Outdoor Life Designs

お金を掛けずに心地よい子育てアウトドアライフを目指して。

13歳の息子の居る父親です。なるべくお金を掛けないで心地よいアウトドアライフをめざしています。今までに気になったキャンプアイテムの紹介や、自分で行ったアイテムの改造など。。

アルファロメオの仲間と釣りのツーリング。「釣りんぐ」へ。

中央道石川PAで集合。壮観です。
fullsizeoutput_34b2
IMG_5059
さくっと上野原で降りてからは、気持ち良いヒルクライム。
18620714_1550120388341974_4877611327139808738_o
秋山渓谷に到着。バーベキューのできる管理釣り場です。
山の反対側は道志みち。この週末は真夏の暑さの快晴でキャンパーも非常に多かったでしょうね。
IMG_5062
しかし30度近く。暑いです。
IMG_5063
管理釣り場なのでさくっと食材調達釣りもして、BBQタイム。
fullsizeoutput_34aa
友人がエレクターシェルフをカットして作ってくれたマス焼きオートメーションフレーム。笑
かなり効率的に焼き焼き。
IMG_5066
朝9時から滞在して午後は1時くらいの早めに解散。
渋滞もなくドライブを楽しんで帰ってきました。
IMG_5067


スキレット人気、すごいですね。ニトリがスキレットを出してから、今はどこでも格安で似た物が当たり前のように売っていますね。
ダイソーでも300円で売っていました。

ニトスキが出た頃に、100円均一で売ってる100円ライター革カバーがハンドルに使えるよ?というどなたかのブログ記事を見て、いつか買ってみようと思うもずっと欠品でしたが、先日全く別の売り場で発見。元々欠品じゃなかったのでしょうか。

本革のライターキーケースホルダーを数個購入。
fullsizeoutput_349f
キーホルダーの部分を外してかぶせるだけ。
うちのはニトリのスキレットですが、ダイソーのスキレットにも試したら使えました。
IMG_4989
今やハンドル部分もオリジナルで作る人も増えちゃって、今更感の記事でございます。
 
ということで、100均で買えちゃう6インチスキレット用、革ハンドルカバーでした。  

前記事UCO焚火台のその後。

ロストルを購入しようと検討。
UCOの焚火台は内寸幅が335mm。ロストルの幅としては110mmくらいが丁度よさそう。

ということで、335mm x 110mmくらいのロストルがあるとよい。

ユニフレームのユニセラのロストルが使えるという記事を見て寸法を調べました。
ユニフレーム ユニセラTGのロストルサイズ 307mm x 78mm(実寸)

価格は600円くらいですが、取り寄せに500円くらいかかるらしいです。
また、現在は6月まで欠品中だそうで別の案を模索。


お得意のダイソーへ。
そこで見つけたのが水切りスタンド。欲しいサイズでした。
328mm x 95mm

入れてみるとユニセラのロストルよりもよい感じ。
IMG_4990
ただし、当然ですが、水切り用なのでロストルとしての扱いは不可のメッキ製品です。
「火や熱源のそばに置かないこと」とある。
自己責任であります。
fullsizeoutput_349e
試しにバーナーで炙ってみたら、メッキが灼けてきました。
IMG_5040
熱源に触れるので、何回か使ったら処分でしょうね。
本当はちゃんとロストル用の方がいいんでしょう。皆様も自己責任で。

※その後何回か焚き火をしましたが、しばらくは全く問題無さそうです。


ついでに焼き網も購入。一部だけ網をカットして動かないようにしてみました。
片側は固定されていないので、炭の位置調整とかも純正の網よりもしやすいです。
IMG_4992
純正の網よりも目が細かいので焼肉とかにはこっちを使ってみようと思います。







↑このページのトップヘ