Outdoor Life Designs

お金を掛けずに心地よい子育てアウトドアライフを目指して。

15歳の息子の居る父親です。なるべくお金を掛けないで心地よいアウトドアライフをめざしています。今までに気になったキャンプアイテムの紹介や、自分で行ったアイテムの改造など。たまに息子編もあり。

October 2015

先週、イワシやサヨリが凄い勢いで上がっているという話を聞いて、検見川浜を通り抜けて、市原の海釣り公園に行ってきました。

市原市海釣り公園
IMG_6986
ここは名称がネーミングライツされているので、何年かに一度スポンサーによって名称が変わります。現在は「オリジナルメーカー海釣り公園」となっています。

海際にある管理棟の先に離れたところにある桟橋。そこが海釣り公園になっています。結構深さがあるので、投げずにそのまま真下に落とすような釣りです。道具の貸し出し、エサや仕掛けの販売、お昼も食べることができます。もちろんトイレも綺麗で、結構快適に過ごせます。一般は900円程度払って入場。子供は小学生までは無料です。子供はライフジャケットを貸し出してくれて、着用が必須です。(息子はカヌー用の自前ライフジャケットで。。)

当日は雨模様。
IMG_6994
毎日ウェブサイトで釣果を報告してくれています。近辺の状況の目安にもなるので、良くチェックしています。ここで釣れる情報があると、朝のうちに入場者が満員になってしまい、入場規制も時にはあるようです。この日も6時からオープンですが、雨にもかかわらず入場の列ができていました。
IMG_6995
サビキに自作集魚板を追加。サビキの上下に。
自作集魚板

と、早速サヨリさんが!
IMG_6984
いいね!
IMG_6985
その後、サヨリは急に釣れなくなりますが、その代わりにイワシの大群が押し寄せました。
サビキ仕掛けですが、この時点でコマセ(撒き餌)がなくても釣れるようになっていました。
IMG_6989
鈴なりのイワシ!
IMG_6990
数が多すぎて針から外すのが大変。
IMG_6992
雨でびしょびしょになりながら、結局3時間くらいでサヨリ2匹、イワシは100匹以上は釣り上げたでしょうか。
IMG_6993
息子と二人で協力しても捌くのが大変でした。
鱗を取って、頭を落としつつ、内蔵をだして、あとは指で背骨をとって開く。

調理は妻にしてもらいました。
IMG_7015
お魚は良く水分を切って、耐熱皿に敷き詰めます。そこにチーズ、ピザソース、オリーブオイル、パセリをまぶします。「Gratinato」(グラティナート)と言われる、パン粉とチーズをまぶしたオーブン焼きです。イタリアでは魚貝類でよくやる家庭料理。パセリは自家栽培です。

焼けた。
IMG_7011
IMG_7012
美味しく頂きました。イワシさんに感謝。

5月くらいから屋上で育てていたバケツ稲。

無事に先日収穫しました。

IMG_7002
息子が小4の時に学校でやったらしいのですが、今年種籾を自分で育てると貰ってきたので、父親もやりたくて息子から教わりつつやってみました。ちなみにJAとかで種籾って貰えるらしいですね。

バケツは家にあった物と、ダイソーで100円で買ってきたシンプルな黒いゴミ箱を鉢として使用。屋上の鉢はほぼ黒で統一しているので、黒に拘ってのセレクト。土は近所の田んぼで声かけて分けて頂きました。栄養分たっぷり。

実ができてから雀に食べられないようにおおまかにネットで囲っていました。
でも近所にカラスの巣があるようで、雀はあんまりいないようで食べられることもありませんでした。

ここまで大きくなり。
IMG_7004
いよいよ収穫。
IMG_7006
IMG_7003
IMG_7008
屋上に乾燥中です。
数日後に脱穀していく予定。


残った藁でわら人形を作りはじめた息子。。。一体なにをするんだ。汗。
IMG_7009
IMG_7005

基本的には一回水抜きをしたくらいで放置していた稲育てですが、こうやってそれなりの量を収穫ができたのは嬉しいですね。


育てて採って食べる、人間の根源的な事を体感するのはいいものです。
近日中に脱穀、試食レポート致します。



↑このページのトップヘ