Outdoor Life Designs

お金を掛けずに心地よい子育てアウトドアライフを目指して。

15歳の息子の居る父親です。なるべくお金を掛けないで心地よいアウトドアライフをめざしています。今までに気になったキャンプアイテムの紹介や、自分で行ったアイテムの改造など。たまに息子編もあり。

November 2015

息子のエアーマットがたった1シーズンで穴が空いてしまいました。
キャンプで朝起きたらぺちゃんこで体が痛くて起きたとか。。

これ、ダメでしたね。。

それで、追加でコットと思ったのですが、かなり重量もあり息子の分は一旦リーズナブルなマットの中から探していました。 候補が幾つか。。

キャプテンスタッグのEVAフォームマット。
サーマレストがいいのはわかってるんですけど、こちらはあまりにリーズナブルですね。口コミによるとクッション性は十分みたいですけど、保温性が足りないみたいですね。2200円。重量は270gで軽量だけど、収納はかさばる。(13×12.5×56cm


もう一つは口コミでかなり評判のいいダバダのエアーマット。この値段でコンパクト性と十分な効果が得られるみたいですねえ。2200円。サイズは小さくたためますが、(約32cm×15cm)995gと結構重い。


ダバダにしようと思って居ましたが、
・コンパクトさ・重さ・エアータイプの空気抜けリスク
なども考えてみると、結局安いモノなのでエアーの穴開きリスクも多いと判断して、軽いEVAフォームのマットに決定。すこし寒くなる頃に選んだのでEVAフォームの方が温かそうに見えちゃったんですよね。
IMG_7223
IMG_7222
IMG_7221
で、届きました。試しに一日就寝してみましたよ。
この容積でこの軽さは驚きますね。
クッション性もこの上にシュラフだったらそれほど嫌な感じでは有りませんでしたし、保温性も今のところ十分でした。本当なら二枚重ねとかしたいところですがかさばり過ぎですね。。これに毛布をかけての使用はあり得そう。しかし、空気を入れたり抜いたりの作業がないのが楽ですね。

可も無く不可も無くな選択ではありますが、こういうアイテムが意外に何年も生き残ったりすることもキャンプアイテムあるあるということで、暫く使ってみます。

結局は息子用マットも夫婦と同じようにコットになったりしてね。これ、かなり重いから辞めたのですけどね。

 


初めてヘッドランプを手に入れました。超小型のLEDタイプ。
IMG_7431
IMG_7427
GENTOSのヘッドランプ。HC-12SLです。名称は「LEDヘルプライト」をいいます。コンパクトが故に光源が強くないのであくまで「ヘルプ」レベルということなんですね。既に型落ちの機種です。
電源はボタン電池CR2016が2枚だけで16時間も持つとのこと。LEDさまさま。既に電池はスペアを大量買いしてストックしましたので心配なし。

トイレの遠いサイトなどでは手持ちでGENTOSランタンを持って歩いていました。ですのでヘッドランプは特に必要とは思って居なかったのですが、アマゾンを見ていたりすると、格安の誘惑が。汗
なによりこのアイテムの凄いところは1台がたった600円程度という価格。 家族分揃えても安い。。と考えて、息子の分と合わせてお取り寄せしてしまいました。
IMG_7428
アマゾンの評価もかなり良いことと、600円台で購入できるので勢いで試してみましたが、実際に試してみたところ、暗闇であれば十分な光量が得られました。
写真は暗闇で壁に向かってiPhoneで撮影した感じですが、結構明るいです。この丸いレンズの部分に光が集約されていますが、その周囲も若干明るくなっています。暗闇でもうすこし距離の引きがあれば目の前の周囲はある程度の光量が確保できそうです。深夜のベッドサイドの手元ランプとしてはもちろん、ちょっとトイレにと言うときも、これで十分。(テストといって楽しくて真っ暗闇の家の中を徘徊しました。笑)
IMG_7423
IMG_7424
クリップになるのも使い勝手がよさそう。
IMG_7429
ランプ根本の角度調整は樹脂でカチカチと角度調整できるタイプですが、この根本はすぐにダメになってしまいそうですね。(アマゾンの評価にもありましたが)この角度調整部分に負担が無いように、使用する際に逆さま(少し上を照射したいときは)にすると劣化が少ないとおもわれます。
ちなみに、バンド部分の内側は軽くグリップする素材になっていますので、おでこにフィットします。
バンドが細いのもコンパクトだし、おでこで主張しすぎなくて良いデスね。
IMG_7426
タトンカのハンガーロープから吊り下げての使用も使えそうですね。
これは良い買い物ができました。たった600円でこのクオリティー、本当に素晴らしいです。





ちなみにこっちは候補案だった180ルーメンの新しいタイプ。ボタン電池ではなく通常の電池式で最後まで悩みました。(値段で負けました)



 


