Outdoor Life Designs

お金を掛けずに心地よい子育てアウトドアライフを目指して。

15歳の息子の居る父親です。なるべくお金を掛けないで心地よいアウトドアライフをめざしています。今までに気になったキャンプアイテムの紹介や、自分で行ったアイテムの改造など。たまに息子編もあり。

カテゴリ: cycle

親子自転車ツーリングへの道、いよいよ準備OKになってきました。
GWにテストで一泊してきます。

中国製の格安パニアバッグを一度オーダーしましたが、紛失したと言われ、キャンセル。中国からの発送者は本当にダメですね。お金をけちりすぎも危険です。

新たにオーダーしたパニアバッグ。早速装着です。
急にツーリング仕様としてキリッとしてきました。
IMG_0180
UNICOのKONNIXリアパニアバッグ。左右合わせて46Lもあります。
一人ツーリングだったら、シングルテントとシュラフを左右にそれぞれ入れて、さらにその上に着替えやクッカーなど入れられる余裕がありました。あとキャリア中央上部にマットレスがすっぽりと置けて丁度よい感じでした。
IMG_0186
後ろのボトルホルダーがかなり使えます。
IMG_0187
取り付け部分はゴムバンドにフックが付いているのみで、ちょっと心配ではありますが、その後の使用で全く問題ありませんでした。ナイロンベルトで止められるので、フックが外れてもエマージェンシーになります。
IMG_0183
IMG_0184
IMG_0181
バッグの蓋にポケットがあって、なかからレインカバーが出てきます。バッグ自体に縫われているのでなくす心配もなし。反射板が効いてます。
IMG_0182

IMG_0190
ミノウラのリアキャリアとぴったりでした。


IMG_0185
IMG_0188
荷物を入れて試乗。
いよいよ出発準備OKです。
IMG_0267
IMG_0263









親子で自転車ツーリング準備、着々やってます。


今回は大人用サイクルヘルメット。
息子のヘルメットはつけさせていましたが、よく考えたらツーリングに同行する自分にも必要でした。ミニベロだしお気楽ツーリングなのでカスクなどカジュアルなものを当初は検討しましたが、何かあったらマズイと思って使うヘルメットなら、やっぱりちゃんとした物にしようかと再検討。カスク、可愛いですけどね。








とはいえ、あんまりばっきばきに速そうなヘルメットは抵抗があります。調べてみると、お洒落で格好いい街乗りや普段着に合いそうな物も色々。

街乗り向け、というデザインはマット系カラーと帽子のつばがポイントですね。しかし皆2万円以上と高額。街乗りモデルはなんとなくハイエンドモデル的な位置づけになってますね。

さらに色々調べていくと、OGKのKOOFUブランドから、既存のヘルメットにバイザーだけを追加するアイテム「ビットバイザー」という素晴らしい物が存在するらしい。




既存のお手頃ヘルメットにこれを組み合わせて、格安なのにセンスよいヘルメットにしてしまおうと方向性をしぼりまして。。

いきなり完成品。
IMG_9465

BELLのシケインという5000円以下で購入できる優秀なヘルメットに、1000円ちょっとのビットバイザーを取り付けてオリジナル街乗りヘルメットが完成。

BELLのシケイン、安くとも本当によくできたヘルメットです。マットブラックカラーも派手すぎずに大人っぽい丁度よい感じです。写真より実際は黒く見えます。元々はプラスティックのバイザーが付属していて、これがノーマル状態。もちろんこれでもデザインも良いですが、街乗りにはちょっとかっちりしすぎな印象ですね。
IMG_9469
IMG_9472
中もかなりしっかりしている。フリーサイズで12才の息子でもアタマの周囲が56.5センチの僕でもフィットできました。さらに大きい人でも対応できそう。そのうち息子に譲ってあげられる。
IMG_9473
IMG_9466
素のままでも格好良いのです。

さて、付属バイザーを外し、ビットバイザーを取り付けます。
IMG_9462
中央をすこしカットして、間にベルクロを貼り付けてつなげます。
IMG_9461
IMG_9460
ビットバイザーは元々OGKのプロダクトですが、他メーカーなどで内側にベルクロが無いヘルメットでも、こうしてちょっとの加工で取り付けられますね。短時間で工作は終了。完成しました。
IMG_9465
IMG_9467

なかなかいいかんじ。帽子のつばがヘルメットの樹脂素材と違って布地になっているところが普段着に近くなっていいんでしょうね。

ちょっとの工作でお手頃価格なのに良い街乗りヘルメットができあがりました。









 ビットバイザー、今回僕は黒系でまとめたのでブラックカラーにしましたが、本当はインディゴがおすすめ。異素材感が出ていて可愛らしくなると思います。

他にも色数増えてます。。




息子が被ってる写真を参考に載せときますね。

IMG_0879
IMG_0874
 

追記
ビットバイザーの新しいタイプが出たんですね。
透過性のあるタイプ。特にロードタイプだとバイザーで視野がふさがれる恐れがありますが、これなら安心ですね。雨の時もいいかも。

 

追記2
その後、妻用のもっとタウンユースによさそうなタイプを見つけました。
記事はこちら。
「ミニベロ帽子型ヘルメット」 




 

