Outdoor Life Designs

お金を掛けずに心地よい子育てアウトドアライフを目指して。

13歳の息子の居る父親です。なるべくお金を掛けないで心地よいアウトドアライフをめざしています。今までに気になったキャンプアイテムの紹介や、自分で行ったアイテムの改造など。。

息子がテスト準備期間ということで、父親は遊んで貰えないという先週末。
友人と夜釣りに行きました。今回は外房、勝浦に。

このところ神奈川側はお魚が集まっている情報がありますが、房総側はお魚が居ないらしい。そんな話がありつつも、なんとなく外房に賭けてみたい千葉県民。目標はアジ、釣りたいな。


夕方から釣り開始。
IMG_5124
小さいサバとか、カタクチイワシとか、フグとか、ネンブツダイとか、小さい黒ムツなど、パラパラと釣れるのみ。一応五目釣りは達成!という、小さな目標達成に喜ぶ。
IMG_5123
フグさん、きゅーきゅー言ってます。

暗くなってきたので、コーヒーでもいれる。キャンプ道具は釣りでも大活躍。暖かい飲み物や食べ物は心を落ち着かせてくれますね。
IMG_5126
妻謹製のおにぎらず。至福のひととき。
IMG_5129
夜は更けていきます。
IMG_5128
サビキ釣りが反応薄いので、釣れたネンブツダイや黒ムツをエサにして大物狙いをしていたら・・
fullsizeoutput_34d1
またもアナゴさん登場。
今回はクロアナゴです。60センチの大きさはかなりインパクトがありました。
IMG_5131
満足して帰宅するも、捌くのは大変でした。
fullsizeoutput_34d5
捌くとたいてい身が小さくなっちゃうのですが、今回はかなりの量。隣の小さいのはイワシ君と小サバ君。
fullsizeoutput_34cf
竜田揚げにして美味しく頂きました。ふわっふわ。
IMG_5215
房総のお魚、めっきり釣れなくなってきているみたいですね。温暖化とか潮の流れとか、色々な要因があるようですが、戻ってきて欲しいですねぇ。アジ、釣りたいです。




 

どうも、息子です。
学校でのストレス等がたまり(中学生もストレスたまるときがあるんですよ・・・) 
ぼくのアウトドア愛読書「野宿完全マニュアル」の言葉にあった
「野宿は最高のストレス解消法である」
それを思いだし、土日に野宿をしたくなりました。
でもせっかくなので来る夏休みにそなえ、ずっと検証したかったことをやってしまおうと思い
そのテーマは・・・
シュラフonlyで寝てみよう!!
R0037058

先日クロスバイクを持つ友人から
「夏休み子供だけで自転車にテントを積んで愛媛いかね?冒険しようぜ!!」
いやいやいやいや愛媛って四国だぞぃ!?大冒険だなぁ(゜Д゜)
で父上と相談し、まずは千葉県内でってことになり
いっつもサイドバックとかヘビー装備でのろのろとしか走ったことがないので、
バックパックだけでスゥーっとツーリングしたいなぁ。

でもテント重いなぁ、と思って父上の登山・トレイル雑誌をみたら
なんとシュラフだけで寝ている方がおるではないですか!!
これなら軽量でスゥーっと走れるぞぉ(・∀・)
でもしっかり寝られるの?大丈夫?

だったら試すしか手はないでしょう。


学校から帰って日が暮れる前に設営だぁ
バンッ
IMG_5045
結局日暮れた・・・
構造としては下にグラウンドシート、その上にマット、そしてシュラフ、頭の部分に傘を
(厳密にはシュラフではなく、さらに軽量な以前父上の記事で爆睡したシュラフカバーを使用)
傘は飛ばないようにオモリをつけて♪ ローソクに火つけて♪
R0037056
就寝♪ 意外と快適。
そして朝、寝れたには寝れましたが
ちょっと足下が夜露で濡れてて(中は濡れてませんでした)頭がぼーっとする・・・
でも頭は傘のおかげで濡れませんでした。
fullsizeoutput_34b5


ぼーっとしたのは、慣れてないからかしっかり眠れてなかったのかもしれません。
R0037064
結果。。シュラフだけで寝るテストは、
自転車ツーリングではちょっと頭がボーっとしてちょっと危険、
歩きでの旅ならまだOK?(登山はNG)。って感じでした。
結局夏のツーリングは一応テントがあったほうがいいかも・・・
fullsizeoutput_34b8



