0037074
翌朝「ちょっと寒かった・・」「でも少し慣れてきたかも」「真夏ならタープだけってありかも」
だそうです。徐々にエクストリームに慣れてきてる。。

















 

ヘッドランプ、買いました。
以前アップしたボタン電池式のGENTOS超格安ヘッドランプ
このときはとりあえず家族全員分の個数が必要だったので、コスト最優先で手に入れた物でした。(当時は3個でも2000円で収まっちゃった)たまの宿泊キャンプでの使用なら非常に安くてコンパクト、明るさも十分で使いやすかったのですが、最近夜釣りなどするようになってボタン電池の消費が激しくなってきました。ボタン電池も100円ショップで買える物ですが、長期的に見たらコストアップであります。

ということで、自分の分だけですが、どこでも電池が手に入る単三電池式のコンパクトヘッドランプをモンベルで手に入れました。価格も2200円なので長い間使うならボタン電池式よりも結果的にはリーズナブルになりそうです。
IMG_4790
fullsizeoutput_345e
ダブルクリックでONになる機構や、雰囲気重視のオレンジの照明や光量重視の白照明(強と弱がある)と点滅など、色々モードを変えられます。

それに合わせてずっと気になっていたクラッシャブルランタンシェードも買っちゃいました。IMG_4791
白い巾着みたいなものですが、ヘッドランプにかぶせると反射でランタンになっちゃうという、かなりのアイデア商品。
IMG_4793
IMG_4795
テント内にぶら下げるとかなり効果を発揮できそうです。
IMG_4797
モンベルってこんなかんじの面白い商品がちょいちょいあってなんとなく気になりますね。



 






キャンプやアウトドアの極意として、
「如何に効率よく(道具の重さやサイズダウンを計って)遊びを楽しめるか?」
ということばかり最近言ってきましたが、
「この現代において、無駄な事を如何に楽しむか? 」
という本質的なことも非常に大切です。

無駄なことができるのは動物とはちがった人間の特権ともいいます。
そういう意味では、家で快適にすごせばいいのに、わざわざ重い荷物を用意して外に出て過ごすというのは高尚な事なのかもしれません。

・・そんな言い訳が必要な無駄なアイテム。
コールマンのルミエールランタンを買ってしまいました。 

それほど明るくないし、かさばるし、燃料も他のアイテムはCB缶で纏めて居たのに、新たにOD缶のアイテムであるルミエールランタン。
でも炎のもたらす雰囲気が素晴らしく良いのです。
IMG_5110
IMG_5088
効率化ばかり考えているほどストイックでもなく、たまにこういう雰囲気重視の無駄な買い物がしたくなったります。とはいえ、大型のガソリンランタンまではかさばりすぎて飛び込めないので、せめて、テーブルの上だけでもほんわかできるアイテムを。。ということでの落としどころのルミエール。

対抗馬はスノーピークの「ノクターン」。
サイズ感やクールなデザイン、お手頃価格によってルミエールの後発にもかかわらず激売れしている理由はよくわかります。(因みにショパンの曲名にもあるノクターン(夜想曲)のネーミングは秀逸。)

しかし、ルミエールの炎を形どった柔らかな火屋の形状は、機能性だけではない雰囲気作りの為のアクセントとしてノクターンよりも優れているように僕には見えました。(はいまた言い訳)
IMG_5094
ずっと欲しかったルミエールですが、OD缶のカバーで悩んでいました。

・カバーは欲しい。
・でも手作りする時間があまりない。
・革のカバーはちょっとヘビーすぎる印象。
・テンマクの缶カバーはへら絞りの技術が素晴らしいけど、単にカバーで4000円は高価すぎる。

・・という感じで、僕も踏み切れませんでしたが、最近知ったminneというハンドメイドアイテムのネットフリマサイトで、丁度良いお手製ペーパークラフトのカバーを売って下さっている方を見つけました。簡単にカード決済で購入ができるのが良かったです。
オーダーから一週間もしないうちに到着。
IMG_5113
これが安価にもかかわらず、しっかりとした作り。サイズも缶に合わせて作られていて、驚くほどぴったりでした。本当にペーパークラフト?と感じるほど素材の質感が良かったです。
IMG_5116
fullsizeoutput_34cb
OD缶カバー、本当に良い買い物ができました。
オーダー先の方のページをリンクしましたので興味あるかたは下記にアクセスしてみて下さい。
minne 2525worksさん
※色や対応缶サイズのオーダーも可能です。ちなみに僕が選んだ色の組み合わせはこちら
IMG_5098
ということで、食卓や外ごはんで早速使ってます。

使ってみると、ルミエールランタンは炎のゆらぎが目に心地よいアイテムだなぁと感じます。
光量という機能性は乏しいですが、気持ちを穏やかにさせる効果がありますね。

「テーブルの上の焚き火」と言ってよいのではないでしょうか。
IMG_5108

IMG_5184
IMG_5186
IMG_5216

IMG_5223


それにしても、このブログ自体が「壮大な遊びの言い訳日記」なんだと今日再認識しました。笑










※ルミエールランタンはコールマンのガス缶の使用を勧められていますので、他社缶の使用は自己責任で。


↑このページのトップヘ