親子自転車ツーリング準備第一弾につづき。。

自転車をツーリング仕様に変更中その2。
IMG_9328
今度は自分のミニベロ(ビアンキ)にも荷物を積めるようにリアキャリアを取り付け。

シートポストへ付けるタイプです。
IMG_9330
IMG_9331
ちなみにフロントにはFREITAGのバッグを使用してます。
IMG_9329
ということですぐに取り付けは完了しました。
IMG_9334
IMG_9335
IMG_9333
ラインがセンターのチューブと一直線になるとよかったのですが、ちょっとだけあがってますね。
耐荷重は10キロとのことですが、そのイメージ以上にしっかりしています。はやく荷物を載せてみたい。

ツーリングに向けて後方確認用のミラーも用意してみました。小さいミラーでもかなり効果があるらしいですね。小さくて可愛らしいですが、ちゃんと樹脂ではないミラーでした。結構綺麗に後方が見えます。ハンドルバーと径が合わないので一部カットして取り付け。
IMG_9344

IMG_9336
IMG_9337
IMG_9338
IMG_9339
IMG_9342
IMG_9343

息子のクロスバイクにも取り付け。
IMG_9347
IMG_9348
IMG_9346
着々と準備が進行中。準備ってそれだけでも楽しいですね。



かなりしっかりしてます。うちの自転車にはシルバーをチョイス。

キャプテンスタッグとあるけど、全然違うブランドでした。。格安なのでいいのですが。
 

小学校卒業の息子にお祝いでクロスバイクを購入。
IMG_8985
北海道を自転車ツーリングしたいという夢がある彼。その第一歩になるのでしょうか。

自転車は名の知れたブランドではなく、格安スーパーのMr.MAXで購入。IMG_8993
IMG_8989
IMG_8988

それでもアルミフレームとSHIMANOの6段ディレーラー、700Cのタイヤなど結構ちゃんとしたスペックでした。これで2万円程度。中国製なのはいうまでもなく、今後の耐久性とか色々あるかと思いますが、壊れたところを自分で直しながら長く大事に使っていくのもありかと思っています。タイヤなんかはすぐパンクするでしょうね。

暖かくなってきましたので、そのうちに親子でテント泊のツーリングもいいなぁと画策中。
これから色々パーツを取り付けてバージョンアップさせていきましょう。

とりあえず、今週はリアキャリアを取り付け。定番MINOURAのMT-800N。
IMG_9283
もちろん自分で取り付けです。
IMG_9281
IMG_9282
IMG_9284
IMG_9285
ステーの取り付け穴がありませんでしたが、追加パーツなしで取付ができました。優秀。
IMG_9286
IMG_9289
一気にツーリング用の自転車になっていきますね。キャリアはかなりしっかりしています。amazonで評価が高いのも頷けますね。なんでステーだけシルバーなのかは気になりますが。。


それから自分の部屋に自転車を収納するべく、室内収納用の台座を木材で自作。
アイデアは教えてあげましたが、自分で日曜大工してました。

壁に立てかける事もかんがえましたが、立ち上げると自転車が結構なボリューム感だったので、床置きに決定。木でタイヤを挟み込むパーツを二個つくり、ベッド横に立てかける形になりました。ホームセンターでもらった木っ端で制作。
IMG_9323
IMG_9322
IMG_9321
動かないように床用の両面テープでとりあえず固定。結構しっかり自立してくれてうまくいきました。時間ができたら塗装してもいいですね。


近々ツーリング用にテントも計画もしなくてはなりませんね。







 

ビアンキのミニベロに乗って5年くらい経ちますが、先日タイヤに傷が発覚。 

折角なので、自転車で北海道を旅したいという夢があるらしい息子と一緒にタイヤ交換をする事にしました。北海道ツーリングがいつになるかわからないけど、このくらいできないとマズイので何事も経験。
IMG_6565
こちらがビアンキのミニベロ7というモデル。20インチで格安。お手軽に乗れるモデルです。
フレームはクロモリではないですが、いろいろ弄る素材としてもそれほど悪くないバイクだと思います。
泥よけなど外してシンプルな仕様に。
サドルなどスリムなタイプに交換済み。
バッグはFREITAG(フライターグ)のサイクルバッグ。
潮風もある地域なので、部屋へ収納。
週末にはなるべく乗ってます。

ここが問題の亀裂。 
IMG_6567
早速交換です。
IMG_6576
元々は結構太いタイヤ20x1.50でした。
IMG_6580
ここは折角なので、細めのタイヤ、パナレーサーのミニッツタフ20x1.25に交換。高速化に期待したいです。このタイヤ、サイドがブラウンカラーのタイプはもう生産終了だとかで在庫のみのよう。買えてよかった。
IMG_6581
IMG_6582
流石に子供の力では難しい所もあったのでサポートしつつ、なんとか交換できました。
少しはよい経験になったかも。
IMG_6589
翌朝の試乗会。
僕のバイクなのですが、既に11才の息子が乗れるようになってしまった。(脚の長さがとかそういう話は無しで)結果、乗り心地はしっかり硬いです。しかし、かなり軽快で速い。見た目も細いタイヤはスッキリしてよい感じですね。あとはフレンチバルブの細さもいい感じです。
IMG_6593
IMG_6590
IMG_6591






 







↑このページのトップヘ