話し合いの末、友人の軽量テントを借りることに決定しました。
来たれ夏!!(台風来ないぐらいに)
来たれ灼熱の太陽!!(熱中症にならないぐらいに)
うなれ筋肉!!(筋肉痛にならないくらいに)

中間テスト明けあたりは道の駅しょうなんまで友人と夏の全装備を持って試走を予定してます。
夏のツーリングは初の二泊に挑戦しようと思っております。
有り難うございました。

IMG_5051























 

キャンプやアウトドアの極意として、
「如何に効率よく(道具の重さやサイズダウンを計って)遊びを楽しめるか?」
ということばかり最近言ってきましたが、
「この現代において、無駄な事を如何に楽しむか? 」
という本質的なことも非常に大切です。

無駄なことができるのは動物とはちがった人間の特権ともいいます。
そういう意味では、家で快適にすごせばいいのに、わざわざ重い荷物を用意して外に出て過ごすというのは高尚な事なのかもしれません。

・・そんな言い訳が必要な無駄なアイテム。
コールマンのルミエールランタンを買ってしまいました。 

それほど明るくないし、かさばるし、燃料も他のアイテムはCB缶で纏めて居たのに、新たにOD缶のアイテムであるルミエールランタン。
でも炎のもたらす雰囲気が素晴らしく良いのです。
IMG_5110
IMG_5088
効率化ばかり考えているほどストイックでもなく、たまにこういう雰囲気重視の無駄な買い物がしたくなったります。とはいえ、大型のガソリンランタンまではかさばりすぎて飛び込めないので、せめて、テーブルの上だけでもほんわかできるアイテムを。。ということでの落としどころのルミエール。

対抗馬はスノーピークの「ノクターン」。
サイズ感やクールなデザイン、お手頃価格によってルミエールの後発にもかかわらず激売れしている理由はよくわかります。(因みにショパンの曲名にもあるノクターン(夜想曲)のネーミングは秀逸。)

しかし、ルミエールの炎を形どった柔らかな火屋の形状は、機能性だけではない雰囲気作りの為のアクセントとしてノクターンよりも優れているように僕には見えました。(はいまた言い訳)
IMG_5094
ずっと欲しかったルミエールですが、OD缶のカバーで悩んでいました。

・カバーは欲しい。
・でも手作りする時間があまりない。
・革のカバーはちょっとヘビーすぎる印象。
・テンマクの缶カバーはへら絞りの技術が素晴らしいけど、単にカバーで4000円は高価すぎる。

・・という感じで、僕も踏み切れませんでしたが、最近知ったminneというハンドメイドアイテムのネットフリマサイトで、丁度良いお手製ペーパークラフトのカバーを売って下さっている方を見つけました。簡単にカード決済で購入ができるのが良かったです。
オーダーから一週間もしないうちに到着。
IMG_5113
これが安価にもかかわらず、しっかりとした作り。サイズも缶に合わせて作られていて、驚くほどぴったりでした。本当にペーパークラフト?と感じるほど素材の質感が良かったです。
IMG_5116
fullsizeoutput_34cb
OD缶カバー、本当に良い買い物ができました。
オーダー先の方のページをリンクしましたので興味あるかたは下記にアクセスしてみて下さい。
minne 2525worksさん
※色や対応缶サイズのオーダーも可能です。ちなみに僕が選んだ色の組み合わせはこちら
IMG_5098
ということで、食卓や外ごはんで早速使ってます。

使ってみると、ルミエールランタンは炎のゆらぎが目に心地よいアイテムだなぁと感じます。
光量という機能性は乏しいですが、気持ちを穏やかにさせる効果がありますね。

「テーブルの上の焚き火」と言ってよいのではないでしょうか。
IMG_5108

IMG_5184
IMG_5186
IMG_5216

IMG_5223


それにしても、このブログ自体が「壮大な遊びの言い訳日記」なんだと今日再認識しました。笑










※ルミエールランタンはコールマンのガス缶の使用を勧められていますので、他社缶の使用は自己責任で。


↑このページのトップヘ