Outdoor Life Designs

お金を掛けずに心地よい子育てアウトドアライフを目指して。

13歳の息子の居る父親です。なるべくお金を掛けないで心地よいアウトドアライフをめざしています。今までに気になったキャンプアイテムの紹介や、自分で行ったアイテムの改造など。。

どうも、息子です。

ついに長かったテストが終わり、自転車が解禁になったので初秋の自転車ツーリングに行ってきました。
いつもの利根川方面にしようか悩みましたが、行き先は。。


「ぶらり東京名所巡り旅」
↑ドクロべいの声で脳内再生してください(笑)

  
R0037154
早朝から行ってきます。
R0037156
夜が明けてきました。

R0037157
今回新装備を二つ導入
まずキャットアイのリアライト、さすが天下のキャットアイ、百均と比べると圧倒的な照度。。
中々コスパもよくしっかり仕事してますね。


お次に大人気トピークのボトルケージ、友人から譲り受けました。
ということでいつも使っているミノウラのボトルケージをダウンチューブに移動して
ここにパンク修理用具、簡易工具、方位磁石のセットで装着、ケースはメガネケースで代用。
サイズ調節ができるボトルケージなので、しっかりフィットできました。
R0037159
R0037158
皇居着、以外と近かったですね。
でも川が多くて市街地を通らなくちゃいけなかったので道が複雑でした。
R0037165
fullsizeoutput_3818
東京駅にて、このあとはせっかくなので東京の名所巡りです。
fullsizeoutput_3811
秋葉原も行きましたが朝早すぎて店がやってない・・・
いたのはニンテンドースイッチの行列だけでした。
次いで上野公園の西郷隆盛像、よくニュースとかで見ますけど本物見るのは新鮮ですね〜
R0037167
おじさんが水で絵を描くパフォーマンスやってました。干支を書いてたみたいです。
IMG_20170924_093305
上野公園の神社にて
お祭りでもやるのか屋台がいっぱいいましたね。
IMG_20170924_094628
美味しいにおいの誘惑に耐えられず、やきとりを購入。
旅先で美味しい物を食べると疲れが吹っ飛んでもっと美味しくなる心理ですね。笑
IMG_20170924_094719
父のすすめでアメ横にもよってみました。りんごが安かったので買おうか迷いました。
IMG_20170924_095946
その後は一回一人で来てみたかった東京スカイツリー!!
旅の締めくくりにはちょうどいいですね。


やっぱり日曜日は観光客でごったがえしてましたね。

自転車の人も多い、、、中学生3人組で走ってる人もいました。(完全レーサーの人々でしたが、、、)
IMG_20170924_102938
しかしなぜ東京はこんなにも船橋で走るときと感じが違うのでしょうか
これが俗に言う都会オーラなのか、、、東京ってふしぎな街ですね。
帰りは中々ハードでしたが無事に自宅に到着。
合計80キロの走行でした。

次はどこにいこうかな。。







先日香港に行ってきました。お仕事です。
P1030487
IMG_6428
P1030547

香港は昔の東京のように、家電なら秋葉原、アウトドアや楽器なら御茶ノ水、みたいに地域毎に専門店が集まっていたりします。
最終日の午前、すこしだけ時間ができたのでアウトドアショップの集まる地域に行ってみる。
IMG_6532
Causeway Bay station(銅鑼灣駅)のあたり。
このあたりはあちこちにアウトドア系のお店が多いです。

ですが、ですが。。。。
午前からやっているお店が皆無。みんな11時とか12時からでした。
午後には空港に行かなくちゃなので、残念ながらお店に行けず。
IMG_6529
しっかり閉まってた入口に貼ってあった広告。
TATONKAテントの実物とか見たかったナー。
IMG_6527
IMG_6526
てことで、アウトドア関係の出来事やお土産皆無で帰国です。泣
 

先日のPICA西湖キャンプで一番活躍したちょっと変わったアイテム。
一体なんでしょう。
この写真にあるのですが。。
IMG_6011
黄色いウォータージャグが目立ってますが。。




答えはコレ。
fullsizeoutput_365d
コテージのエントランスに装飾したイルミネーションなんです。

普段の自然を楽しみたいキャンプでは人口的な光は邪魔ですが、今回のようなファミリーキャンプならちょっとした雰囲気づくりにいいのでは?と思って以前買っていた物。
IMG_5976
細い導線にLEDがついているもので、アマゾンで1000円ちょっとで買ったもの。
僕もギラギラした光はイヤですが、暖色系の小さなLED。これだと他の人達が嫌がるほど光量は強くなくて、繊細で控えめだけどちょっとだけ他とは違う。そんな感じがよかったです。
IMG_5987
今回のPICAのコテージは同じようなサイズの建物が並んでいて、夜にお風呂やトイレなどで移動した両親や子供たちの帰宅の目印になったことが一番「使えた」理由です。母親が迷子にならずによかったと喜んでいました。
IMG_5944
施工は柱に軽く巻き付けただけ。銅線が適度にコシがあるので、丁度良く巻き付けやすかったです。
fullsizeoutput_365a
電源は単三電池3本。でもLEDだけあって2日くらいは余裕で点灯可能です。うちは日中も点灯させてました。電池ケースはパッキンがしっかりされていて、スイッチ部も含めて防水対応。屋外OKです。銅線の長さは10mと結構長いので、大きめのテントサイトでも十分かと思います。収納は細いので巻き取ればコンパクトに。
fullsizeoutput_365c
光量は一定ですが、LEDの点灯パターンが9種類くらいあります。ホタルのような繊細な強弱や、パーティーっぽい賑やかなチカチカ点滅など色々。サイトの雰囲気に合わせられるところが良いです。
他にLED色の違うバージョンも見つけましたが、ランタンなどと同じ暖色光源だけがキャンプサイトには似合うと思います。(それ以外の色は人口的すぎてキャンプに合わない)

ちなみに僕は使っていませんがリモコンもついているので、離れたところに設置した時は便利かとおもいます。あと、リモコンで12時間毎のタイマーなどもセッティングできます。(元々はクリスマスデコレーション向けでしょうね)
fullsizeoutput_3657

ということで普段自然を楽しみたい人でも、ファミリーキャンプやグループキャンプをセンス良くいい雰囲気にしてくれると思います。(しかも価格1000円ちょっとですヨ)







↑このページのトップヘ