Outdoor Life Designs

お金を掛けずに心地よい子育てアウトドアライフを目指して。

15歳の息子の居る父親です。なるべくお金を掛けないで心地よいアウトドアライフをめざしています。今までに気になったキャンプアイテムの紹介や、自分で行ったアイテムの改造など。たまに息子編もあり。

September 2015

海外出張で自由時間ができると、ホームセンターとか家電店とか雑貨店に行くのが大好きです。
バルセロナでも、ホームセンターに行ってきました。
場所はガウディ建築「カサ・ミラ」の近所で、「カサ・バトリョ」の真裏。

なんかキャンプグッズ的な物が無いかな。。格安で(ここ大事)。
IMG_6806
イギリス製で有名なDirect Designの焚き火台。。。のタイプ。これはバルセロナの企業が作っているそうな。価格は30ユーロ(4000円くらい)で、日本で購入してもスチール製だとほぼ同じくらいですかね。
IMG_6801
IMG_6800
ランタン。このタイプのカートリッジは今の日本ではほぼ見ないですよね。
IMG_6807
格安木箱。大きくても3000円くらい。
IMG_6810
IMG_6813
ドキドキするような巡り会いには出会えませんでしたが、キャンプというより、ガーデニンググッズという感じのアイテムが多いですね。ホームセンターだから仕方ないですねぇ。

最後の写真はメッシュ状のタープが欲しかったのですが、130ユーロ位(18000円くらい)してました。もっと安いと思っていたのに。。残念。

木箱みたいな大物が格安だったりして、持って行けないものに興味を持つことも多く、ただただ、もどかしいだけでした。



最後はカサ・ミラの入場渋滞を眺める。
IMG_6799



バルセロナに出張中です。

出張時はキャンプネタはすこし休憩、と思って居ましたが、移動中の機内で面白い番組に遭遇。
IMG_6694
数ある映画やビデオ番組などの中に、ケーブルテレビ向けに作成されたキャンプを紹介する番組がやっていた。「富士の麓でキャンプ」という番組。若手芸人にスノーピーク社員の方が設営から料理まで一緒にやっていく番組でした。

残念ながらこのロケの日は本気の土砂降り。
IMG_6697
IMG_6696
スノーピークの社員の方が登場なので、当然ながら道具は全てスノーピーク。
スノピグッズを使うと今までのキャンプとは違った、質の高いキャンプができますよ?っていう切り口ですね。
IMG_6698
ヘキサタープ、ランドステーションなど設営。
昨年日本で一番売れたテントとしてアメニティドームも紹介。
IMG_6700
IMG_6695
コロダッチで作るジャガイモに、にんにくオリーブオイル掛け。
キャベツ丸ごとにコンソメと豚肉を投げ入れるだけの調理など紹介。

初心者向けに「今のキャンプってこんな風に楽しいよ」って事を伝えたいという内容はとっても理解できました。(「協力:スノーピーク」の宣伝番組感は凄い感じでした 笑)

いずれにしても、こういうマニアックな番組が機内での限られたコンテンツの中に入っているという事は、昨今のキャンプブームがキテいるなぁということを感じさせますね。
IMG_6703
パリでトランジットの後、バルセロナへ。
IMG_6712

ハモンイベリコ。美味です。




久しぶりに検見川浜でイワシ狙いの釣りです。
IMG_6680
以前の記事で作ったキラキラアイテム を実戦投入。

しかし、周りも含めて全く釣れません。。魚影はあるんですけどね。
IMG_6674
サヨリが入って来ているということで、サヨリ狙いに切替。
はんぺんで釣れるってことなんですが、買って来たはんぺんがゆるすぎて針から外れてしまう。。
サヨリの仕掛けとサビキ仕掛けを混ぜた仕掛けを即席で作りましたが、残念ながら本日はノーフィッシュ。 

近くの方に頂いたサヨリ。
IMG_6679
IMG_6684
お刺身にして一度食べてみたいと思ってました。
三枚におろして、
内骨をとって、皮をむく(これをしないと生臭い)
するとこんなに小さくなってしまいました。。。
IMG_6685

しかし、美味。
新鮮なイカのように、とろっとした上質な甘みが口の中に押し寄せます。
小さいし、捌くのはかなり面倒ですが、この味は見返りがありますね。

近々、本気でサヨリ狙いで攻めるのもいいかも。
その為には長い竿と良いリールで遠くまで飛ばすことは必須ですね。。
作戦を練らなければ。。


ちびちび買い物をしてしまいます。
先日の道志の森キャンプ場は、トイレにペーパーが無かったんです。
トイレットペーパーを素のまま持って行っていたわけですが、帰ってきて調べたら、こういうものにもケースがあることを知って、早速購入。

Shrug Design ロールペーパーバッグ。
IMG_6664
切り株のデザインが可愛らしい。
いくつか色がありますが、我が家のサイトはベージュやブラウン系なので、切り株カラー「ウッド」のみ狙います。

生地はいわゆるウェットスーツ用の伸縮性のある厚手の生地です。
トイレットペーパーの芯を外して、バッグに仕込んで、中央から引っ張り出す仕組み。トイレットペーパーの芯は結構はずしにくくて、そうこうしているうちにつぶれちゃいますね。 
IMG_6659
IMG_6665
あとは、使っていると中央が少なくなっていくので、ぺちゃんこになりやすいみたいです。その対策としては2Lのペットボトルをカットして、その内側にペーパーを入れてつぶれないようにするという方法があるようです。近々やってみようとおもいます。

100均にあるようなカラビナと紐が付属していますが、邪魔そうなので僕はカラビナだけにしました。持っていきたいときは腰にひっかけると良さそうです。 
IMG_6662
裏技としてキッチンペーパーを半分にカットしてこれに使うっていう人も居るみたいで、それも興味ありますね。キャンプだと調理などで基本キッチンペーパーの方が多用しますから。
他に面白い使い方としては、これをレギュラー(500)のガスカートリッジのカバーに使っている人も居ました。ランタンなどの場合は缶の余計はグラフィックを隠す事ができてすごく可愛らしいと思います。

サイトにこれが佇んでる姿を早くみたいなぁと思います。



 
追伸

後日、タープ下に吊り下げてみました。
付属のカラビナを下にとりつけて吊り下げると、とっても使いやすかったです。

IMG_6880
IMG_6881
 IMG_6867
もちろんテーブルに置いた姿もかわいらしいです。



スノーピークからレインボーストーブというものが発売されるんですね。

14598_main

https://store.snowpeak.co.jp/page/409 

こ、これ、カラーがブラックですけど、トヨトミのストーブじゃないですか。
冬キャンプできたらなぁ、とずーっとほしい物リストに入れっぱなしのトヨトミのストーブ。
スノーピークの製品はOEMなんでしょうね。


こっちがトヨトミ製。

K0000415722





トヨトミの方が濃いグリーンでそれこそコールマンのランタンの小型版の雰囲気で、可愛いんですよね。
毎年、冬の中頃には在庫がなくなってしまい購入をあきらめるのですが、トヨトミ製の方が断然安いので、スノピOEMのおかげで今年は早く売り切れてしまうかも。。どうしよう。


冬キャンプとなると、そもそもシェルターがないとできないので、僕の場合はそこから考えなくてはいけないですし、ストーブ自体を考えるにしても薪ストーブも気になるところですし、色々悩ましいです。

 
傘は無いけど同じモデルベースのこっちのカラーも可愛らしいですね。
この方が他のアイテムに似合うという人も多そうです。なにより2万円以下と安いのがイイですね。
シェルター欲しい。。






↑このページのトップヘ