キャンプグッズで意外と使える「すのこ」。
IMG_7107
細々したものだけど、荷物置きやテント前の靴脱ぎ用などでその効果は侮れません。
ケーヨーD2でタンス内で使うための桐すのこが3枚100円で売っていまして思わず購入しました。
IMG_7058
360mmx150mm  t15mmの超小型サイズ。
IMG_7105
桐自体繊細なウッドですので、重量が軽いことと、この商品がコンパクトサイズだったのでどこにでも仕舞うことができるので結構使えそうです。大きいよりも小さい物をいくつか用意して組み合わせる方がキャンプサイトでは使い勝手が良さそうです。
IMG_7106
なにか他のモノを塗る時にでもダークブラウンに塗装したいと思います。

ただし、試しに片足で乗っかってみると「パキ!」
折れませんでしたがヒビは入ったかも。。
荷物置きとしての用途のみが宜しいようです。。笑

桐 すのこ ミニ
㈱アイビーシー



 

 


カテゴリにWinter Sportsを追加しました。

シーズン突入に向けて色々準備していこうかと思います。
5才くらいに初めてスキーをやった息子ですが、しばらく行けていませんでした。
去年から再度やり始めたのですが、一旦レンタルで過ごしていたんですよね。
しかし、レンタル料が高いですね。
息子の道具はサイズがどんどん変わるのでレンタルするにしても、親の分は格安の中古でイイ道具がないかなと探し始めています。

BOOKOFFの大きな店舗が近くにあるので行ってみると、まだまだ使えそうなスキー関連の道具がお手頃値段であるんですね。当然ながらデザインや機能のトレンドなどありますが、 10年くらいまえであれば既にカービングの流れが来ているので、今のスキーともそれほど違和感なく使えるのではないかと思って居ます。

IMG_7398
ということで、今回はスキーポール(ストック)を購入。
色々あって迷いましたが、ブラックダイヤモンドの7,8年前のカーボンモデルにしました。
IMG_7393
古いモデルだけど、カーボンは金属疲労もないので耐用年数がかなり長いというメリットがあります。
バックカントリーのスキーポールで有名なのはブラックダイヤモンドとK2、ということで安心かなと。バックカントリー自体はする予定はありませんが、ポール長さを105センチから125センチまで変化させられるので、いずれ息子が使ってもサイズは大丈夫というメリットも。
一番短くしても1mくらいあるのですが、バーツをはずして束ねたら60センチ程度になるので、先端を交換していずれはトレッキングにも使うという目論見もあったりします。

ストラップの古いロゴは今やアンティークの趣。
IMG_7395
簡単に長さの調整ができるフリックロック機構がブラックダイアモンドが選ばれる長所。
IMG_7397
おおきめのバスケットが可愛らしい。
IMG_7396
年に数回しか行けないスキーであまりコストを掛けたくありません。
1回分のレンタル費用でフルセットを揃えることだってできちゃう値段で、良質な中古アイテムを買うというのは賢い選択ではないでしょうか。モノはしっかり吟味する必要はあるけど、大事なのは家族で共有する時間だと思います。

スキーやブーツも同じところで以前購入したので、こちらはまたあらためて。。 



IMG_7371
文化の日なのに、あまりにも天気が良いアウトドア日和。
朝起きてからの思いつきでどこかに出かけようということになり。我が家から15分くらいで行けるふなばし三番瀬海浜公園でタープを張ってのキャンプ、というよりピクニックですね。

この砂浜、千葉県港湾管理条例で砂浜でのBBQをはじめとした火気の使用が2013年末から禁止となっています。これは本当に残念で仕方が無い。これだけ心地よくて美しいビーチがあるのに、ここで御飯つくって食べたいですよね。おそらくゴミなども含むマナーも色々悪かったんでしょうかね。

今は防風林の内側の公園で管理された「手ぶらバーベキュー」なる場所を代わりと用意していますが、残念ながらそこからはビーチが見えないんです。
ということで、ビーチで過ごしたい僕達はランチボックスを持参していきます。
IMG_7352
到着。
IMG_7354
海!満潮から潮が引き気味に。ほとんど人が居ないのはいいですね。
IMG_7391
施工開始。内陸の草の生えている場所=ペグの効く場所。息子が色々やってくれてます。
IMG_7392
完成。タープとラグを敷くだけですけどね。いつも思うけど、屋根があるだけで自分たちのスペースと感じられる安心感ってすごいです。
IMG_7357
思いつきだったのに十分なランチを妻に用意してもらい。美味。
IMG_7363
ごろごろして。
IMG_7382
恒例のUNO。
IMG_7370
静かです。
この防風林の奥の公園で管理BBQスペースがあり。そちらは賑やか。
IMG_7364
IMG_7360
しかし、本当に良い天気。
秋ですね、赤とんぼが周囲を飛び交っていました。

ビーチでBBQができない事によって、この静けさと落ち着きが生まれたということなら、もしかすると結果的にありなのかもしれませんねぇ。(バーナーくらい許して欲しいけどね。。)

撤去して。帰宅です。
IMG_7385
IMG_7386
広いスペースや舗装路もあって、カイトとかローラーブレードとか色々持ってくれば良かった、と息子。
これくらいの凪だったら、カヤックもありですね。また近々来ましょう。







 

↑このページのトップヘ