Outdoor Life Designs

お金を掛けずに心地よい子育てアウトドアライフを目指して。

13歳の息子の居る父親です。なるべくお金を掛けないで心地よいアウトドアライフをめざしています。今までに気になったキャンプアイテムの紹介や、自分で行ったアイテムの改造など。。

September 2015

実家のクローゼットの片付けを依頼されて先週やってきました。

本やらアルバムやら色々懐かしい物がでてきて良くある全く捗らないパターンでしたが、その中に20年前に購入したアウトドアグッズがタイムカプセルの様に出てきました。完全に忘れていた。。

IMG_6969
なつかしいマウンテンスミス TOURPACK。

イタリア車FIAT COUPEのピンズが付いてる。
ボリューム感のあるウエストバッグが格好良くて、マウンテンバイクをやっていた頃によく使っていました。今でも全然使えそうです。小物入れとして丁度良い。

今でもブランドがあるのかな?と調べたらありました。グリーンはもう無いのかな。




もう一つ。
IMG_6970
モンベル バロウバッグ BURROW BAG ♯4

さすがに20年前のシュラフ、化繊だけど使えるのかどうか心配。洗濯して干して。。
IMG_6971
テスト。
IMG_6972
IMG_6977
これが全く問題なし。保管状況も良かったのでしょうか。ベトベトもゴワゴワも全くなし。バロウバッグの特長である窮屈にならないように作られた伸縮性も保たれています。モンベルのシュラフって耐久性がすごいんですね。流石の日本製だ。

モンベルのシュラフは耐寒性能ごとにナンバーが振られてまして、今は♯4は売ってないみたい。
モンベル(mont-bell) 寝袋 バロウバッグ #3 バルサム 右ジップ [最低使用温度1度] 1121273 BASM R/ZIP
モンベル(mont-bell)
2014-03-19

息子のシュラフが子供用で小さくなってきたので、これにバージョンアップして使うとのこと。自分の使っていた道具が購入して20年後に息子に継承されるっていいですね。長く使える良い物を手に入れるってのはこういう事があるのですね。(でも放置してたんだけど 笑)

思いがけないタイムカプセル。
まだまだ使えますので、大事にしていきたいとおもいます。

 








息子が書店で見つけた凄い本。

「冒険図鑑」野外で生活するために   文・さとうち藍  絵・松岡達英

 IMG_6960



「野外で生活するために」というコピーの通り、キャンプをハジメとした屋外ライフの為の実用書。

シンプルだけど緻密なイラストがたくさん入っていて、子供でも大人でも本当に楽しんで勉強できる本です。

IMG_6961
IMG_6964
IMG_6963
IMG_6962
イラストのおかげで感覚的に色々な知識が頭にすっと入っていく感じが心地いいです。

「歩く」「食べる」「寝る」という基本的な行動を野外でするときのコツや注意点など、的確にイラストとその横の文章で説明。さらに「作って遊ぶ」「動物・植物との出会い」や、「危険との対応」といったコンテンツもあって、キャンプで親が実施として教えることの他に、知識として入れて置きたい内容がほぼ全て網羅されています。
1985年は初版なんだ。。自分も小さい頃に出会っておきたかったな。

今、息子が熱心に読んでいるところ。
我が家のキャンプグッズの中にいつも入れておきたい本です。


そうそう、お父さんが子供より先に一度真剣に見ておくこともお薦めしますヨ。笑




 他にもシリーズが色々あるみたいで、今後息子と一緒にチェックしてみたいとおもいます。





SW二日目は久しぶりに亀山湖にカヤック。

3人乗りのカヤックはまだまだ重量的には家族3人乗れますが、今日は息子と僕だけでカヤックで、妻はタープ下を守って貰います。

IMG_6893
IMG_6854

IMG_2766
IMG_6882
持って来たおにぎりとスープでランチとUNO。

まったくカヤックやる感じなくここまで。笑

IMG_6891
IMG_6896
現地到着後3時間くらい?あとに準備OK。

IMG_6888
彼岸花が美しいですね。
IMG_6887
出航です。
IMG_6898
IMG_2701
出航して早々、息子の頭にイナゴがいる。。笑
暫くじっとしてたけど、どこかに行ってしまった。
IMG_2731
IMG_2727
IMG_2755

IMG_2751
IMG_2752
入り組んだところに入っていくと流れも無く、なにか出てきそうな空気。
リアルジャングルクルーズです。

2時間の息子とのカヤックを楽しんで無事に帰宅です。










連休初日にサヨリ釣りのリベンジに行ってきました。

市原くらいまで行くとイワシ もサヨリも凄いって情報があったので、イワシ狙いだったんですが、検見川浜だとあまり良くなかったですね。サヨリ狙いの人達だけしか居ませんでした。

そもそも早朝に行かないで、昼前に行っている時点であまり本気じゃない感じですが。。

今年は9月末にしては全体的に少しサイズが小さいようですね。
とはいえ、2週間前の釣りの時より明らかに大きくなっていて、10月になればさらに大きくなりそうです。ただ、10月になると地元漁師さんの間でサヨリ漁が解禁になるそうです。いつも海面に居るサヨリは複数の船で一気に網ですくわれてしまい、フィッシングで釣れる量が明らかに減るんだそうです。隣で釣っていたおじさんネタ。次のサヨリ釣りは早めに行っておきたいですね。

ということで、一応釣れたサヨリさんを連写。
IMG_6832
IMG_6834
IMG_6835
22センチくらいの大きさ。
何度見ても奇麗なサカナです。

「君はサヨリみたいだね?」
こんなスリムで奇麗なサカナを見ていると、この言葉を女性の方が言われたとしたら「細身で美しい女性ってことかしら?」と思いますよね。先ほどの釣りおじさん曰く、サヨリはお腹を開くと内蔵のある内側が真っ黒なので「あなた腹黒いですよ?」ってことらしいですよ。今度使ってみようかしら。笑


すごい発見。タトンカのタープ、3TCをお使いの方、必見です。

・・と自分だけが感動しているパターンかもしれませんが、タトンカ3TCをお使いの方には是非マネして欲しいアイテムです。

タープ下にハンガー用のストップロープを吊り下げて、LEDランタンをはじめとして色々なアイテムを下げたいと思って居ました。デイジーチェーンとも言われますね。
物干しハンガーロープというものが100円ショップでも入手できるという話だったので、ダイソーに行って早速チェックしてみましたが、色が蛍光ピンクとか蛍光ブルーで、さすがにタトンカのナチュラルな色に合わない。

そこで、アマゾンをチェックしたところ、白のハンガーロープを発見。
5倍の価格ですがサイトの雰囲気を考えたら選択肢はこれしかあり得ません。



オーエ KHハンガーストップロープ ホワイト
 

 


 
IMG_6868
ハンガーロープの両端にはS字フックが購入時からついています。
先日のデイキャンプで早速テスト。実際は若干の生成り色で、余計にタトンカの質感に合います。
IMG_6870
IMG_6869
タトンカのタープエンドのループ部分にギリギリで引っ掛けてみると、驚くことに3TCのセンターの対角線の長さと全く同じということが判明。完璧にフィットします。
IMG_6874
調整無しでこの張り具合。物をすこし吊してみましたが、嫌なたるみではありません。
IMG_6872
IMG_6871
IMG_6893
長さの調整が必要だとてっきり思って居たので感激していますが、単にサイズぴったりでよかったというだけのお話しでございます。とはいえ、タトンカユーザーの方には是非真似して欲しいですねえ。

↑このページのトップヘ