Outdoor Life Designs

お金を掛けずに心地よい子育てアウトドアライフを目指して。

13歳の息子の居る父親です。なるべくお金を掛けないで心地よいアウトドアライフをめざしています。今までに気になったキャンプアイテムの紹介や、自分で行ったアイテムの改造など。。

2018。スタートしましたね。
今年も宜しくお願いします。
このブログも2015年の初夏から始めて4年目になります。
前ほどキャンプはできなくなっていますが、息子ともども色々なアウトドアライフは続けていきたいなぁと思います。

年末に菅平高原でスノーボードです。息子はスノーボード初参戦。妻のウェアをそのまま着られるようになりました。靴なんて26センチ。これだけレンタルします。
IMG_8223
僕の板は20年くらい経っていて、使おうと思ったらバインディングが割れてしまった。仕方なくその場でレンタルしましたが、後日帰宅後にバインディングのみ新しく買いました。
IMG_8224
前日に雪がすこし降ったおかげで最高のコンディションでした。
IMG_7911
リフトはつかわずに歩いて登って練習を繰り返します。
IMG_7931
何度も練習してなんとなくゆっくりと下りられるようになってきました。
IMG_7921
今シーズンにあと二回くらいやりたいですね。そしたらどこでもいけるようになるかも。
IMG_7937
僕も久しぶりのスノーボード。気持ち良くできました。スキーとちがって常に両足で立っているからか、太ももへの負荷はすくないように感じましたね。気のせいかな。。
IMG_8257
久しぶりの雪山走行は行きも帰りもドキドキワクワクしますね。
IMG_8266
また近々時間を作っていきたいです。

アルファロメオに冬支度。

スタッドレスに交換とあわせて、ずっと付けていなかった純正スキーキャリアを装着。
IMG_7894
 スポーツワゴンにスキーキャリアは気持ちが上がりますね!

今年は息子がスノーボードをやってみたいらしい。
スケジュール作れるかな。。そこが問題だ。汗

 

どうも、息子です。

関東がありえないくらいにさむくなりはじめましたね。
冬になると春のジロ・デ・イタリアまでプロレーサーは基本的にはシーズンオフということになります。
そんななか一度しかしたことがなかった
走行距離100キロ超えツーリング(・∀・)
にガチで挑戦してみました。
国道296号(成田街道)をずっと下って九十九里浜を目指します。
でも時間的に十一時になったらで来た道を引き返すタイムアタックで目指します。
装備はもちろん完全防寒で。。

IMG_7731

父に新しいモンベルのレインジャケットを買って貰ったのでウィンドブレーカーがわりに、
スパッツはレーパンと重ねて三枚重ねです。最近の自転車の冬用レーパンだと一枚だけで十分らしいですね。
早朝に出発です。
R0037216
成田街道入りまーす(・ω・)
まずは市街地をえんえんと走っていきます。ここまでは以前の夏休みツーリングと同じですが自衛隊の所あたりでで曲がりましたがどんどん下っていきますよぉ(´д`)
平均時速二十五キロほどでで淡々と走っていきます。
そして市街地をぬけて成田に入りました。
R0037217
空綺麗。。
途中ミニクーパーのパーツ店に寄りました。
R0037226
R0037220
実は昔から将来ミニ、メイフィアに乗りたいと夢みてるんです。
いつかまた来ますねぇ〜
そして坂道をジックリ登って成田空港が見えてきました。R0037229
飛行機が近い(゜Д゜)
でもまだ中間地点です。どんどん進みます。
R0037231
そして田園風景を抜けてついに(゜_゜)
R0037235
成田街道制覇!!
え、野手、、、”浜”?
この先に九十九里浜があるぞぉ(゜Д゜)
初の九十九里、時間的にもそこをゴール地点にしましょう。。
延々と続く田園をカントリーロードを口ずさみながら突っ走ります
あと少し、あと少し、、、
え、、、でも浜なんて見えないのですが、、、
調べてビックリまさか浜まで六キロもあるなんて。
02
でもちょっとずつ潮のかおりがしてきました。
そしてついに堤防を乗り越えて
R0037241

ついたぁー(・∀・)
ストップアンドゴーの多い市街地、成田周辺の長い坂、長い田園区間
疲れました。でも今回は実質千葉県横断したことになるので達成感ありますね。
R0037242


帰りはホントにへとへとで大変でした。
帰って総走行距離を確認してみたところ
約130キロを走破していました。
いままでの最高距離です。

今回のツーリングは距離が長かったぶん達成感があって
この達成感は何にもかえがたいですね。
改めて自転車の魅力に気付けました。
次は寒いので春頃に桜の綺麗な所、、、鎌倉あたりに是非行ってみたいです。







↑このページのトップヘ